55件中 31 - 40件表示
  • 札幌オートサロン

    札幌オートサロンから見たスタンレー電気スタンレー電気

    この年はフェイスネットワーク所属者がA-classメンバーに選ばれなかったが、榎並沙知が「4☆TUNE」のメンバーとして出演したほか、前年のA-classメンバーだった三苫千景がavexのキャンペーンガールとして、高橋麻美がRAYBRIGのイメージガールとして登場した。札幌オートサロン フレッシュアイペディアより)

  • 春那美希

    春那美希から見たスタンレー電気スタンレー電気

    2013年、同じ事務所の遠藤ゆきえと共にSUPER GT「RAYBRIGレースクイーン」として活躍。2014年1月10日、東京オートサロン内で行われた「第4回日本レースクイーン大賞」でファイナリスト5人の中に選ばれる(この時のグランプリはWedsのRQだった佐野真彩)。このステージ上でレースクイーン引退を発表した。春那美希 フレッシュアイペディアより)

  • 林紗久羅

    林紗久羅から見たスタンレー電気スタンレー電気

    2016年、プラチナムプロダクション所属者としては初となる「RAYBRIGレースクイーン」に選出される(相方は比良祐里)。同年6月、レッドブル・エアレース・ワールドシリーズの2016年千葉大会にてレースクイーンとしてナイジェル・ラム(No.9 ブライトリング・レーシング・チーム)のチームガールを務める。この年にはテレビ東京の深夜バラエティ番組『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』への出演もあった。林紗久羅 フレッシュアイペディアより)

  • 金田久美子

    金田久美子から見たスタンレー電気スタンレー電気

    金田 久美子(かねだ くみこ、1989年8月14日 - )は、愛知県名古屋市出身の女子プロゴルファー。スタンレー電気所属。クラーク記念国際高等学校卒業。石井忍に師事。得意クラブはウェッジ、パター。ニックネームで「キンクミ」と呼ばれる。血液型A型。金田久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 大山美保

    大山美保から見たスタンレー電気スタンレー電気

    しかし、年末にこの「卒業宣言」を撤回し、「東京オートサロン2015」最終日の2015年1月11日、2015年度のRAYBRIGレースクイーン就任を発表。そして「東京オートサロン2016」2日目の2016年1月16日、RAYBRIGレースクイーンの座を林紗久羅(プラチナムプロダクション所属)に譲ると共に、レースクイーン業から完全に引退することを宣言。結果的に昭和生まれとしては最後のRAYBRIGレースクイーンとなったが(2017年現在)、卒業後もオートサロンでのファン感謝祭やスタンレーレディスゴルフトーナメントのゲスト出演で、RAYBRIGのコスチュームを披露することがある。大山美保 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木辰治

    鈴木辰治から見たスタンレー電気スタンレー電気

    福島県生まれ。1960年立教大学経済学部卒、66年同大学院博士課程満期退学、79年「経営と経済体制 ドイツ経営学研究」で東北大学経済学博士。60年高島入社、61年スタンレー電気調査室勤務、65年北九州大学商学部助手、66年講師、69年助教授、立命館大学経営学部助教授、1971年新潟大学文学部経済学科助教授、79年経済学部教授。2002年定年退官、名誉教授となり、長岡大学教授、九州産業大学教授を務めた。鈴木辰治 フレッシュアイペディアより)

  • 新井麻衣

    新井麻衣から見たスタンレー電気スタンレー電気

    新井 麻衣(あらい まい、1988年11月2日 - )は、千葉県市原市出身の女子プロゴルファーである。福井工業大学附属福井高等学校卒業。スタンレー電気所属。身長163cm、体重60kg。新井麻衣 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田章

    飯田章から見たスタンレー電気スタンレー電気

    1997年に国内復帰をすると、この年から土屋と入れ替わる形でGTでもチーム国光へ加入。高橋とRAYBRIG NSXで参戦した。この年のNSXは前年に走らせていたル・マンカーを改造したタイプでは無く、ホンダがJGTCに本格参戦するに当たって新たに開発したワークスマシンを駆り、第6戦菅生ラウンドでポールポジションを獲得し、NSXの将来性を示した。さらに1998年第6戦MINEラウンドで初優勝を飾っている。1997年から1999年にはフォーミュラ・ニッポンにフル参戦している。飯田章 フレッシュアイペディアより)

  • 脇阪寿一

    脇阪寿一から見たスタンレー電気スタンレー電気

    2006年は5年間在籍したTeam LeMansを離れ、トムスに移籍した。パートナーはNAKAJIMA RACINGから移籍したアンドレ・ロッテラーとなった。脇阪は引き続き、立川祐路とともにSC430の開発を担った。開幕戦 鈴鹿においてSC430のデビューウィンを勝ち取り、脇阪にとっても2003年SUGO以来3年ぶりの優勝となった。その後、優勝はないものの、第3戦 富士での3位、第7戦 もてぎでの2位など、全戦で確実にポイントを獲得し、RAYBRIG NSXを1点差で下し、脇阪自身2002年以来のシリーズチャンピオンを獲得した。脇阪寿一 フレッシュアイペディアより)

  • 田代綾夏

    田代綾夏から見たスタンレー電気スタンレー電気

    RAYBRIGブース」コンパニオン(2012年)田代綾夏 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示