前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
379件中 1 - 10件表示
  • コロンビア

    コロンビアから見たアルバロ・ウリベ

    1994年に就任した自由党の大統領が選挙期間中にカリ・カルテルから選挙資金を受け取っていたことが発覚し、「」()に発展した。議会はサンペールを弾劾する構えを見せ、アメリカ合衆国連邦政府もサンペールの入国ビザの発給を拒否するなど外交問題に発展した。1998年に就任した保守党の大統領は、対米関係重視の政策をとり、翌1999年1月にはFARCとの和平対話を開始するも、2002年初頭のFARCによるテロを受け、和平プロセスを中止。同夏自由党系の新政党「」から就任したアルバロ・ウリベ大統領は治安回復を重点課題とし、2006年5月、ウリベは大統領に再選した。同年、アルバロ・ウリベ大統領の「」()が発覚。2008年、3月1日に国境のプトゥマヨ川を越えたエクアドル領内でコロンビア革命軍(FARC)掃討作戦を実施、ラウル・レジェス他23名がコロンビア空軍の空爆で殺害された。エクアドル大統領ラファエル・コレアは領空侵犯として抗議(アンデス危機)。同年4月にウリベ大統領の「」()が発覚した。2010年6月には大統領選挙でウリベ政権下で国防大臣を務めたフアン・マヌエル・サントスが当選し、同年8月7日に大統領に就任した。2010年7月下旬にはボゴダの南方の町マカレナで2000体余りの虐殺されたと思われる遺体が発見された。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たウゴ・チャベス

    伝統的に隣国のベネズエラ、エクアドルからは再度、両国を侵攻して再び大コロンビアを結成するのではないかとの警戒心を持たれている。両国との国境はゲリラと政府軍との戦場になり、近年ではベネスエラのウゴ・チャベス大統領は、FARCにベネズエラ国内を聖域として提供するなどの行動で両国間の問題となった。このため、一時はコロンビアによるベネズエラ侵攻が現実性を持った政策として浮かんだ一方で、エクアドルとの間ではコロンビア軍によるエクアドルへ逃げたゲリラへの越境攻撃や、枯葉剤の散布が問題となっている。2008年3月、ゲリラへの越境攻撃作戦でエクアドルとの国交が断交。エクアドルに同調し、ニカラグアも断交を発表した。2009年7月にはコロンビアが駐留米軍増強を計画していることについてベネズエラが反発、ベネズエラはロシア製戦車の調達を増やすことで対抗するとしており、コロンビア、ベネズエラ間の緊張が高まっている(アンデス危機)。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たシャキーラ

    近年はコロンビアポップスの合衆国市場への進出も盛んであり、フアネス、シャキーラなどが成功した音楽家として挙げられる。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たボゴタ

    コロンビア共和国(コロンビアきょうわこく、)、通称コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する共和制国家。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面している。首都はボゴタコロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たコーヒー

    コロンビアの人口は、ブラジル、メキシコに続きラテンアメリカで第3位である。コーヒー、エメラルド、バラの産地である。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たフアン・マヌエル・サントス

    1994年に就任した自由党の大統領が選挙期間中にカリ・カルテルから選挙資金を受け取っていたことが発覚し、「」()に発展した。議会はサンペールを弾劾する構えを見せ、アメリカ合衆国連邦政府もサンペールの入国ビザの発給を拒否するなど外交問題に発展した。1998年に就任した保守党の大統領は、対米関係重視の政策をとり、翌1999年1月にはFARCとの和平対話を開始するも、2002年初頭のFARCによるテロを受け、和平プロセスを中止。同夏自由党系の新政党「」から就任したアルバロ・ウリベ大統領は治安回復を重点課題とし、2006年5月、ウリベは大統領に再選した。同年、アルバロ・ウリベ大統領の「」()が発覚。2008年、3月1日に国境のプトゥマヨ川を越えたエクアドル領内でコロンビア革命軍(FARC)掃討作戦を実施、ラウル・レジェス他23名がコロンビア空軍の空爆で殺害された。エクアドル大統領ラファエル・コレアは領空侵犯として抗議(アンデス危機)。同年4月にウリベ大統領の「」()が発覚した。2010年6月には大統領選挙でウリベ政権下で国防大臣を務めたフアン・マヌエル・サントスが当選し、同年8月7日に大統領に就任した。2010年7月下旬にはボゴダの南方の町マカレナで2000体余りの虐殺されたと思われる遺体が発見された。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た昭和天皇

    1908年(明治41年)5月25日、「日本コロンビア修好通商航海条約」調印により、両国間の国交が開かれた。コロンビアに初めて足を踏み入れた日本人は1915年(大正4年)、広島県竹原市出身の水野小次郎である。水野はカリブ海沿岸のバランキージャに移住し、同郷の者を呼び寄せ、これが日系コロンビア人の源流となった。1921年(大正10年)に商社員の星野良治がボゴタに移住。星野は2年後の関東大震災で東京の本社が壊滅したため永住を決意。ローラ・トレドという現地女性と結婚し子供のホルヘ・ホシノは造園業者として成功し、昭和天皇崩御の際は当時のバルコ大統領の代行で来日した。1923年には島清、中村明ら5名が安洋丸でブエナベンツーラ港に入港。1926年、海外興行会社社員の竹島雄三らにより移住候補地の調査開始。1929年(昭和4年)、主に福岡県などから入植が始まり、農業で成功した。ブラジルやペルーに比べて少ないが、現在もカリを中心に1800人ほどの日系コロンビア人が存在し、南米の日系移民では最も成功したとされる。1941年の太平洋戦争で一時国交を断交したが、戦後の1952年に再開した。また戦後の食糧難の時代にコロンビアは日本に米を送った。貿易関係ではコロンビア産のコーヒーが多く日本に輸出されている。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たハメス・ロドリゲス

    ハメス・ロドリゲス - コロンビア代表サッカー選手コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たカミロ・ビジェガス

    カミロ・ビジェガス - PGAツアープロゴルファーコロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たラファエル・コレア

    1994年に就任した自由党の大統領が選挙期間中にカリ・カルテルから選挙資金を受け取っていたことが発覚し、「」()に発展した。議会はサンペールを弾劾する構えを見せ、アメリカ合衆国連邦政府もサンペールの入国ビザの発給を拒否するなど外交問題に発展した。1998年に就任した保守党の大統領は、対米関係重視の政策をとり、翌1999年1月にはFARCとの和平対話を開始するも、2002年初頭のFARCによるテロを受け、和平プロセスを中止。同夏自由党系の新政党「」から就任したアルバロ・ウリベ大統領は治安回復を重点課題とし、2006年5月、ウリベは大統領に再選した。同年、アルバロ・ウリベ大統領の「」()が発覚。2008年、3月1日に国境のプトゥマヨ川を越えたエクアドル領内でコロンビア革命軍(FARC)掃討作戦を実施、ラウル・レジェス他23名がコロンビア空軍の空爆で殺害された。エクアドル大統領ラファエル・コレアは領空侵犯として抗議(アンデス危機)。同年4月にウリベ大統領の「」()が発覚した。2010年6月には大統領選挙でウリベ政権下で国防大臣を務めたフアン・マヌエル・サントスが当選し、同年8月7日に大統領に就任した。2010年7月下旬にはボゴダの南方の町マカレナで2000体余りの虐殺されたと思われる遺体が発見された。コロンビア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
379件中 1 - 10件表示