コーポレート・ガバナンス ニュース&Wiki etc.

コーポレート・ガバナンス(英語:corporate governance)とは、企業の不正行為の防止と競争力・収益力の向上を総合的にとらえ、長期的な企業価値の増大に向けた企業経営の仕組み。日本語では企業統治(きぎょうとうち)とも訳される。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「コーポレートガバナンス」のつながり調べ

  • 中国投資

    中国投資から見たコーポレート・ガバナンス

    中国投資は2007年9月29日に公式に運用を開始し、外貨準備2000億ドルを運用する。中国では1.4兆ドルの外貨準備を抱えており、中国政府は運用先を探す必要があった。そこで、シンガポールのテマセク・ホールディングスを手本に中国投資有限責任公司が設立された。また子会社に中央匯金投資公司を抱えており、そこを通して中央政府派下のすべての国内中央政府系銀行への投資、回収、ガバナンスも担当している。董事長には中央匯金投資公司の董事長でもある楼継偉が就いた。設立には当時の国務院総理で走出去を掲げていた温家宝の後押しがあったとされる。(中国投資 フレッシュアイペディアより)

  • 川北博

    川北博から見た企業統治

    会計学を主な研究対象としており、公認会計士や監査法人代表としての経験から、監査論を専門としている。企業監査に関する著書も多く、サーベンス・オクスリー法、内部統制や企業統治について造詣が深い。「日本版SOX法」導入が迫る2007年時点での日本の現状について「多くの関係者が理解不足のなか、誤った理解に基づいて多くの企業が内部統制の構築に取り組んでいる」と厳しく指摘している。問題点の一つとして「米国流の内部統制を孫引きするだけで、本来の趣旨とは異なる内部統制を整備・運用している企業がある」ことを挙げている。(川北博 フレッシュアイペディアより)

「コーポレートガバナンス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード