前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンら世界的強豪選手の多いオーストラリア勢だがマスターズでは1996年の大会でノーマンがニック・ファルドに最終日に大逆転負けを喫するなどなかなか勝てなかったが、2013年の大会でついにアダム・スコットがオーストラリア勢として初の優勝を果たした。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ノーマン

    グレッグ・ノーマンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレッグ・ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • 青空しょって

    青空しょってから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    「ホワイト・シャーク」「キング・オブ・ゴルフ」の異名を持つオーストラリアの英雄。圧倒的なパワー、完成されたスイング、それを支える強靭な精神力と心技体すべてを持つ、世界最強の攻撃型ゴルファーである。特筆すべきは集中力であり、大勢のギャラリーの中でもそのスイングに揺らぎはない。血気盛んな一八に若き日の自分を重ね合わせている。モデルはグレグ・ノーマン。メジャー通算5勝。青空しょって フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・エルキントン

    スティーブ・エルキントンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1998 フランクリン・テンプルトン・シャーク・シュートアウト(グレグ・ノーマンとともに)スティーブ・エルキントン フレッシュアイペディアより)

  • ファジー・ゼラー

    ファジー・ゼラーから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    それから5年後の1984年、ファジー・ゼラーは全米オープンでグレグ・ノーマン(オーストラリア)とのプレーオフに勝ち、ここでもプレーオフで優勝をもぎ取った。この年の全米オープン開催コースは、ニューヨークの「ウィングドフット・ゴルフクラブ」(パー70)で、2人の並んだスコアは 4 アンダーパー(-4, 276ストローク)であった。ところが、2か月後の全米プロゴルフ選手権の会場に着いた時、ゼラーは背中の激痛に苦しみ、開幕直前で出場断念を余儀なくされる。脊椎部椎間板ヘルニアの手術を受け、試合への復帰までに半年を要した。手術から復帰した1985年、ゼラーは全米ゴルフ協会から「ボビー・ジョーンズ賞」を授与された。これはゴルフにおいて、優れたスポーツマンシップを発揮した選手に贈られる賞である。PGAツアーでは1986年に年間3勝を獲得したが、それ以後はレギュラー・ツアーでの優勝がなくなった。ファジー・ゼラー フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフオーストラリア

    ゴルフオーストラリアから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    半田晴久がパトロン(PATRON)、国際親善大使(INTERNATIONAL AMBASSADORS)を務めている。グレグ・ノーマンは国際親善大使を務めている。クラウンラガー社交ゴルフクラブのゴルフ大使は、が務める。ゴルフオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・マイズ

    ラリー・マイズから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    28歳で迎えた1987年の「第51回マスターズ・トーナメント」で、最終日の4月12日、72ホールのプレイを終えて285打の3アンダーパーでグレグ・ノーマンやセベ・バレステロスと首位タイに並び、プレイオフの末、優勝したことで有名となった。プレイオフ1ホール目の10番ホールでバレステロスが1.5mのパーパットを外し、3パットのボギーで脱落、マイズとノーマンの一騎打ちとなり、アーメンコーナーの最初の11番ホール(455ヤード、パー4)へ。第2打は両者とも池やクリークを避けてグリーンの右から攻めた。ノーマンは第2打でカップの真横16ヤードのグリーン右のエッジに運んで2オン、対するマイズは第2打を右に大きく外してグリーン右のラフにつかまり、グリーンまで約20ヤード、カップまで約40ヤードを残したが、この位置はグリーンまでは打ち上げで、高速グリーン上は複雑なアンジュレーションかつ急勾配で池に向かう下りでパーセーブするのも困難と予測され、この時点で誰もがノーマンの優勝を確信した。ところが、マイズがサンドウェッジで第3打のアーメンショットを「攻撃的にしっかり(マイズ談)」打つと、ボールはグリーン手前で2バウンドした後、グリーン上をスルスルとフックラインで転がり、真ん中からピンに当たってカップインするという奇跡のチップインバーディーとなったのに対し、ノーマンは3打目のバーディーパットを外して、マイズがツアー2勝目をマスターズで挙げた。マイズは地元オーガスタ出身で、10代の前半に3番ホールのリーダーボード係のボランティア経験があり、優勝後「子供の時の大きな夢が、今日本当になった。夢は叶う」とコメントした。前年劇的な復活優勝を果たしたジャック・ニクラスは「この勝利で君は今後の人生の多くの扉を開けていくだろう」とマイズを祝福し、マイズはニクラスがグリーンジャケットを着せた最後の人物となった。ラリー・マイズ フレッシュアイペディアより)

  • キャディ (ゴルフ)

    キャディ (ゴルフ)から見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    ブルース・エドワーズ - トム・ワトソン、グレッグ・ノーマンのキャディキャディ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • トム・レーマン

    トム・レーマンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1982年にプロ入り。レーマンは下積み生活が長かった人で、PGAツアーの初優勝はプロ入りから12年後、1994年の「メモリアル・トーナメント」であった。その前年、1993年の「カシオ・ワールド・オープン」で優勝している。1996年がレーマンのゴルフ経歴の最盛期で、7月の第125回全英オープンでメジャー大会初優勝を飾った。開催コースは「ロイヤルリザム・アンド・セントアンズ」(パー71)であったが、レーマンの優勝スコアは 13 アンダーパー(-13, 271ストローク)で、2位に2打差をつけての優勝であった。この年は年間最終戦の「ザ・ツアー選手権」でも優勝した。レーマンはこの優勝により、初めてPGAツアーの賞金王となり、1996年度の「年間最優秀選手」にも選出された。1996年度末の世界ランキングでは、1位はグレグ・ノーマンで、レーマンは2位であった。トム・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・オラサバル

    ホセ・マリア・オラサバルから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    ところが1995年の後半から足の病気を患い、ライダーカップの出場辞退を余儀なくされる。オラサバルは「リウマチ性多発関節炎」と診断され、1996年のシーズンは全くプレーできなかった。その闘病期間中は歩行も困難な状態で、ほとんど寝たきり同然の生活だったという。1997年3月初頭の「ドバイ・デザート・クラシック」で18ヶ月ぶりに復帰し、3月23日に「ツレスパナ・マスターズ・オープン・ド・カナリア」(Turespana Masters Open de Canarias)で復活優勝を飾った。1999年のマスターズで、オラサバルはデービス・ラブ3世とグレグ・ノーマンの追撃を振り切って5年ぶり2度目の優勝を飾る。歩行困難な時期もあった闘病生活を克服しての復活優勝だった。アメリカツアーでは、2002年の「ビュイック招待」で6勝目を挙げている。ホセ・マリア・オラサバル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「グレッグ・ノーマン」のニューストピックワード