ジョー・マウアー ニュース&Wiki etc.

ジョゼフ・パトリック・マウアー(Joseph Patrick Mauer , 1983年4月19日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州セントポール出身のプロ野球選手(捕手または一塁手)。右投左打。MLBのミネソタ・ツインズ所属。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジョー・マウアー」のつながり調べ

  • クリス・パームリー

    クリス・パームリーから見たジョー・マウアー

    2月28日にツインズと1年契約に合意したが、3月27日に40人枠を外れ、AAA級ロチェスターへ降格した。降格後はAAA級ロチェスターで32試合に出場し、打率.305・7本塁打・23打点と結果を残し、5月9日にツインズとメジャー契約を結んだ。この年からジョー・マウアーが一塁に転向し、開幕から右翼に起用されていたオズワルド・アルシアが故障で離脱していたため、契約後は右翼手として起用された。5月25日にアルシアが復帰し、その後は定位置を確保することができないままシーズンを終えた。この年は87試合に出場し、打率.256・7本塁打・28打点だった。オフの12月13日にDFAとなり、12月23日にAAA級ロチェスターへ降格した。(クリス・パームリー フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ有

    ダルビッシュ有から見たジョー・マウアー

    4月9日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初先発。初回に4失点を喫するなど、5回2/3を8安打、5失点、5奪三振、5四死球の内容だったが、打線の援護に恵まれメジャー初勝利を挙げる。初回4失点以上でのメジャー初登板初勝利はにセントルイス・カージナルスのビル・スティールが達成して以来102年ぶりの記録だった。24日のニューヨーク・ヤンキース戦では黒田博樹と投げ合い、8回1/3を7安打、無失点、10奪三振、2四球で最速97mph(約156km/h)も記録する投球で3勝目を挙げる。4月は5試合の登板で4勝0敗、防御率2.18、WHIP1.42の成績でリーグ月間最優秀新人を受賞。5月27日のトロント・ブルージェイズ戦では腰の張りで5回を投げて降板するも、NPB/MLB通算100勝目を挙げる。前半戦は16試合の先発で10勝5敗、防御率3.59、WHIP1.36の成績を残し、最終投票でオールスターに選出される。最終投票の直前にはTwitterでの投票が可能になり、チームメイトと共に自身のTwitterで投票を呼びかけた。オールスター前日の会見では「すごい選手ばかりなので変な感じがする。どういう形であれ、ここにいるということは、成長したなと思う」とコメント。オールスター当日の登板はなかったが、デビッド・プライスやジョー・マウアーらと会話し、「僕にとって初めてのオールスターで何人かの選手といろいろな話ができて楽しかった」とコメントした。(ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

「ジョー・マウアー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード