ケニー・ペリー ニュース&Wiki etc.

ケニー・ペリー(Kenny Perry, 1960年8月10日 - )は、アメリカ・ケンタッキー州エリザベスタウン出身の男子プロゴルファー。1996年の全米プロゴルフ選手権と2009年のマスターズで、メジャー大会に2度の2位がある。彼はこれまでにアメリカPGAツアーで14勝を挙げているが、そのうち41歳を過ぎてから11勝… (出典:Wikipedia)

「ケニー・ペリー」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ケニー・ペリー」のつながり調べ

  • アンヘル・カブレラ

    アンヘル・カブレラから見たケニー・ペリー

    2年後の2009年マスターズで、カブレラは最終ラウンドの最終組をケニー・ペリー(アメリカ)と一緒に回った。途中まで単独首位を走っていたペリーが17番・18番ホールで連続ボギーを犯したことにより、ペリーとカブレラ、チャド・キャンベル(アメリカ)の3人が 12 アンダーパー(-12, 276ストローク)で並び、優勝争いはプレーオフにもつれ込んだ。プレーオフ最初のホールは18番で行われ、まずキャンベルがボギーで脱落する。2ホール目は10番に移り、ここでペリーがボギーとしたため、パーで終了したカブレラがマスターズ初優勝を決めた。これは南米出身のプロゴルファーによる最初のマスターズ優勝であり、カブレラ自身にとっては2007年全米オープン以来のメジャー2勝目となる。(アンヘル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ブルックス

    マーク・ブルックスから見たケニー・ペリー

    1996年、ブルックスは35歳でゴルフ経歴のハイライトを迎え、1月の「ボブ・ホープ・クライスラー・クラシック」、5月初頭の「シェル・ヒューストン・オープン」、8月の全米プロゴルフ選手権で年間3勝を挙げた。1996年全米プロゴルフ選手権の開催コースは、ケンタッキー州ルイビルにある「バルハラ・ゴルフクラブ」(パー72)であった。ブルックスは 11 アンダーパー(-11, 68+70+69+70=277ストローク)でケニー・ペリー(アメリカ)とのプレーオフに進み、最初のホール(14番ホールを使用)でペリーを破ってメジャー大会初優勝を決めた。こうしてブルックスは1996年度のPGAツアー賞金ランキングで「3位」に入り、1位トム・レーマン、2位フィル・ミケルソンに続く位置につけた。この年はプレジデンツカップのアメリカ代表選手にも起用され、彼にとって唯一のチーム戦出場もあった。(マーク・ブルックス フレッシュアイペディアより)