前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
523件中 1 - 10件表示
  • 羊毛とおはな

    羊毛とおはなから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    Superstition - スティーヴィー・ワンダーの曲のカバー羊毛とおはな フレッシュアイペディアより)

  • FIRE (コーヒー)

    FIRE (コーヒー)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    キリンの缶コーヒーのシェアは「JIVE」時代まで業界中位程度であったが、「FIRE」は発売当初からの効果的な広告戦略(TVCMソングにスティーヴィー・ワンダーの「フィール・ザ・ファイア」(To Feel the Fire)を起用した&8人の歌手(GACKT、五木ひろしなど)を使ってTo Feel the Fireを歌わせた&抽選で特別CD「Soul of Fire」をプレゼントした(後述)ことなど)と、本格製法を前面に打ち出した商品ラインナップでシェアを伸ばし、現在は「ジョージア」(日本コカ・コーラ)、「BOSS」(サントリーフーズ)に次ぐ3位グループにつけているとされる。FIRE (コーヒー) フレッシュアイペディアより)

  • ABC (アルバム)

    ABC (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    収録曲のうち4曲は、ザ・コーポレーションがジャクソン5のために書き下ろした楽曲で、「ABC」と「小さな経験」は、シングルとして全米1位を獲得した。また、ミラクルズ、スティーヴィー・ワンダー、ザ・デルフォニックス、ファンカデリック、シュープリームスのカヴァーも収録されている。前作に引き続き、『ビルボード』誌のR&Bチャートで1位を獲得。総合チャートのBillboard 200では4位に達した。ABC (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになった。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先生からレッスンを受けるようになり、13歳になるころには初のピアノ・バラードを自分自身で作曲。11歳当時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味が無く入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系私立学校、聖心女子学院()へ進学。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • ベック・ボガート & アピス (アルバム)

    ベック・ボガート & アピス (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ジェフ・ベックとしてはアルバム『ジェフ・ベック・グループ』、ティム・ボガートとカーマイン・アピスとしてはアルバム『OT'N Sweaty』に続くアルバム。彼ら3人によるこの新バンドはジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスやクリームの流れを継ぐスーパー・トリオとなった。しかしこの頃はハードロック、グラム・ロック、プログレッシブ・ロックなどロックが多様化している時代であり、今作で聴かれるサウンドは既に時代遅れのものになりつつあった。また、モンスター級の音を出すカーマイン・アピス+ティム・ボガートのリズム体と孤高のギタリストジェフ・ベックの対決のような構図も、あまり一般リスナーの耳に馴染みやすいものではなかった。しかしスティーヴィー・ワンダー提供の「迷信」やカーティス・メイフィールドのカバー「アイム・ソー・プラウド」などポップな楽曲にも支えられて売り上げは悪くなく、凄まじいステージ・パフォーマンスもあってツアーも好調なものとなった。ベック・ボガート & アピス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Back In Love Again (feat. 布袋寅泰)

    Back In Love Again (feat. 布袋寅泰)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    カップリングの「Stay Gold」は、スティーヴィー・ワンダーのカバー。NHKドラマ10『はつ恋』の挿入歌として最終回(2012年7月17日放送)でオンエアされた。洋楽のカバーがシングルに収録されるのは今回が初めて(リミックス・バージョンを除く)。Back In Love Again (feat. 布袋寅泰) フレッシュアイペディアより)

  • Style (平井堅の曲)

    Style (平井堅の曲)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    日本人で唯一参加したスティーヴィー・ワンダーのトリビュート・アルバム『Conception an interpretation of Stevie Wonder's songs』(日本盤)に収録された「You Are The Sunshine of My Life」が平井個人名のアイテムに初収録。ソニー「ハンディカム」のコマーシャルソングに起用された。Style (平井堅の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ボウズ

    ダニー・ボウズから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    音楽的な影響はスティーヴィー・ワンダー、プリンス、マーヴィン・ゲイ、ポール・ロジャース、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、フリーなど、ロックからR&Bまで幅広い。中でもスティーヴィー・ワンダーとプリンスが彼のソングライターとしての2大ヒーローとなっている。シンガーとしてはポール・ロジャースに最初に憧れ、ジェイムズ・デューアやデイヴィッド・カヴァデール、グレン・ヒューズにも影響を受けたとのこと。ダニー・ボウズ フレッシュアイペディアより)

  • モータウン (ミュージカル)

    モータウン (ミュージカル)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    2013年、ブロードウェイのラント・フォンテーヌ劇場にて3月11日よりプレビュー公演が開幕し、4月14日から正式に開幕した。チャールズ・ランドルフ・ライトが演出、パトリシア・ウィルコックスが振付、デイヴィッド・コリンズが装置デザイン、イーソーサが衣裳、ナターシャ・カッツが照明、ピーター・ハイレンスキが音響デザイン、ダニエル・ブロディがプロジェクション・デザインを担当した。出演者はベリー・ゴーディ役にブランドン・ヴィクター・ディクソン、ダイアナ・ロス役にクリスタル・ジョイ・ブラウン、マイケル・ジャクソン役、スティーヴィー・ワンダー役、ベリー・ゴーディ役にレイモンド・ルーク・ジュニアおよびプリンス・ジョージ・メイナード、マーヴィン・ゲイ役にブライアン・テレル・クラーク、スモーキー・ロビンソン役にチャール・ブラウンが配役された。モータウン (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • ソングス・フォー・ユー LIVE!

    ソングス・フォー・ユー LIVE!から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    『ソングス・フォー・ユー LIVE!』(原題:These Songs for You, Live!)は、アメリカ合衆国のR&B歌手ダニー・ハサウェイのライブ・アルバム。ハサウェイの死去から25年後の2004年に発売され、『ライヴ』(1972年)及び『イン・パフォーマンス』(1980年)に収録された1971年のライブ録音、1971年から1973年にかけて録音された未発表ライブ録音、それにハサウェイのインタビューが収録されている。スティーヴィー・ワンダーのカヴァー「スーパーウーマン」のみ1972年の録音で、1973年6月30日のカーネギー・ホール公演で録音された3曲は、いずれも当時リリースされたばかりのアルバム『愛と自由を求めて』の収録曲である。ソングス・フォー・ユー LIVE! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
523件中 1 - 10件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード