372件中 101 - 110件表示
  • ベルボーイ

    ベルボーイから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フーの6枚目のアルバム『四重人格』に、“Bell Boy”というベルボーイをテーマにした楽曲がある。ベルボーイ フレッシュアイペディアより)

  • ヤング・ヴィク

    ヤング・ヴィクから見たザ・フーザ・フー

    ロックバンドのザ・フーは、1971年始めに、この劇場で毎週無料コンサートを行っていた。これは後のアルバム『フーズ・ネクスト』の曲目を試演するためのものだった。このコンサートの1公演がアルバムのデラックス版に収録され発売されている。ヤング・ヴィク フレッシュアイペディアより)

  • ワン・モア・フロム・ザ・ロード

    ワン・モア・フロム・ザ・ロードから見たザ・フーザ・フー

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「レーナード・スキナードは良いコンサートを行いトラヴェリン・バンドとして名利を得てきたので、4作目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』からわずか数か月後に当たる1976年に『ワン・モア・フロム・ザ・ロード』という2枚組ライブ・アルバムを出したことは理にかなっている」と評している。ジョン・ミルワードは1976年11月4日付の『ローリング・ストーン』誌のレビューにおいて、「クロスロード」のカヴァーを「南部のブルース・ロックと鋭利なブリティッシュ・ロックという、レーナード・スキナードの音楽的影響を巧みに封入している」、アルバム全体に関して「極上のギター・ロックを提示している」と評している。また、『ギター・ワールド』誌の編集者Ted Drozdowskiは、「ザ・フーの『ライヴ・アット・リーズ』、オールマン・ブラザーズ・バンドの『フィルモア・イースト・ライヴ』、ジミ・ヘンドリックスの『バンド・オブ・ジプシーズ』、レッド・ツェッペリンの『永遠の詩 (狂熱のライヴ)』と並んで神殿入りに値する、最も偉大なロック・コンサート・アルバムの一つ」「フロリダ州ジャクソンビルから来たならず者バンドの、演奏面でのピークを記録している」と評している。ワン・モア・フロム・ザ・ロード フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ・ウッド

    ライヴ・ウッドから見たザ・フーザ・フー

    ロンドン公演(1993年12月)、ウルヴァーハンプトン公演(1994年3月)、アムステルダム公演(1994年4月)、ブリュッセル公演(1994年4月)でのライヴ音源を使用。収録曲は、ソロ転向後のオリジナル曲と他アーティストのカヴァーから成り、ザ・ジャムやスタイル・カウンシルの楽曲は含まれていない。「マジック・バス」はザ・フーの、「ドミノーズ」はドナルド・バードの、「ウォー」はエドウィン・スターのカヴァー。ライヴ・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ・アット・シェイ・スタジアム

    ライヴ・アット・シェイ・スタジアムから見たザ・フーザ・フー

    ライヴ・アット・シェイ・スタジアム (The Clash: Live At Shea Stadium) はパンク・ロック・バンド、ザ・クラッシュのライブ・アルバム。1982年、ザ・フーのシェイ・スタジアムでの公演2日目のオープニングアクトの録音で、コズモ・ヴァイナルがプロデュースしたライヴである。音源はジョー・ストラマーが引越しの荷造りをしていた時に発掘された。イギリスでは2008年10月6日に、アメリカではその翌日にリリースされた。ライヴ・アット・シェイ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ:ライト・ヒア、ライト・ナウ

    ライヴ:ライト・ヒア、ライト・ナウから見たザ・フーザ・フー

    アルバム『F@U#C%K』(1991年)に伴うツアーの模様を収録。収録曲の大半はサミー・ヘイガー加入後の楽曲で、「叶わぬ賭け」「パナマ」「ユー・リアリー・ガット・ミー」「ジャンプ」はデイヴィッド・リー・ロス在籍時の曲、「ワン・ウェイ・トゥ・ロック」「ギヴ・トゥ・リヴ」はサミー・ヘイガーのソロ・アルバムからの曲、「無法の世界」はザ・フー『フーズ・ネクスト』収録曲のカヴァー。「ウルトラ・ベース」はマイケル・アンソニーによるベース・ソロ。「316」はエドワード・ヴァン・ヘイレンによるギター・ソロで、表題曲の他「ミーン・ストリート」「大聖堂」「暗闇の爆撃」のフレーズも織り交ぜられている。ライヴ:ライト・ヒア、ライト・ナウ フレッシュアイペディアより)

  • リヴィング・エンド

    リヴィング・エンドから見たザ・フーザ・フー

    リヴィング・エンドは自らをパンク・イデオロギー(en)のロックン・ロールバンドと考えており、同じ傾向を持つバンドとしてイギー・ポップ、ザ・フー、ザ・ジャムを挙げている他、周囲に社会的な論評を広げることを目的としている。また、1990年代のパンク・リバイバリストであるランシドに好意的である。しかし、彼ら自身は自らがパンク・バンドであるとは考えていない。リヴィング・エンド フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ

    ジョニー・キッド&ザ・パイレーツから見たザ・フーザ・フー

    後にザ・フーがライヴ・アット・リーズで採り上げるこの曲は、当時の批評家たちから「クリフ・リチャードの『ムーヴ・イット (Move It)』に続く、ブリティッシュロックのクラシック」と評された。ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エントウィッスル

    ジョン・エントウィッスルから見たザ・フーザ・フー

    ジョン・エントウィッスル(John Entwistle、本名:John Alec Entwistle,、1944年10月9日 - 2002年6月27日)は、イギリスのミュージシャン。ザ・フーのベーシスト、ソングライターとして最も有名。ジョン・エントウィッスル フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ムーブ (バンド)

    ザ・ムーブ (バンド)から見たザ・フーザ・フー

    ロイ・ウッドが産み出すポップ・センス溢れる優れたロックンロールの楽曲群とザ・フーの影響を受けたワイルドなステージングは、後の多くのバンドに影響を与え、1960年代後期のイギリスにおける最も重要なグループの一つとされている。ザ・ムーブ (バンド) フレッシュアイペディアより)

372件中 101 - 110件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード