573件中 11 - 20件表示
  • 病原体

    病原体から見たコレラコレラ

    一方、環境説を支持していたペッテンコーファーは、コレラの病原体が細菌であるとする説に異を唱えて、1892年にコレラ菌を自ら飲む自己実験を行うことで自説の正しさを証明しようとした。この結果、ペッテンコーファー自身は激しい下痢を起こしたものの、コレラの主症状とされる脱水症状を起こさなかったため、細菌説の正しさに対してクレームがつけられる結果となった。しかしその後、他の研究者による追試の結果などから、最終的には、病原菌の毒性と宿主の抵抗性の、力のバランスによって発病するかどうかが決まることが次第に明らかになり、さらにその欠点を補いながら、細菌説の方がより正しい学説であることが証明されていくことになり、長く続いた環境説やミアズマ説との論争に決着がつけられた。病原体 フレッシュアイペディアより)

  • 東アフリカ大旱魃 (2011年)

    東アフリカ大旱魃 (2011年)から見たコレラコレラ

    世界保健機関 (WHO) は、人口密集と不衛生のため、エチオピアで880万人がマラリア感染の危機にあり、5百万人がコレラ感染の危機にあると報告している。実例は無いが、ポリオ流行の可能性もあると指摘している。子供たちの栄養失調は、ケニアとエチオピアの一部地域で30%、ソマリア南部で50%に達したとも報じられている。国境なき医師団は自身の施設の中で、極度に栄養失調の子供1万人を治療している。東アフリカ大旱魃 (2011年) フレッシュアイペディアより)

  • ビルマの戦い

    ビルマの戦いから見たコレラコレラ

    タイ・ビルマ国境の北部のサブレンジには、イギリスによる鎖国政策のため、鉄道はおろか満足な道路も整備されていなかった。日本軍は補給ルート確保を目的として山脈を越える全長約400キロの鉄道を計画し、建設工事は1942年6月から開始された。工事の指揮は鉄道第5連隊および第9連隊が取り、作業員として捕虜62,000人、募集で集まったタイ人数万人、ビルマ人18万人、マレー人8万人、蘭印人4万人が参加した。日本軍は人海戦術による突貫工事を要求し、雨季の間も強引に工事を進めた。作業現場ではコレラが流行し、約半数とも言われる大量の死者を出した。こうした犠牲のうえに、鉄道は1943年10月に開通した。ビルマの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国の大量破壊兵器

    朝鮮民主主義人民共和国の大量破壊兵器から見たコレラコレラ

    2001年には中国人民解放軍瀋陽軍区の極秘調査報告から、コレラ、炭疽菌、発疹チフスなど約15種類の細菌類を年間約1トン以上も生産・保管できる能力があることが確認されている。韓国の政府系シンクタンクである韓国国防研究院が2016年に発刊した資料によると、北朝鮮が保有している生物兵器用の病原体は13種で、そのうち兵器化が進んでいると推定されるのは炭疽菌、天然痘、ペスト、コレラ、ボツリヌス菌の5種である。朝鮮民主主義人民共和国の大量破壊兵器 フレッシュアイペディアより)

  • パリの歴史

    パリの歴史から見たコレラコレラ

    1831年2月13日、サンジェルマンロクセロワ教会で王朝派のデモが起こると、群衆が乱入したが、政府は介入しなかった。同年末に王はチュイルリー宮へ移転した。コレラが流行し、毎日1000人以上の犠牲者が出た。コレラの流行では19,000人以上が死亡した。パリの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 三河島水再生センター

    三河島水再生センターから見たコレラコレラ

    明治維新後、都市部での急激な近代化に伴う人口・工場の増加によって、下水の処理が深刻な問題となってきた。コレラ等の伝染病の流行もあって政府は衛生工学の専門家としてイギリスからウィリアム・K・バートンを招聘し、東京帝国大学教授・内務省顧問技師・東京市区改正委員会上水下水設計取調主任に任命。1889年(明治22年)にバートンらによって東京市下水設計第一報告書が提出され、この時の候補地の一つとして三河島が挙げられた。処理方法としては間歇砂ろ過が提案されたが、財政的な問題からこの計画は実行されなかった。三河島水再生センター フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たコレラコレラ

    すなわち、コレラ、インフルエンザ、マラリア、麻疹、ペスト、猩紅熱、睡眠病(嗜眠性脳炎)、天然痘、結核、腸チフス、黄熱などが、ユーラシアとアフリカからアメリカ大陸へもたらされた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 胃腸炎

    胃腸炎から見たコレラコレラ

    先進国ではカンピロバクター・ジェジュニ が細菌性胃腸炎の主な原因となっており、その半数は家禽との接触によるものである。小児では細菌が感染例の15%の原因となっており、最もよくみられるものに大腸菌、サルモネラ菌、赤痢菌、カンピロバクター属などがある。細菌に汚染された食品を常温で数時間放置すると細菌が増殖し、その食品を食べた場合の感染リスクが上昇する。なかでも食中毒の原因としてよくみられるものに、生肉や過熱が不十分な食肉、家禽、海鮮類、卵、生のスプラウト、低温殺菌されていない牛乳、ソフトチーズ、果物や野菜のジュースなどがある。発展途上国(特にサハラ以南アフリカやアジア)では、コレラが胃腸炎の原因としてよくみられ、多くは汚染された水や食品による感染である。胃腸炎 フレッシュアイペディアより)

  • ビブリオ属

    ビブリオ属から見たコレラコレラ

    一部のビブリオ属菌は、ヒトに対する病原性を持っている。飲み水や菌の付着した魚介類を介して経口的に感染する原因になるもののほか、汚染した水に浸かったときに傷口から感染(創傷感染)するものも存在する。ビブリオ属菌の感染症には、コレラや感染性胃腸炎(感染型食中毒)などの消化器感染症が多くみられるが、菌種によっては感染後に血中に移行して敗血症の原因になるものや、創傷感染による患部壊死を起こすものなども存在する。ビブリオ属 フレッシュアイペディアより)

  • 神田下水

    神田下水から見たコレラコレラ

    江戸時代末期から明治時代初頭に断続的に発生したコレラの大流行は、東京府下でもその都度数千人規模の死者を出す猛威をふるった(詳細はコレラを参照)。このため1883年、明治政府は東京府に対して下水道網の整備を指示(水道溝渠等改良ノ儀)。1884年より神田駅西口周辺において総延長614mの下水道網が整備された。整備に当たっては、お雇い外国人であるヨハニス・デ・レーケが指導を行っている。神田下水 フレッシュアイペディアより)

573件中 11 - 20件表示

「コレラ」のニューストピックワード