150件中 101 - 110件表示
  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見た運輸省

    1974年10月に、シビック初のスポーツモデル、「1200RS」をラインナップに追加した。5速MTが装備され、エンジン出力は76PSまで上げられた。ホンダは"RS"は「ロードセーリング」の略としている。これはオイルショックや排気ガス問題などの社会的事情からスポーツモデルが認可されにくく、運輸省(当時)を睨み回避したとの説がある。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見た韓国

    2013年からは、ホンダコリアを通じて1.8L 5速AT仕様が韓国市場でも販売を開始した。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見たプロトタイプ

    この日開幕した「東京オートサロン2017」で、ハッチバック、セダン、TYPE Rの3モデルのプロトタイプを日本初公開した。日本では夏の発売予定がアナウンスされた。なお、セダンは埼玉製作所寄居工場生産の国産車、ハッチバックならびにタイプRは英国(ホンダUKマニュファクチャラーズ)生産の輸入車となる。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見た全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年)

    1984年10月24日に追加されたZC型 1.6L DOHCを載せた「Si」は、全日本ツーリングカー選手権 (JTC) などのレースにおいても用いられ、走りのよさから若者や走行性を重視する層の支持を得た。ボンネットには、エンジンのカムカバーとの干渉を避けるためS800以来のパワーバルジが付けられた。シビックのスポーティイメージの源流となったモデルといえる。なお、北米仕様にも「Si」というグレードがあったが、日本仕様とは異なり、DOHCエンジンではなく「25i」と同じSOHCエンジンを搭載している。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見たVTEC

    3ドアにはインテグラ(DA型)に搭載されていたB16A型 1.6L DOHC VTECエンジンが搭載された。当時1.6Lクラス最高の160PSを誇ったこのエンジンを搭載したグレード名は「SiR」となった。フロントバンパーおよびヘッドライトの形状が変更され、ボンネット中央部と両フェンダー部の関係を従来の凹から凸としたため、「Si」のボンネットのパワーバルジは削除された。リアバンパー、リアパネルやリアコンビランプも若干変化している。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見た横置きエンジン

    エンジンは初代より現在にいたるまで直列4気筒エンジンを搭載しているが、排気量は1.2Lから徐々に拡大され、現在は2.0Lガソリンエンジンのほか、2.2Lディーゼルエンジンやガソリン電気ハイブリッドなどが搭載されている。なお、欧州向けには現時点でも初代と同様の1.4Lもラインナップされている。それらのエンジンは横置きに搭載され、7代目の一部グレードからエンジンの回転方向が時計回りから逆方向に変更され、合わせて搭載方向が左右逆になった。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見たVTEC-E

    搭載されるエンジンは、B16A型が170PS(AT車は155PS)に強化された。また、新開発のVTEC-E仕様(リーンバーンエンジン)を搭載した低燃費指向の「ETi」、SOHCで吸気のみ可変するVTEC仕様を搭載した「VTi」というグレードが登場した。ちなみに、シングルキャブレター仕様の「EL」,「ML」,「MX」とVTEC仕様の「ETi」,「VTi」,「SiR」とでは内装形状が異なり、乗車定員も「EL」,「ML」,「MX」は5人乗りで、VTEC仕様は4人乗りである。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見たスウィンドン

    ローバーと共同開発し、イギリスのスウィンドン工場で生産された5ドアハッチバックとワゴンタイプの「エアロデッキ」が欧州専用仕様として誕生した。基本的にはローバー400と同じだが、車体のフロントと後ろのライトやグリルのデザインが異なり、エンジンも自社製を積んでいる。ローバーは高級感を訴求、シビックはシンプル志向で市場での競合を避けている。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見た剛性

    1989年9月21日にマイナーチェンジ。若干ボディ剛性向上が図られている。外観はボンネット/テールランプ回りを中心に若干のフェイスリフトも行われ、内装はダッシュボードのメーター周りデザインを中心に変更になった。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビック

    ホンダ・シビックから見たアメリカ合衆国

    シビック (Civic) は、本田技研工業が生産及び販売している乗用車である。欧州ではCセグメントに、アメリカ合衆国ではコンパクトカーにそれぞれ区分されている。ホンダ・シビック フレッシュアイペディアより)

150件中 101 - 110件表示

「シビック」のニューストピックワード