シェールガス ニュース&Wiki etc.

オイルシェール()、油母頁岩(ゆぼけつがん)、油質頁岩(ゆしつけつがん)、油頁岩(ゆけつがん)とは、油母 (ケロジェン) を多く含む岩石である。これらを化学処理して液状もしくはガス状炭化水素とすることができる。 (出典:Wikipedia)

「シェールガス」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「オイルシェール」のつながり調べ

  • ベルム

    ベルムから見たオイルシェール

    シュヴァルツクライデグルーベは自然文化財である。これは数百万年前ので形成されており、20世紀になるまで採掘され、輸出されていた。シュヴァルツクライデは非石炭性オイルシェールである。(ベルム フレッシュアイペディアより)

  • 合成ガス

    合成ガスから見たオイルシェール

    合成ガス(ごうせいガス、シンガス、syngas, synthesis gas)とは一酸化炭素と水素の混合ガスのことであり、C1化学における基本的な原料の1つである。合成ガスは石炭(この場合石炭ガス)や天然ガス、重質油、石油排ガス、オイルシェールやバイオマスなどから作られる。また、廃プラスチックを酸などで合成ガス化して回収するという提案もある。1970年代までは都市ガスとして多く使われていたが、一酸化炭素による中毒の懸念があるためこの用途では今日天然ガスに取って代わられている。独リンデや仏エア・リキードがこれの大手であり、HyCOなどと呼称する場合が多い。(合成ガス フレッシュアイペディアより)

「オイルシェール」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「シェールガス」のニューストピックワード