前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
559件中 1 - 10件表示
  • うつ病

    うつ病から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    また、海馬の神経損傷は幼少期の心的外傷体験を持つ症例に認められるとの研究結果から、神経損傷が幼少期の体験によってもたらされ、それがうつ病発病の基礎となっているとの仮説もある。コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンであり、ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このコルチゾールは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年心的外傷後ストレス障害 (PTSD) 患者の脳のMRIなどを例として観察されている。心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害 (PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • 海野けい子 (薬学者)

    海野けい子 (薬学者)から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    海野 けい子(うんの けいこ、1953年9月 - )は、日本の薬学者(ストレス生物学・老化生化学)。学位は博士(薬学)(静岡県立大学・1994年)。静岡県立大学薬学部教授・大学院薬学研究院教授・附属茶学総合研究センター研究員。海野けい子 (薬学者) フレッシュアイペディアより)

  • 機能性胃腸症

    機能性胃腸症から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ストレス、過労などが大きく関与しているといわれ現代病の代表的な例に挙げられる。内視鏡検査で明らかな器質的疾患が認められないにもかかわらず、胃もたれ、胃痛、胸やけなど心窩部の不快症状を訴える場合、臨床的には「慢性胃炎」(臨床的“胃炎”)と診断される。欧米ではFD(Functional Dyspepsia)と診断されるが、日本では未だ保険診療病名とはなっていないため、慢性胃炎の診断名で治療される。慢性胃炎にはFDのほか、胃内視鏡検査により粘膜傷害や血管透見所見が認められるケースと、さらに内視鏡的に「慢性胃炎」(内視鏡的胃炎)があり、慢性胃炎はその総称となっている。このため、臨床的に診断や治療は複雑である。機能性胃腸症 フレッシュアイペディアより)

  • カサンドラ症候群

    カサンドラ症候群から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ASの人との結婚は、異なる文化的背景をもつ二人の人間の関係に例えられる。どちらの文化にも良い面があるが、言葉と行動に関しては違いがある。ASの人との結婚でパートナーが苦しむ理由は、文化的ストレスと呼ばれる状態にある。自分のよく知っているコミュニケーション方法から切り離されたとき、文化的ストレスは生じるという。別の方法を正しいとする新しい環境に直面したときに、アイデンティティと自尊心が影響を受ける可能性がある。カサンドラ症候群 フレッシュアイペディアより)

  • メディックファーストエイド

    メディックファーストエイドから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    メディックファーストエイドでは、受講者のストレスを出来る限り抑えるために講習終了後の筆記試験や技能試験を行わない。インストラクター(MFAでは「ファシリテーター(Facilitator、『物事を容易にする人』という意味)」と正式には呼んでいる)も適度に肩の力を抜いて指導を行うように訓練されており、受講者はリラックスした状態で講習を受けることが出来る。メディックファーストエイド フレッシュアイペディアより)

  • ブラシノステロイド

    ブラシノステロイドから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ブラシノステロイド (, BR) は、植物ホルモンの一種。ステロイド骨格をもつ化合物の一群である。植物体全身の伸長成長、細胞分裂と増殖、種子の発芽などを促進する。またストレス耐性を誘導するが、これらの作用のほとんどは他の植物ホルモンと関連してはたらくものが多い。ブラシノステロイド フレッシュアイペディアより)

  • ドッグセラピー

    ドッグセラピーから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ドッグセラピー(英語:Dog Therapy)とは、動物を使った治療方法であるアニマルセラピーの一種で、高度に訓練された「セラピードッグ」を介在させることにより、高齢者や認知症、自閉症など様々な障害を持つ人々に対し心や身体のリハビリテーションを目的としたプログラムを実施することである。広義では、一般の人々が犬と触れ合うことによって精神的情緒的安定や、身体的な運動機能回復効果が得られることを目的とした活動。もしくは様々な虐待、遺棄、ストレス等によって傷ついた犬に対し、人間社会との共存を目的とするリハビリテーションに対しても使われることがある。ドッグセラピー フレッシュアイペディアより)

  • コルチゾール

    コルチゾールから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    コルチゾール(Cortisol)は、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン (hydrocortisone) とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。コルチゾール フレッシュアイペディアより)

  • アイソレーション・タンク

    アイソレーション・タンクから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    多くの研究が、フローティングには大きなストレス軽減効果があると示している。オハイオ医科大学、ローレンス大学、ウィスコンシン州アップルトン、セント・エリザベス病院、そしてブリティッシュコロンビア大学で行われた一連の研究では、定期的にフローティングすると、心拍数、酸素消費量、ストレスに関連した血液中の生化学物質(コルチゾール、副腎皮質刺激ホルモン、乳酸塩、アドレナリン)レベルの低下がみられた。コルチゾール、副腎皮質刺激ホルモンが変化したという研究がある。アイソレーション・タンク フレッシュアイペディアより)

  • 青斑核

    青斑核から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    覚醒、注意、情動に関与している。青斑核 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
559件中 1 - 10件表示

「ストレス」のニューストピックワード