ジャスティン・ガトリン ニュース&Wiki etc.

ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin, 1982年2月10日 - )は、ニューヨーク市ブルックリン区出身の短距離競走選手。テネシー大学卒業。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジャスティン・ガトリン」のつながり調べ

  • ドーハ

    ドーハから見たジャスティン・ガトリン

    2006年5月12日、この地で開かれた陸上競技のグランプリ・カタール大会で、アメリカのジャスティン・ガトリンが男子100mで、世界新記録となる9秒76をマークした(5日後に、国際陸連が計時ミスがあったと認め、9秒77に訂正された)。(ドーハ フレッシュアイペディアより)

  • トレイボン・ブロメル

    トレイボン・ブロメルから見たジャスティン・ガトリン

    同年6月25日の全米選手権男子100m予選で世界歴代10位タイおよびアメリカ歴代4位(ともに当時)の記録となる9秒84(+1.3)をマーク。翌日の準決勝は追い風参考記録ながら9秒76 (+3.7)の好タイムで突破すると、迎えた決勝は9秒96(0.0)で2位に入り、初のシニアアメリカ代表の座を掴んだ。シニア世界大会デビューとなった8月の北京世界選手権は、男子100m予選を全体2位の9秒91(+0.5)で突破した。しかし、マイケル・フォードコーチ曰く「異常なくらい緊張していた」という準決勝は9秒99(-0.4)と予選よりタイムを落としたが、かろうじてタイムで拾われる全体7位タイ(3人が並ぶ)で決勝に進出した。緊張も収まった約2時間後の決勝では、ウサイン・ボルト(9秒79)、ジャスティン・ガトリン(9秒80)に続き、アンドレ・ドグラスとともにフィニッシュラインを越えた。レース直後の電光掲示板にはアンドレ・ドグラスの名前が3位に表示されたが、やがてブロメルの名前も3位に表示され、アンドレ・ドグラスと9秒92(-0.5)の同着3位で銅メダルを獲得した。1走を務めた男子4×100mリレーは37秒91で予選突破に貢献するも、決勝は3-4走間でオーバーゾーンがあったため失格となった(当初は2位でフィニッシュ)。(トレイボン・ブロメル フレッシュアイペディアより)

「ジャスティン・ガトリン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ジャスティン・ガトリン」のニューストピックワード