2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
108件中 101 - 108件表示
  • マジカル頭脳パワー!!

    マジカル頭脳パワー!!から見た世界一周世界一周

    さらにレギュラーの時にパネラーが1000点以上の得点を挙げた場合には、世界の七不思議「マジカルミステリーツアー」(世界一周旅行)へ招待された。マジカル頭脳パワー!! フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ横断ウルトラクイズの各大会の詳細

    アメリカ横断ウルトラクイズの各大会の詳細から見た世界一周世界一周

    父親が経営する税理士事務所勤務。決勝時点で2児の父。体重が100キロという巨漢であることから、愛称は「トドさん」。強気な姿勢にもかかわらず準決勝までトップ通過はなく、サイパンの「ウルトラクイズ殺人事件」では推理小説好きを活かし犯人を真っ先に当てたものの、続く空席待ちクイズでは誤答のため一旦最後尾に回った結果残り2席の状態で通過、ロサンジェルスでも11人中7番目の通過、バーストーでも開始早々の誤答で解答権のないゴーストに暫く回り、ニューオリンズの双子神経衰弱ではラストで通過するなど苦戦もあった。結婚式をまだ挙げていなかったため、スタジオで披露宴(ケーキカット)を挙げた。3年前の第3回でも後楽園予選を通過していたが、成田で敗退している。優勝賞品の世界一周から帰った時点で4歳だった娘とウルトラクイズに参加するという夢が、"今世紀最後"で実現した("今世紀最後"にて後述。なお、娘が生まれたのと相前後してアメリカ横断ウルトラクイズが開始された)。しかし、高橋は2011年秋に末期の癌が発覚し、それを自身のブログで公表。発覚直後より2012年夏頃まで入退院を繰り返していたが、翌2013年に死去。死去は高橋が当時開設していたホームページ(現在閉鎖)内で親族が公表していた。アメリカ横断ウルトラクイズの各大会の詳細 フレッシュアイペディアより)

  • ハインリヒ・ヴァウラ・フォン・フェルンゼー

    ハインリヒ・ヴァウラ・フォン・フェルンゼーから見た世界周航世界一周

    1872年-1873年、海軍を休職してザクセン=コーブルク=ゴータ家の皇族の世界周航に同道。ハインリヒ・ヴァウラ・フォン・フェルンゼー フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た世界一周世界一周

    鈴木君枝が、マイクペンダント10個獲得を達成し「世界一周旅行」を獲得したが、地球儀を一回転しただけだった。(2002年8月11日放送)笑点 フレッシュアイペディアより)

  • マラッカのエンリケ

    マラッカのエンリケから見た世界一周世界一周

    マラッカのエンリケ(, )は、1511年から1521年までフェルディナンド・マゼランに奴隷として仕えた、マレー語圏出身の男性である。伝記作家シュテファン・ツヴァイクによれば、人類初の世界一周者である。マラッカのエンリケ フレッシュアイペディアより)

  • 5月4日

    5月4日から見た世界一周世界一周

    1974年 - 堀江謙一が小型ヨット「マーメイド3世号」での単独無寄港世界一周を終え大阪に帰港。世界で3人目。5月4日 フレッシュアイペディアより)

  • 世界周航

    世界周航から見た世界一周世界一周

    世界周航 フレッシュアイペディアより)

  • 地球一周

    地球一周から見た世界一周世界一周

    地球一周 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
108件中 101 - 108件表示