1830件中 121 - 130件表示
  • 大本事件

    大本事件から見たクーデタークーデター

    昭和神聖会発足当時、大日本帝国は満州事変が勃発して国際連盟から脱退、国内ではゴーストップ事件で軍部と内務省が対立、十月事件や五・一五事件が発生してクーデターや暗殺騒ぎが起きるなど、不安定な状況下にあった。日本政府は、軍部の革新派や右翼団体と協力してクーデターを起こす危険性を考慮し、昭和神聖会の資金源を断つべく大本の壊滅を意図した。1934年(昭和9年)10月、内務省警保局長唐沢俊樹は相川勝六内務省保安課長と杭迫軍二愛知特別高等警察課長を招き、杭迫を京都府特高課長に任命して検挙を前提とした大本の調査を命じている。大本事件 フレッシュアイペディアより)

  • 元 (王朝)

    元 (王朝)から見たクーデタークーデター

    1259年、第4代皇帝モンケが南宋遠征中に病死したとき、モンゴル高原にある当時の首都カラコルムの留守を預かっていた末弟アリクブケは、モンケ派の王族を集めてクリルタイを開き、西部のチャガタイ家ら諸王の支持を取り付けて皇帝位に即こうとしていた。これに対し、モンケと共に南宋へ遠征を行っていた次弟クビライは、閏11月に軍を引き上げて内モンゴルに入り、東方三王家(チンギスの弟の家系)などの東部諸王の支持を得て、翌年の3月に自身の本拠地である内モンゴルの開平府(のちの上都)でクリルタイを開き、皇帝位に就いた。アリクブケは一月遅れて皇帝となり、モンゴル帝国には南北にふたりの皇帝が並存し、モンゴル帝国史上初めて皇帝位を武力争奪する事態となった。この時点では、モンケの葬儀を取り仕切り、帝都カラコルムで即位したアリクブケが正当な皇帝であった。カラコルムにも戻らず、帝国全土の王侯貴族の支持も無く、勝手に皇帝を称したクビライは、この時点ではクーデター政権であった。元 (王朝) フレッシュアイペディアより)

  • 大政奉還

    大政奉還から見たクーデタークーデター

    大政奉還の目的は、内戦を避けて幕府独裁制を修正し、徳川宗家を筆頭とする諸侯らによる公議政体体制を樹立することにあった。しかし大政奉還後に想定された諸侯会同が実現しない間に、薩摩藩を中核とする討幕派によるクーデターが起こったのである。大政奉還 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年エジプトクーデター

    2013年エジプトクーデターから見たクーデタークーデター

    2013年エジプトクーデター(2013ねんエジプトクーデター)は、エジプト・アラブ共和国において2013年7月3日に発生した政変である。エジプト軍によってムハンマド・ムルシー大統領は権限を剥奪され、同国ではじめて民主的に誕生した政権はわずか1年間で幕を下ろすこととなった。後述のとおり、この政変がクーデターであるかについてはエジプト国内外で議論が存在する。2013年エジプトクーデター フレッシュアイペディアより)

  • 愛新覚羅溥儀

    愛新覚羅溥儀から見たクーデタークーデター

    1924年:クーデターにより紫禁城から退去。ジョンストンが帝師を退任愛新覚羅溥儀 フレッシュアイペディアより)

  • トルコの政治

    トルコの政治から見たクーデタークーデター

    この政治制度を規定する現行の憲法は1980年のクーデターの後、1982年に定められ、2007年、2010年の改正を経た後、2017年にも改正案が国民投票で承認された。トルコの政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たクーデタークーデター

    フィリピンのグロリア・アロヨが、軍将校によるクーデター計画を理由に、同国全土に非常事態宣言。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たクーデタークーデター

    2007年7月、パキスタン・モスク立てこもり事件。10月、。11月、軍参謀長でもあるムシャラフ大統領が、自身の地位を巡ってのと対立、軍を動員して全土に非常事態宣言と戒厳令を発令するという事実上のクーデターをおこなった(:en:Pakistani state of emergency, 2007)。ムシャラフは、11月28日に陸軍参謀総長を辞職して、29日に文民として大統領に就任し、11月に発令した非常事態宣言を12月16日に解除するとテレビを通じて発表した。米国の支援を受けて11月にベーナズィール・ブットーが帰国するも、12月27日、演説終了後会場にて暗殺された()。2007年、イギリス連邦の資格停止。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • 憲法改正

    憲法改正から見たクーデタークーデター

    憲法に適切な改正手続きを定めるのは、革命やクーデターなど非合法な憲法の変更を防ぐ目的がある。適切な改正手続きがあれば重要な政治体制の変革はすべて憲法改正の形で合法的におこなえるからである。憲法改正 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ムルシー

    ムハンマド・ムルシーから見たクーデタークーデター

    8月12日、軍最高評議会が大統領選挙決選投票直前に発布した、大統領権限を縮小し自らに立法権などを付与することを定めた暫定憲法の破棄を発表するとともに、ムハンマド・フセイン・タンターウィー国防大臣兼軍最高評議会議長及び参謀総長、海軍、空軍、防空軍の司令官を解任した。その上で、軍部の定めた暫定憲法に代わり大統領権限を強化した新たな暫定憲法を発表し、副大統領に破毀院幹部で反ムバーラク派として知られたマフムード・メッキー判事を任命した。これら一連の動きは、一部エジプトメディアから、ムルシーによる軍最高評議会に対するクーデターと表現された。一方で、このムルシーの決断は、大統領選挙を争ったアブドルモネイム・アブールフトゥーフをはじめとする幅広い政治家、政治勢力から歓迎された。ムハンマド・ムルシー フレッシュアイペディアより)

1830件中 121 - 130件表示

「クーデター」のニューストピックワード