1830件中 101 - 110件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たクーデタークーデター

    それ以前の国家元首は国家平和発展評議会 (SPDC) 議長だった。国家平和発展評議会は、1988年9月18日のクーデターにより国家権力を掌握した軍事政権が創設した国家法秩序回復評議会 (SLORC) を、1997年11月15日に改名した組織である。立法権と行政権を行使。首相は評議会メンバーの1人であったが行政府の長ではなかった。同評議会は2011年3月に解散した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • 傭兵

    傭兵から見たクーデタークーデター

    コモロ(継続的にクーデターが発生)傭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年

    1965年から見たクーデタークーデター

    9月30日 - インドネシアでクーデター未遂(9月30日事件)。1965年 フレッシュアイペディアより)

  • 壬午軍乱

    壬午軍乱から見たクーデタークーデター

    開化政策への転換に対しては、守旧派のなかでも特に攘夷思想に傾斜した儒者たちのグループ(衛正斥邪派)が強く反発した。辛巳の年1881年には年初から中南部各道の衛正斥邪派の在地両班は漢城府に集まって金宏集(のちの金弘集)ら開化政策を進める閣僚の処罰と衛正斥邪策の実行を求める上疏運動を展開した(辛巳斥邪上疏運動)。閔氏政権は、上疏の代表であった洪在鶴を死刑に処したほか、上疏運動の中心人物を流罪に処するなど、これを厳しく弾圧した。衛正斥邪派は大院君をリーダーと仰ぎ、この年の夏には、安驥泳らが閔氏政権を倒したうえで大院君の庶長子(李載先)を国王に擁立しようというクーデター計画が発覚している。壬午軍乱 フレッシュアイペディアより)

  • 中央情報局

    中央情報局から見たクーデタークーデター

    インドネシアの反スカルノクーデター関与とスハルトによる共産主義者粛清への支援中央情報局 フレッシュアイペディアより)

  • ネパール王族殺害事件

    ネパール王族殺害事件から見たクーデタークーデター

    ただし、後述の事件に関する不自然さ、矛盾などからディペンドラが真犯人かどうかは疑問視されている。また、事件後に即位したビレンドラの弟ギャネンドラの動向などから、彼が行ったクーデターとする説もある。だが、いずれの説も決定的な証拠がなく、その真相は現在に至るまで不明なままである。ネパール王族殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 共和人民党

    共和人民党から見たクーデタークーデター

    1923年9月9日にムスタファ・ケマル(のちのトルコ共和国初代大統領ムスタファ・ケマル・アタテュルク)により人民党 () として設立され、1980年のクーデターで全政党が解散させられたため1980年代にはいったん解党状態となったが、1992年に活動を再開した。1999年の総選挙では議席獲得要件の得票10%に満たなかったため国政から議席を失ったが、2002年、2007年の総選挙では党勢を回復、第一党公正発展党が絶対過半数を占める議会においてほぼ唯一の野党勢力となった。現在の党の位置づけは中道左派であり、労働党 (イギリス)やドイツ社会民主党、社会党 (フランス)などと並んで社会主義インターナショナルに加盟している。共和人民党 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェリア

    ナイジェリアから見たクーデタークーデター

    この混乱の結果、1966年1月15日、イボ族のジョンソン・アグイイ=イロンシ将軍によるクーデターが勃発し、イロンシが大統領に就任した。1966年7月28日、イロンシ大統領が暗殺されて、ヤクブ・ゴウォン軍事政権が樹立された。ゴウォン政権は連邦政府への中央集権化を図るため、地方を12州に再編したが、これに反発した東部州は1967年、東部州の有力民族であるイボ族を中心にビアフラ共和国を建国し独立を宣言した。これによって内戦(ビアフラ戦争)になるが、1970年、イボ族の敗北で終結した。ナイジェリア フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合

    アフリカ連合から見たクーデタークーデター

    1963年に創設されたアフリカ統一機構は、モロッコを除くアフリカ大陸の53か国(当時)全てが加入する世界最大の地域統合であったが、「統一機構」という名とは裏腹に各国間の内政不干渉を原則としており、各国で頻発する内戦やクーデターといった危機に対して有効な手段をとることができておらず、機能不全に陥っていた。また、各国間の経済統合なども遅々として進んでいなかった。こうした状況に一石を投じたのが、1991年に締結されたアブジャ条約である。この条約では、アフリカ各国は2028年までに大陸統一通貨「アフロ」を導入し、アフリカ経済共同体(AEC)を創設することが謳われた。これによりアフリカ大陸が経済統合の方向に向かう中、より一層のアフリカ大陸の統合を進めるために新しい機構の創設が求められるようになった。アフリカ連合 フレッシュアイペディアより)

  • 義本

    義本から見たクーデタークーデター

    舜天王統3代目にして最後の王と伝えられ、『中山世鑑』によれば、舜馬順煕の第一王子として、1206年(開禧2年)に生誕した。舜馬順煕を父としていることから、舜天の孫にあたる。舜馬順煕の死後、1249年(淳祐9年)に44歳で即位し、父より「琉球国中山王」の3代目を引き継いだとされる。しかし、その翌年に国内に飢饉が、さらにその翌年から疫病が流行し、国民の半数が死亡したという。ジョージ・H・カーは、自書『琉球の歴史』において、日本では台風や地震による被害を受け、さらにヨーロッパでも天候不順で飢饉に陥り、ペストが流行するなど、この時期は琉球はもとより世界的も災難が訪れていたと述べている。この国状を憂いた義本は群臣を呼び集め、徳の無い自分の代わりに誰に国を譲るべきかを問い下したところ、皆は英祖を推薦した。この時、1253年(宝祐元年)、英祖は25歳のときであった。試しに英祖に政治を行わせると、災厄は止み、国は大いに治まったという。1259年(開慶元年)、英祖が摂政を務めて7年目、在位11年にして54歳の義本は、英祖に王位を譲った。はじめ、英祖は頑なに拒否したが、群臣の説得により受け入れたとされる。しかし、この王位禅譲説を否定する見解があり、英祖が起こしたクーデターにより、義本を追放したとも言われている。後節の「王位禅譲説について」を参照。義本 フレッシュアイペディアより)

1830件中 101 - 110件表示

「クーデター」のニューストピックワード