321件中 131 - 140件表示
  • 弥海砂

    弥海砂から見たゴシック・アンド・ロリータゴシック・アンド・ロリータ

    金髪が特徴。髪型はよくツーサイドアップ(初期はツインテール)にしている。服装は黒を基調とし、アクセサリーを付けていることが多い(本作の両作者によるとゴスロリと公言しているが、これに関しては不明瞭な点がある。どちらかというとパンクファッションに近い)。また、ミニスカートなど露出の高い服装も多く、ヨツバへ潜入するための面接では「ヌードにはなりませんが水着や下着姿までならOKです」と言っている。第2部では下着に近い恰好で相沢や模木の前に姿を現したこともある。弥海砂 フレッシュアイペディアより)

  • レジデン都市505

    レジデン都市505から見たゴシック・アンド・ロリータゴシック・アンド・ロリータ

    『少女エース』の最古参編集。通信先の上司からは「アリス」と呼ばれている。御堂の担当。小柄な女性で白いゴスロリを身に纏っている。レジデン都市505 フレッシュアイペディアより)

  • ロリータ・ファッション

    ロリータ・ファッションから見たゴスロリゴシック・アンド・ロリータ

    また、最近のメディアでは一括りに「ゴスロリ」と称されてしまうことも多々あり、さらに酷い場合には、所謂アキバブームで有名となったメイド服と混同されることもある。ロリータ・ファッションの女性はゴシック・アンド・ロリータやメイド服などのコスプレと混同されることを好まない者が多いロリータ・ファッション フレッシュアイペディアより)

  • アキナイ☆ダマシイ

    アキナイ☆ダマシイから見たゴスロリゴシック・アンド・ロリータ

    商店街を分断していたビルのオーナー。レイヤーにして腐女子かつゴスロリ(本人は「ゴシック専門ではない」と否定し「コスロリ(コスプレのロリータ風ファッションの意)」と名乗る)なオタク少女。パンが大好きで艶磨に来たとたんにツートップのパンのトリコになる。アキナイ☆ダマシイ フレッシュアイペディアより)

  • ALI PROJECT

    ALI PROJECTから見たゴシック・アンド・ロリータゴシック・アンド・ロリータ

    宝野アリカが高校生当時からロリータ・ファッションの愛好家であった事から、デビュー当時はゴシック・アンド・ロリータをモチーフにした優しく爽やかな世界観の楽曲が大部分を占めていたが、『コッペリアの柩』を機に段々とダークな雰囲気の楽曲が増加、現在では前者のタイプの楽曲はあまりみられなくなった。余談だが、音楽性の変化に伴って、宝野のファッションに対するアプローチも、ゴシック・アンド・ロリータから広義のゴシック全体、和モノ、エキゾティシズム、サイバー、デカダンスなどの意匠を取り込んだものへと変化している。ALI PROJECT フレッシュアイペディアより)

  • コヨーテ ラグタイムショー

    コヨーテ ラグタイムショーから見たゴシック・アンド・ロリータゴシック・アンド・ロリータ

    マルチアーノ配下の殺し屋集団で、またの名を「死の天使」。ジューンを除く全員が少しずつデザインの異なるゴスロリ風の衣装を着た愛らしい少女の容姿をしているが、その正体は全てアンドロイド。それゆえ、人間相手には容赦なく圧倒的な戦闘能力を誇るが、マルチアーノとニルソンだけには絶対の忠誠と思慕を誓う。武器は銃を中心に、投げナイフや爆弾など。また、近接戦闘に長けた者もいる。外見は、マルチアーノのスラム時代の仲間をモデルとしている。コヨーテ ラグタイムショー フレッシュアイペディアより)

  • 百合星人ナオコサン

    百合星人ナオコサンから見たゴスロリゴシック・アンド・ロリータ

    ヤオイ星から来たヤオイ星人で、19話登場以来の常連キャラクター。地球総BL化による支配と征服を目論み、ナオコサンをライバル視するが、ナオコサンには「ヤオイ星人」という呼び方すら覚えて貰えない。眼鏡をかけた長い髪のスレンダーな長身女性で、ナオコサン同様、耳の大きい事を除いては地球人と外見は変わらない(耳は気分に応じて動く)。ライトなゴスロリ風コスチュームをまとうことが多い。自らBL漫画・小説を執筆する腐女子。百合星人ナオコサン フレッシュアイペディアより)

  • KERA

    KERAから見たゴシック・アンド・ロリータゴシック・アンド・ロリータ

    季刊。タイトル通りゴシック・アンド・ロリータやロリータ・ファッションを中心に扱う。内容的には、ヴィジュアル系アーティストの特集やスナップなどKERA! とあまり変わらない点が多いが、パンク・ファッションなどはあまり扱われない。商業雑誌としての成功例の少ない少数派のファッションを対象としているが、この雑誌は海外などでも知られている。しかし、アニメ・漫画の特集が多い事やゴスロリとは何の関係もないコスプレ商業の記事を掲載していた事などから「オタク雑誌」と非難の声もある。2010年現在、読者モデルが表紙を担当。KERA フレッシュアイペディアより)

  • ホワット・ユー・ウェイティング・フォー?

    ホワット・ユー・ウェイティング・フォー?から見たゴシックロリータゴシック・アンド・ロリータ

    また、この曲の制作中に Harajuku Girls のアイデアがこみ上げてきた。ステファニは1996年初めて原宿の女性たちを見かけた際、彼女たちがゴシックロリータとサイバーパンクを組み合わせた独特のファッションを身にまとっていたことが記憶に残っており、その時からそういうファッションを気に入っていることを後に語っている。ホワット・ユー・ウェイティング・フォー? フレッシュアイペディアより)

  • タクティカルロア

    タクティカルロアから見たゴシック・アンド・ロリータゴシック・アンド・ロリータ

    フルードの双子の妹。派手なゴスロリファッションを常に身に付け、8ミリフィルムカメラを帯同している。本来目立たぬことを旨とするテロリストにあって敢えて目立つ服装が、自信の現れと見ることができる。姉妹でレズの関係。身長165cm、体重48kg、スリーサイズ86cm/57cm/84cmタクティカルロア フレッシュアイペディアより)

321件中 131 - 140件表示