ジョシュ・ベケット ニュース&Wiki etc.

ジョシュア・パトリック・ベケット(Joshua Patrick Beckett, 1980年5月15日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジョシュ・ベケット」のつながり調べ

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見たジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケット(ボストン・レッドソックス / 右投手):のMLBレギュラーシーズン中に故障した箇所の治療を優先するため辞退。(2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たジョシュ・ベケット

    シーズンよりテリー・フランコーナの後を引き継いで、第45代ボストン・レッドソックス監督に就任。12月1日に、ホームグラウンドのフェンウェイ・パークに於いて監督就任記者会見を執り行った。背番号は25。開幕直後に主砲のケビン・ユーキリスについて「以前のように気持ちを入れてプレーしていない」と米メディアに語るなど、自ら選手との溝を深くした。選手を批判する事が多くチームは空中分解した。ダスティン・ペドロイアは「全員ユーキリスの味方。日本では通用しても、その手法はここでは通用しない」と激怒するなど選手は猛反発した。その後もバレンタインに対する選手の反発が表面化し、ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスら主力はトレードで他球団へ放出。チームの調子も上がらず、本拠地ファンから容赦ないブーイングが飛んだ。レギュラーシーズンでは20年ぶりの地区最下位、球団47年ぶりの93敗と成績を残せず、契約を1年残して解任となった。選手たちとの対立の深刻さはデービッド・オルティスが「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と差別的とも取れる発言してしまうほどの有様であった。またオルティスは2017年自叙伝「パピ:マイ・ストーリー」の中で「(2012年)私の人生の中で最悪のシーズンだった」と表現、「ドラマはスプリング・トレーニングに入ってすぐに始まった。そこで見せた彼の行動にすべてが凝縮されていた」と開幕前からチーム内に不協和音が存在したことを告白、「日本式のトレーニングを持ち込むことで自分がいかに賢明な人間であるかを証明したがっているようだった」、「打撃練習で選手たちにゴロを打つように命じた。レッドソックスは私にゴロを打ってもらいたくてお金を払っているわけではない。月まで届くような球を打つために私はここにいる」などと具体例を挙げ、「無礼」、「愚か」、「傲慢」といった過激な言葉のオンパレードでバレンタインをこき下ろした。(ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

「ジョシュ・ベケット」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ