クラゲ ニュース&Wiki etc.

クラゲ(水母、海月、水月)は、刺胞動物門に属する動物のうち、淡水または海水中に生息し浮遊生活をする種の総称。体がゼラチン質で、普通は触手を持って捕食生活をしている。また、それに似たものもそう呼ぶこともある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「クラゲ」のつながり調べ

  • PSYCHO-PASS

    PSYCHO-PASSから見たクラゲ

    ネット上のアバターは足のない2頭身キャラクターのレモネードキャンディ。自室で使用している「立体ホログラム表示サポート人工知能・ホームセクレタリー・アバターユニットシステム」の名前もキャンディ(声 - 平田真菜)で、共にクラゲのような形状をしており、自室にはクラゲやヒトデなど海洋生物のグッズが置かれている。(PSYCHO-PASS フレッシュアイペディアより)

  • 大沢啓二

    大沢啓二から見たクラゲ

    、再び日本ハムの監督へ3度目の就任。背番号は前回と同じ86に決まった。当初、監督選びが難航する。大沢が推薦した上田利治は本人や大社義規オーナー(当時)も積極的だったが、フロントはオーナー以外が好意を示さず、次に要請した王貞治には、理事長を務めている世界少年野球推進財団の活動スケジュールの都合から固辞された。人気や知名度を優先するフロントに憤慨した大沢は、「人気だけだったら、宮沢りえにやらせろ」とまで言ったが、結局、時間切れで本人が引き受ける羽目になったと述べている。2期目の1年目は白井康勝を先発に、金石昭人をリリーフに転向。主に守備固めだった広瀬哲朗をレギュラーに定着させ、主将にも抜擢。田中幸雄・西崎幸広の復活やリック・シューの活躍もあり、西武と激しいデッドヒートを演じて2位に入る。大沢のユーモアあふれるコメントはマスコミで大々的に報じられたこともあって「親分」の語句はこの年の新語・流行語大賞の「大衆語部門・金賞」に選ばれている。対ロッテ戦で伊良部秀輝に抑えられた試合後に「幕張の伊良部クラゲに刺されちまった」という有名なコメントを残したのもこの年である。は最下位に終わり、最終戦終了後にはファンの前で土下座して謝った。5球団すべてに負け越し、打率・得点・安打・打点・防御率・失点・盗塁もリーグ最下位となった。3連敗以上を14度も記録し、逆に3連勝以上は3度しかなかった。同年退団。(大沢啓二 フレッシュアイペディアより)

「クラゲ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「クラゲ」のニューストピックワード