68件中 51 - 60件表示
  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たカーブ (球種)

    スリークォーターから平均球速95.5mph(約153.7km/h)フォーシームを中心に、平均80.6mphの落差のあるカーブ、平均88.4mphのキレの良いチェンジアップ、平均95.1mphのツーシーム、さらに2014年からはスライダーも習得し、2016年時点では変化球で最も多投している。MLBでの最高球速は2010年に記録した100.4mph(約161.6km/h)だが、大学時代は最速103mph(約166km/h)を記録している。速球派の投手だがコントロールも良く、大学時代の最終シーズンでは109回で195奪三振に対し、与四球は19であった。また、2015年シーズンでは127.1回で奪三振率11.0に対し、与四球率は1.8を記録している。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た世界大学野球選手権大会

    にはユタ大学戦で1試合23奪三振を記録。8月に開催された北京オリンピックでは、アマチュア選手としてただ一人野球アメリカ合衆国代表に選出された。同大会では、予選リーグのオランダ戦と準決勝のキューバ戦に登板し、1勝1敗、防御率1.67の成績でアメリカ合衆国代表の銅メダル獲得に貢献した。北京五輪に先立ってチェコで行われた第4回世界大学野球選手権大会のアメリカ合衆国代表にも選出されている。同大会では準決勝で完封勝利を収め、アメリカ合衆国代表の3連覇に貢献した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た投手

    スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たプロ野球選手

    スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た空軍士官学校 (アメリカ合衆国)

    アマチュアNo.1投手として地位を築いた2009年シーズンでは前年より更にレベルアップした投球を披露し、13勝1敗、防御率1.32、109回を投げて195奪三振という圧倒的な成績を残した。5月8日の空軍士官学校戦では17奪三振を奪い、ノーヒットノーランを達成した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たアメリカ合衆国

    スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た野球オランダ代表

    にはユタ大学戦で1試合23奪三振を記録。8月に開催された北京オリンピックでは、アマチュア選手としてただ一人野球アメリカ合衆国代表に選出された。同大会では、予選リーグのオランダ戦と準決勝のキューバ戦に登板し、1勝1敗、防御率1.67の成績でアメリカ合衆国代表の銅メダル獲得に貢献した。北京五輪に先立ってチェコで行われた第4回世界大学野球選手権大会のアメリカ合衆国代表にも選出されている。同大会では準決勝で完封勝利を収め、アメリカ合衆国代表の3連覇に貢献した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たスライダー (球種)

    スリークォーターから平均球速95.5mph(約153.7km/h)フォーシームを中心に、平均80.6mphの落差のあるカーブ、平均88.4mphのキレの良いチェンジアップ、平均95.1mphのツーシーム、さらに2014年からはスライダーも習得し、2016年時点では変化球で最も多投している。MLBでの最高球速は2010年に記録した100.4mph(約161.6km/h)だが、大学時代は最速103mph(約166km/h)を記録している。速球派の投手だがコントロールも良く、大学時代の最終シーズンでは109回で195奪三振に対し、与四球は19であった。また、2015年シーズンでは127.1回で奪三振率11.0に対し、与四球率は1.8を記録している。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た日本

    2009年のMLBドラフトにおいて、ナショナルズにより全体1位で指名を受ける。ナショナルズGM補佐(当時)のマイク・リゾは契約成立に自信を見せたが、ボラスは交渉が不調に終われば1年間の野球浪人も辞さないという強気な姿勢を示し、その場合は独立リーグ、あるいは日本球界でプレーさせる可能性を示唆した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たナショナルリーグ東地区

    は、満を持して開幕から先発ローテーションに入った。4月には、ナ・リーグ月間最優秀投手に輝いた。6月8日のレッドソックス戦では13個の三振を奪い、メジャー通算29試合の先発登板で、208奪三振を記録。1900年以降の近代野球、史上6人目となる『30試合未満で200奪三振』を達成。前半戦の活躍が評価され自身初めてオールスターに選出された。この年のオールスターゲームには、チームからジオ・ゴンザレス、イアン・デズモンド、ブライス・ハーパーが選出されている。後半戦は、8月21日のアトランタ・ブレーブス戦までに15勝を挙げ、ナショナルリーグ東地区を独走するチームに貢献する。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード