2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
110件中 101 - 110件表示
  • キュウリ

    キュウリから見た東京都

    東京都大田区の伝統野菜。明治時代に節成胡瓜を改良した品種で、実の長さは10cm強と小さく、色は大部分が白っぽく、元の一部のみが緑色である。小さい上に傷みやすく、流通に向かないため、現在はほとんど栽培されていない。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た山形県

    山形県真室川町の真室川の伝承野菜のひとつ。明治初期頃、真室川町の谷地の沢地区の姉崎勘次郎家に隣町の鮭川村から嫁いだ方が携えてきたのが始まりで、姉崎家によって現代まで細々と守られてきた。全国的にも珍しい黒イボ系の胡瓜で、本来の黒イボ系のような特徴は少なく、果肉は柔らかく、キュウリ特有の青臭さやえぐみなどがほとんど無いため、フルーツ感覚で食べることが出来る。町の洋菓子店「平和堂」では、スイーツとして活用されているほか、勘次郎胡瓜のコンポートなどが発売されている。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たビタミンC

    キュウリは全体の90%以上が水分で、ビタミンC、カロチン、カリウムなどの栄養素が含まれているが、含有量は非常に低い。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た群馬県

    果実色は濃緑が一般的だが、淡緑や白のものもある。根の酸素要求量が大きく、過湿により土壌の気相が小さい等、悪条件下では根が土壌上部に集中する。生産高は2004年、2005年は群馬県が第一位であったが、2006年からは宮崎県が第一位である。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た宮崎県

    果実色は濃緑が一般的だが、淡緑や白のものもある。根の酸素要求量が大きく、過湿により土壌の気相が小さい等、悪条件下では根が土壌上部に集中する。生産高は2004年、2005年は群馬県が第一位であったが、2006年からは宮崎県が第一位である。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た埼玉県

    埼玉県の伝統野菜。大正時代に与野町下落合において青節成胡瓜と地域の在来種針ヶ谷胡瓜の交配から生まれた品種で、強健で低温に強い。現在ではほとんど栽培されていないが、交配親としても使われ、現行品種の多くがこの品種の血を引いている。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た馬込半白胡瓜

    馬込半白胡瓜(まごめはんしろきゅうり)キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た中華

    生のまま味噌やもろみをつけて齧ったり、サラダ、寿司(かっぱ巻き)、酢の物、和え物、塩揉みなどで供されるほか、かっぱ漬け、奈良漬け、醤油漬け、わさび漬け、ピクルス、オイキムチなどの漬物の材料として使われる。日本の料理で加熱調理されることは少ないが、中華では煮物や炒め物としても利用される。トルコ料理のシャジュク、スペイン料理のガスパチョなど、スープにして食することも多い。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たデザイナーフーズ計画

    かつて、キュウリはデザイナーフーズ計画のピラミッドで3群に属しており、3群の中でも、ハッカ、オレガノ、タイム、アサツキと共に3群の中位に属するが、癌予防効果のある食材であると位置づけられていた。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た醤油漬け

    生のまま味噌やもろみをつけて齧ったり、サラダ、寿司(かっぱ巻き)、酢の物、和え物、塩揉みなどで供されるほか、かっぱ漬け、奈良漬け、醤油漬け、わさび漬け、ピクルス、オイキムチなどの漬物の材料として使われる。日本の料理で加熱調理されることは少ないが、中華では煮物や炒め物としても利用される。トルコ料理のシャジュク、スペイン料理のガスパチョなど、スープにして食することも多い。キュウリ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
110件中 101 - 110件表示

「キュウリ」のニューストピックワード