1073件中 101 - 110件表示
  • 2010年の音楽

    2010年の音楽から見たジョン・レノンジョン・レノン

    30日 - ジョン・レノンの愛用品が展示されたジョン・レノン・ミュージアム(埼玉県さいたま市中央区)がこの日で閉館。全国から閉館を惜しむレノンファンが訪れた。2010年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見たジョン・レノンジョン・レノン

    幻のジョンレノン・プロデュース/:1980年夏頃、ジョン・レノンプロデュースでのレコーディングの話が内々で持ち上がっていた。オノ・ヨーコを通して、ジョンも面白いと言ってくれているということで、翌年レコーディングするつもりで曲を書きはじめていたが、1980年12月8日、ジョンはニューヨークで銃弾に倒れ幻となった。当時、河口湖でバンド合宿中だったが、その日は練習を取りやめメンバー全員喪に服した。原田真二 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜

    桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜から見たジョン・レノンジョン・レノン

    桑田の音楽性に多大な影響を及ぼしたジョン・レノンの命日に放送された企画。バーのマスターに扮したユースケが客の桑田扮する「東芝EMI夫(ひがししばえみお、ニックネームはアップルちゃん)」に様々なリクエストをし、ジョンやビートルズの楽曲をギター一本の弾き語りで歌うというもので、曲披露の際にその曲にまつわる自身の思い出(「実は現在の妻・原由子の方がアコースティック・ギターのテクニックが上で、悔しかったから原の家にいたずら電話をかけた」「『It's only love』が好きだったのに、ジョン本人は嫌いな曲だと言っていて傷ついた」などの話)や、当時のジョンのバックグラウンドの解説などを語った。桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜 フレッシュアイペディアより)

  • ウイングス

    ウイングスから見たジョン・レノンジョン・レノン

    1975年9月から、ウイングスは12ヶ国で64回公演の大規模なコンサート・ツアーを開始する。その最中に制作されたのが、1976年に発売された『スピード・オブ・サウンド』である。ウイングスが一つのバンドとして世間に認知されることを望んでいたマッカートニーは、このアルバムではバンドメンバー全員に最低1曲はリード・ヴォーカルをとらせている。彼自身の歌唱による作品は半数ほどにとどまっていたが、『スピード・オブ・サウンド』は1976年にベストセラーとなった。その主たる要因となったのが、同年5月から6月にかけて行われた全米ツアー『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』である。30回の公演で60万人もの観客動員数を記録したこのツアーの模様は、のちにツアータイトルを題名にしたライヴ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ(ウイングスU.S.A.ライヴ!!)』や映画『ロックショウ』としても発表された。『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』はLP3枚組という形態での発売だったが、それにもかかわらず全米チャート1位を獲得している。ウイングスを随える形で再び世界的な成功を収めたマッカートニーは、ジョン・レノンが長い活動休止期間に入り、ジョージ・ハリスンやリンゴ・スターのソロ活動が次第に低調になり始めた1970年代中盤において、ビートルズの元メンバーとして活躍し続けた。ツアーが大成功を収めつつ、終わったとき、ポールは嬉しさのあまり泣き崩れたと言われている。ウイングス フレッシュアイペディアより)

  • クイーン (バンド)

    クイーン (バンド)から見たジョン・レノンジョン・レノン

    世界で最も成功したロックバンド。特にジョン・レノンからの影響は大きかった。レノンが暗殺された翌日のコンサートで、彼の代表曲「イマジン」をカヴァーしたり、アルバム「ホット・スペース」にレノンの追悼曲を収録している。また、70年代後半に、レノンがクイーンの楽曲「愛という名の欲望」を聴いて再び創作意欲が湧いたという秘話が残っている。クイーン (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • FAB BOX

    FAB BOXから見たジョン・レノンジョン・レノン

    Love (5:05)(作詞・作曲:John Lennon 編曲:フジファブリック)FAB BOX フレッシュアイペディアより)

  • 石橋凌

    石橋凌から見たジョン・レノンジョン・レノン

    5人兄弟の五男。兄の影響で、中学の頃からジョン・レノンやビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランのファンであり、中学1年生のときに父が他界したことがきっかけで、高校2年生のときミュージシャン志望を決意した(父の死についてはソロシングル「カクテル・トゥナイト」に収録された「12の頃」で歌われている)。石橋凌 フレッシュアイペディアより)

  • ROCK AND ROLL HERO

    ROCK AND ROLL HEROから見たジョン・レノンジョン・レノン

    初回出荷分はスリーブケースが付いており、ジャケットは「白地に黒文字」と「黒地に白文字」の2タイプが発売されている。歌詞カードにある桑田の写真もそれぞれ違う。収録内容は同一。ケースの裏には、ジョン・レノンのアルバム『ジョンの魂』の裏ジャケットを彷彿とさせる桑田の幼少時の写真、CD表面には“ROCK AND ROLL HERO?”と投げかけるように疑問符がつけて印刷されているなど、桑田なりの遊び心も含まれている。なお、当初はこの「?」も正式にタイトルに含めようとしていたことが語られている。ROCK AND ROLL HERO フレッシュアイペディアより)

  • ラバー・ソウル

    ラバー・ソウルから見たジョン・レノンジョン・レノン

    演奏時間:(2'04" - stereo version)(2'08" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンラバー・ソウル フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ・スター

    リンゴ・スターから見たジョン・レノンジョン・レノン

    ビートルズのメンバーの中では、作曲能力の優れたジョン・レノンとポール・マッカートニーの影に隠れ、ジョージ・ハリスンと同様に地味な存在だったが、リンゴのドラムスはビートルズサウンドの要としてメンバーを支え続けた。曲の基本理念によって全く異なるノリを構築するリンゴの"間"の作り方の器用さ・引き出しの多彩さはポールのベースラインと並んで評価が高く『レコード・コレクターズ』の「20世紀のベスト・ドラマー100」では2位にランクしている。また「ボーイズ」「グッド・ナイト」「イエロー・サブマリン」などリンゴがリードボーカルを務めた楽曲もある。ソロでの代表曲には「想い出のフォトグラフ」「明日への願い」などがある。リンゴ・スター フレッシュアイペディアより)

1073件中 101 - 110件表示

「ジョン・レノン」のニューストピックワード