コレラ ニュース&Wiki etc.

コレラ(Cholera、虎列剌)は、コレラ菌(Vibrio cholerae)を病原体とする経口感染症の一つ。日本では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症新法)の指定感染症である(2006年(平成18年)12月8日公布の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「コレラ」のつながり調べ

  • 沢田寧

    沢田寧から見たコレラ

    明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県により帰郷。1873年、浜松県内に小学校が設立され同県訓導に就任。その後、二俣小学校を辞して浜松県と寺領に関して係争中の城東郡朝比奈村・閑田院の代理人となったことを契機に、東京神田の法学塾「法律学舎」で学び、1877年8月に帰郷して静岡県の代言人試験を受けて静岡裁判所管内の代言人となる。しかし当時の代言人の地位の低さに憤慨してその職を辞し、1878年2月に上京して一年後、深川区深川冬木町に三和(組)商会を設立し水道用材の請負業を営んだ。しかし、コレラの蔓延で木材運搬の遅延が生じたことにより五千円の負債が生じ会社を解散した。その後、故郷の両親から再三帰郷を促され、1881年6月に帰省した。帰郷するもなかなか生業につくことができなったが、1880年、代言人規則の改正があり試験内容が改められて代言人への世間の信用も向上したことから、同年8月、再度試験を受けて、1882年1月から代言人に従事した。(沢田寧 フレッシュアイペディアより)

  • レオン・デュリー

    レオン・デュリーから見たコレラ

    ブーシュ=デュ=ローヌ県ラムベスク出身。マルセイユで医学を学んだ。1854年にフランスでコレラが大流行した時、多くの人の命を救い、中でもイタリア領事を危篤状態から回復させたことで有名になり、イタリア国王からは勲章を授与され、ナポレオン三世からも賞された。クリミア戦争では軍医として3年間従軍し、勲章を与えられた。(レオン・デュリー フレッシュアイペディアより)

「コレラ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ