サミュエル・エトー ニュース&Wiki etc.

サミュエル・エトオ・フィス(Samuel Eto'o Fils, 1981年3月10日 - )は、カメルーン・リトラル州ドゥアラ出身のサッカー選手、サッカー指導者。コンヤスポル所属。元カメルーン代表。ポジションはフォワード。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「サミュエル・エトオ」のつながり調べ

  • リュドヴィク・シルヴェストル

    リュドヴィク・シルヴェストルから見たサミュエル・エトオ

    EAギャンガン、RCストラスブールに所属していたがトップデビューには至らず、2004-05シーズンよりFCバルセロナBに移籍。翌2005-06シーズンの第34節セビージャFC戦にてトップデビューを飾り、最終節ではサミュエル・エトオの単独得点王を決定づけるゴールを演出する活躍を見せた。(リュドヴィク・シルヴェストル フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たサミュエル・エトー

    一方のインテルはジョゼ・モウリーニョを監督として招聘してから2年目のシーズンであり、シーズン前にディエゴ・ミリートやサミュエル・エトー、ヴェスレイ・スナイデルを獲得するなどして大型補強を敢行。だがこちらもグループリーグでは苦戦。3節まで勝ち星は無く、4節のディナモ・キエフ戦での逆転勝利が今大会の初勝利となった。結局最終節でなんとか勝ち上がった。決勝トーナメントでは1回戦でモウリーニョ監督の古巣チェルシーFCを相手にホーム・アウェイ共に勝利し、準々決勝でもCSKAモスクワを下して準決勝へ。準決勝ではグループリーグでも同居した前年度王者FCバルセロナとの対戦になった。第1戦のホームで3-1と勝利し、第2戦のアウェイでは相手の猛攻を1点で凌ぎ切ってトータルスコア3-2で勝ち上がりを決め、38年ぶりの決勝進出を果たした。(UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード