ジャンルイジ・ブッフォン ニュース&Wiki etc.

ジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon、1978年1月28日 - )は、イタリア・カッラーラ出身のサッカー選手。ユヴェントスFC所属。イタリア代表。ポジションはゴールキーパー(GK)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジャンルイジ・ブッフォン」のつながり調べ

  • グレゴリー・クーペ

    グレゴリー・クーペから見たジャンルイジ・ブッフォン

    かつてオリンピック・リヨンやフランス代表の監督を務めたジャック・サンティニは、クペを「トレーニングの段階からチームに影響を与える人格者」と評している。2005年、IFFHSの世界最優秀ゴールキーパー投票では43票を獲得し、ペトル・チェフ、ジーダ、ジャンルイジ・ブッフォンに次ぐ4位に選出された。すでに33歳であったが、トップ10に選ばれたのは初めてのことであった。また、2004年と2005年にはリーグ・アンの最優秀ゴールキーパー賞に選ばれている。(グレゴリー・クーペ フレッシュアイペディアより)

  • エトヴィン・ファン・デル・サール

    エトヴィン・ファン・デル・サールから見たジャンルイジ・ブッフォン

    ユヴェントスでは初の外国籍の正GKとなったが、2年連続でセリエAでは準優勝に終わった。さらに不調で本来の実力を発揮できずにイージーミスを連発してしまった事や、2001年になるとイタリア代表のジャンルイジ・ブッフォンの加入によりポジション確保が危うくなった事から、2001年8月1日に700万ポンドでイングランドのフラムFCに移籍。移籍後はアヤックス時代の輝きを取り戻すかのような活躍を見せ、「ヨーロッパ屈指のGK」の呼び声を再び手にした。この活躍により、マンチェスター・ユナイテッドFCのアレックス・ファーガソン監督が彼に注目するようになった(当時のマンチェスターユナイテッドFCはピーター・シュマイケルの退団後、長きに渡り深刻なGK不足に悩まされていて、ファン・デル・サールが入団してきたことでようやく長い暗闇から脱出した)。(エトヴィン・ファン・デル・サール フレッシュアイペディアより)

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード