前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • ぼくは航空管制官2

    ぼくは航空管制官2から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    登場航空会社…JALグループ・ANAグループ・日本貨物航空・中日本エアラインサービス・フェアリンク・アシアナ航空・エバー航空・ベトナム航空・コンチネンタル航空・アントノフ航空・北日本航空・海上保安庁・航空大学校ぼくは航空管制官2 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    2002年12月に経営破綻し連邦倒産法第11章を申請したが、再建後の2010年10月にコンチネンタル航空と合併し旅客キロベースで世界最大の航空会社となった。航空連合スターアライアンスの中心的存在で、約700機を保有し世界373都市に就航している。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング757

    ボーイング757から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空は、当初の設計にフィードバックを行っていたが、7N7の研究が始まるとへの興味を失ってしまった。案を提示された他の航空会社も、同案に大きな興味を示すことはなかった。一方で、7N7案に盛り込まれた高バイパス比のターボファンエンジン、新しいコックピット、軽量化された機体、空力特性の向上、低運用コストという特徴に航空会社は関心をよせた。これら7N7の新しい特徴は7X7との並行開発によって得られるものもあり、7N7は7X7とともにボーイングの将来を担う重要なプロジェクトとして扱われることになった。ボーイング757 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル・エクスプレス

    コンチネンタル・エクスプレスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル・エクスプレス (Continental Express) とは、2社の地域航空会社がコンチネンタル航空のために地域路線の運航を行っていた名称である。 これらの航空会社はコンチネンタル航空の便名でコンチネンタル航空のハブ空港と地方空港の間の路線を小型ジェット機などで運航していた。2010年10月1日のユナイテッド航空とコンチネンタル航空の合併により、ユナイテッド・エクスプレスへ統合された。コンチネンタル・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ステープルトン国際空港

    ステープルトン国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ステイプルトン国際空港(ステイプルトンこくさいくうこう, 英語: Stapleton International Airport)は、1929年から1995年までコロラド州デンバーにあった国際空港である。コンチネンタル航空、ユナイテッド航空、トランス・ワールド航空、ピープルエキスプレス、ウェスタン航空などのハブ空港として運用されてきたが、1995年に閉鎖され、デンバー国際空港にその座を譲った。現在は再開発が行われている。ステープルトン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス国際空港

    インディアナポリス国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン/インターコンチネンタル)インディアナポリス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • タンパ国際空港

    タンパ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(クリーブランド、 ヒューストン/インターコンチネンタル、ニューワーク)タンパ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • コパ航空

    コパ航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ユナイテッド航空(特にユナイテッドに買収される前の旧コンチネンタル航空)との関係が強く、マイレージ・プログラムに「マイレージ・プラス」(2011年までは「ワンパス」)を採用、共にコードシェア便を運航、機体のデザインも似たものを採用している。コパ航空 フレッシュアイペディアより)

  • 航空会社の年表

    航空会社の年表から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1934年7月15日-コンチネンタル航空が設立(バーニー・スピード・ラインとして)。航空会社の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン

    ヒューストンから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ヒューストンは1836年8月30日にオーガストゥス・チャップマン、ジョン・カービーのアレン兄弟によってバッファロー・バイユーの河岸に創設された。市名は当時のテキサス共和国大統領で、サンジャシントの戦いで指揮を執った将軍、サミュエル・ヒューストンから名を取って付けられた。翌1837年6月5日、ヒューストンは正式に市制施行された。19世紀後半には海港や鉄道交通の中心として、また綿花の集散地として栄えた。やがて1901年に油田が見つかると、市は石油精製・石油化学産業の中心地として成長を遂げた。20世紀中盤に入ると、ヒューストンには世界最大の医療研究機関の集積地テキサス医療センターやアメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターが設置され、先端医療の研究や航空宇宙産業の発展が進んだ。古くからこうした様々な産業を持ち、フォーチュン500に入る企業の本社数がニューヨークに次いで多いヒューストンは、テキサス州のみならず、成長著しいサンベルトの中心都市の1つであり、アメリカ合衆国南部のメキシコ湾岸地域における経済・産業の中枢である。また、全米最大級の貿易港であるヒューストン港を前面に抱え、ユナイテッド航空(旧・コンチネンタル航空)のハブ空港であるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港を空の玄関口とする、交通の要衝でもある。また、日本を含む世界86ヶ国が領事館を置く世界都市でもある。ヒューストン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示