260件中 141 - 150件表示
  • アーロン・バー

    アーロン・バーから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    アーロン・バー・ジュニア (, 1756年2月6日 - 1836年9月14日) は、アメリカ合衆国の政治家および冒険者。ニューヨーク州の民主共和党設立の主要メンバーおよびジョージ・クリントン知事の支援者であり、トーマス・ジェファーソン大統領下の第3代副大統領としてよりも、アレクサンダー・ハミルトンとの決闘および反逆罪での裁判と罪の免除に関して有名である。1799年、バンク・オブ・マンハッタンを設立した。アーロン・バー フレッシュアイペディアより)

  • サーモン・チェイス

    サーモン・チェイスから見たチェイス・マンハッタン銀行JPモルガン・チェース

    チェイス・ナショナル銀行の前身であるチェイス・マンハッタン銀行は、チェイスとは財政的なつながりは全くなかったものの、彼の業績にちなんで命名された。サーモン・チェイス フレッシュアイペディアより)

  • ニノミヤ

    ニノミヤから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    1990年代に入り、バブル経済崩壊後の消費不振や関東の大手家電量販店等の近畿への出店により売り上げは低迷、郊外や他地区への出店攻勢をかけたものの、出店費用により経営が悪化。2005年(平成17年)1月に大口債権者であるモルガン信託銀行(現:JPモルガン信託銀行)が大阪地方裁判所に会社更生法を申請、負債総額は約280億円であった。ニノミヤ フレッシュアイペディアより)

  • 能力成熟度モデル統合

    能力成熟度モデル統合から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースは、CMMをコンピュータプログラミング方法論エクストリーム・プログラミング(XP) およびシックス・シグマと統合することを試みた。能力成熟度モデル統合 フレッシュアイペディアより)

  • AEG

    AEGから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    1883年、トーマス・エジソンの特許を取得したユダヤ人実業家(政治家ヴァルター・ラーテナウの父親)が、ジーメンス・ウント・ハルスケと数行の支援を受けドイツ・エジソン社(Deutsche Edison-Gesellshaft, DEG)を創業した。これがAEGとなり、ベルリンのアメリカ資本として世界史を動かした。1903年、ラーテナウがウニオン社(Union-Elektricitäts-Gesellschaft)を吸収合併するためゼネラル・エレクトリック(GE)と協議し、同年秋に合意を得た。20世紀初頭、にわかに多国籍企業となってGEと世界規模のカルテルを結んだ。そしてシーメンスと並ぶ独占資本となり、第一次世界大戦でも両社は協力した。AEGをめぐるGEとシーメンスの綱引きは戦後処理をきっかけとして一挙に後者が有利な展開となった。ヴァイマル共和政は合衆国資本の虜となったのである。AEGは1929年の増資に際し、株式資本の1/4にあたる額面1億マルクをGEへ2億マルクで売却した。この資金提供と引き換えにAEG はGE に監査役の席を5つ与えたが、その一つはオーウェン・D・ヤングが占めた。このような経緯からJPモルガンと緊密なコルレス関係にあるドレスナー銀行がAEGの伝統的なメインバンクであった。AEG フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースがデリィバティブ取引で約20億ドル(約1600億円)の評価損を出したと発表。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 小塩隆士

    小塩隆士から見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    京都府生まれ。1983年東京大学教養学部国際関係論分科卒、イェール大学大学院経済学修士課程修了、2002年「教育の経済分析」で大阪大学博士(国際公共政策)。経済企画庁勤務、1991年JPモルガン勤務、1994年立命館大学経済学部助教授、1999年東京学芸大学助教授、2004年神戸大学経済学研究科助教授、2005年教授、09年一橋大学経済研究所教授。2010年『再分配の厚生分析』で日経・経済図書文化賞受賞。2017年、一橋大学経済研究所長。小塩隆士 フレッシュアイペディアより)

  • コルレスバンク

    コルレスバンクから見たJPモルガン・チェースJPモルガン・チェース

    主要な銀行は、通貨ごとに各国にコルレス先を有している。米ドルの主なコルレス銀行は、シティバンク、JPモルガン・チェースなどが挙げられる。ユーロの主なコルレス銀行は、ドイツ銀行、ポンドは香港上海銀行である。日本は三菱東京UFJ銀行(旧東京銀行)がほぼ独占している。コルレスバンク フレッシュアイペディアより)

  • グループ・ブリュッセル・ランバート

    グループ・ブリュッセル・ランバートから見たJPモルガンJPモルガン・チェース

    GBL は1976年にドレクセル・バーナム・ランベールの株式28.3%を支配、やがて支配率を35%に高めこれを子会社とした。昔、ドレクセルはリッグス銀行と共に米墨戦争で融資を行った。グラス・スティーガル法が出てからはJPモルガンに吸収された。1965年、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンから分離した投資部門のHarriman, Ripley and Company と合併した。マイケル・ミルケンのいるドレクセルを通して、GBL はジャンク債をコールバーグ・クラビス・ロバーツなどから独占的に引受けてレバレッジド・バイアウトを流行させ、またジャンク債引受時に得た情報をL. F. ロスチャイルドのアイヴァン・ボウスキーやキダー・ピーボディのマーティン・シーゲルに与えてインサイダー取引の便宜を図った。こうした違法な取引で課徴され、ドレクセルは1994年に倒産した。グループ・ブリュッセル・ランバート フレッシュアイペディアより)

  • ヴク・イェレミッチ

    ヴク・イェレミッチから見たJPモルガンチェースJPモルガン・チェース

    2000年10月にミロシェヴィッチが辞任すると、主にオトポール!などのグループの努力によって、イェレミッチは当時ユーゴスラビアの通信相だったタディッチの顧問となった。2002年9月には、セルビア政府がニューヨークで初の国際投資会議を開催するのを支援した。JPモルガンチェースやカナダのブライアン・マルルーニー元首相(「セルビアにおける改革を支援する国際評議会」議長を務めた)も、この投資会議に協賛していた。2003年の初めにユーゴスラビアは解体され、セルビア・モンテネグロという国家連合に移行した。その6月、イェレミッチは国防省に入り、欧州大西洋情勢の特別使節に任命された。2004年2月には民主党の外務委員会委員長に任命され、2006年2月には民主党中央幹部会入りした。2004年7月から、セルビア・モンテネグロが消滅し両国が独立した国家となる2007年5月まで、イェレミッチはタディッチの上級外交政策顧問を務めた。当時のタディッチはセルビアの大統領に就任しており、ニューヨーク・タイムズが「セルビア史上最も親西欧的」と評した政権を率いていた。ヴク・イェレミッチ フレッシュアイペディアより)

260件中 141 - 150件表示

「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー」のニューストピックワード