ジェイミー・デントナ ニュース&Wiki etc.

ジェームス・ジョセフ・デントナ(James Joseph "Jamie" D'Antona , 1982年5月12日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の元プロ野球選手(内野手)。「ダントーナ」、「デアントナ」、「ディアントーナ」と表記されることもある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジェイミー・ダントーナ」のつながり調べ

  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ

    2010年の東京ヤクルトスワローズから見たジェイミー・デントナ

    この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。(2010年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たジェイミー・デントナ

    、5月25日に高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。(小川淳司 フレッシュアイペディアより)

「ジェイミー・ダントーナ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ