222件中 41 - 50件表示
  • 鮒パン

    鮒パンから見たキムチキムチ

    日本のたい焼きと比べると個々の大きさは小さく、生地の厚みが一定でないが、具材は同じく小豆の餡が主流である。他、派生品はピザ用チーズなども使用され、その他キムチなど、バリエーションは豊かである。鮒パン フレッシュアイペディアより)

  • 韓国式自然農法

    韓国式自然農法から見たキムチキムチ

    韓国へ帰国して、キムチをはじめとする発酵文化などの先人の知恵を綜合して現代農業に生かせるような「韓国式自然農法」を志した。これは土着微生物を採取・培養し、自家製農業資材を作って応用を目指そうとするものである。韓国式自然農法 フレッシュアイペディアより)

  • ラムネ (清涼飲料)

    ラムネ (清涼飲料)から見たキムチキムチ

    2007年から発売したワサビ味のラムネやカレー味のラムネ、たこ焼き味のラムネ、ラー油味のラムネ、キムチ味のラムネといった上記の理解を超える変わり種ラムネも存在する。他に、激辛カレーラムネ、辛口わさびラムネ、杏仁ラムネ、お茶らむね等の種類もある。また、北海道白糠町には紫蘇を原料にしたラムネが存在する。2000年代は日本食ブームにより、日本国外への輸出も行われている。ラムネ (清涼飲料) フレッシュアイペディアより)

  • ハタ鉱泉

    ハタ鉱泉から見たキムチキムチ

    清涼飲料水の製造販売をおこなう。特にラムネの生産量で首位に位置し、全国シェアの半分近くを占める。近年はたこ焼き風のラムネやキムチ風のラムネを開発したり、道頓堀などの観光スポットやイオンなどが運営する大型ショッピングモールなどに出店している駄菓子屋などでも販売されている。ハタ鉱泉 フレッシュアイペディアより)

  • 浅漬け

    浅漬けから見たキムチキムチ

    白菜に調味液を加える浅漬け式で製造される日本のキムチもある。酸味が少なくあっさりとした風味になるので、日本で人気があり、市販の調味液を使うことによって家庭でも短時間で簡単に作ることができる。マリネは、魚・野菜などを酢に漬け込む浅漬けの一種である。浅漬け フレッシュアイペディアより)

  • 吉田萌美

    吉田萌美から見たキムチキムチ

    食べ物は、叙々苑サラダ、キムチ鍋ラーメン、ファミチキを好む。吉田萌美 フレッシュアイペディアより)

  • 川村かおりのオールナイトニッポン

    川村かおりのオールナイトニッポンから見たキムチキムチ

    鮭茶漬けでお茶の代わりにホットミルクをかける、キムチご飯にドンパッチ(食べるとパチパチと口の中で弾ける課粒状キャンディー)を乗せる、食パンの上にマヨネーズを適量乗せ、同量の砂糖と混ぜ合わせて食べるなど、リスナーから寄せられた変わった食べ物の組み合わせで色々試食をしていたコーナー。川村かおりのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • アキアミ

    アキアミから見たキムチキムチ

    塩辛にされることが多く、産地周辺で流通する。他にも佃煮、干物、掻き揚げなどにも利用され、郷土料理として扱われることもある。朝鮮半島ではキムチの風味付けの一つとして、アキアミの塩辛が重要な材料となっている。かつては岡山県の児島湾が一大産地であり、「備前の漬アミ」として名高かった。西行法師の「山家集」にもうたわれ、東京や関西へもさかんに移出されたが、児島湾の干拓によって漁場が消滅したことで衰退した。アキアミ フレッシュアイペディアより)

  • 羽入

    羽入から見たキムチキムチ

    古手梨花の遠縁の親戚に当たる人物として登場する。頭に角が2本(本人から見て左側には傷がある)生えており、それがコンプレックスである。好きなものは甘い物(特にシュークリーム、初登場は綿流し)で、嫌いなものはキムチなどの辛いものと酒(梨花と味覚などの感覚を共有しているため、梨花が辛いものを食べることを嫌がる。梨花自身がおしおきや、嫌がらせとして楽しむために食べることもある)。体格は梨花と同じ位のため、レナに狙われている。祭囃し編では学校に転校生として登場し、部活メンバーの一人としても活躍する。羽入 フレッシュアイペディアより)

  • 天塩はシジミだけじゃないタコキムチ丼

    天塩はシジミだけじゃないタコキムチ丼から見たキムチキムチ

    天塩町商工会が地元の新たな名物料理として、名産のミズダコとキムチを組み合わせた丼をご当地グルメとし開発した。料理のルールは下記の通りである。天塩はシジミだけじゃないタコキムチ丼 フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「キムチ」のニューストピックワード