1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示
  • ストレス (生体)

    ストレス (生体)から見た心臓

    アメリカ合衆国での、成人約30000人を対象とした8年間の追跡調査では、ストレスが健康に良くないと認識していない人の死亡率は低下していなかった。健康心理学者のケリー・マクゴニガルはこうした研究を紹介し、ストレスが多いと死亡するリスクが43%増加するが、それはストレスが健康に害があると認識している場合であると説明した。また科学的にはストレスの捉え方次第でストレスに対する体の反応が変わる研究を紹介している。例えば、ストレスを感じると心臓がどきどきするが、これを体に悪いとネガティブにとらえると実際に血管が収縮し心不全などの原因となる。ところが、心臓がどきどきするのは新鮮な血液を心臓にどんどん送り込んでくれているのだと肯定的にとらえると、血管が収縮しないことが分かった。すなわちストレスは捉え方により、健康に全く害がないと主張している。ストレス (生体) フレッシュアイペディアより)

  • ストレス (生体)

    ストレス (生体)から見た死亡率

    しかし、近年の2012年の研究では、ストレスが健康に影響を与えると認識している群の死亡率が43%高まることが見いだされている。逆に認識していない群はそうではない。そのようなストレスに対する認識の影響の研究が進展している。ストレス (生体) フレッシュアイペディアより)

  • ストレス (生体)

    ストレス (生体)から見たオキシトシン

    近年のオキシトシンの研究は、動物の社会的行動におけるその役割を見出している。ストレス (生体) フレッシュアイペディアより)

  • ストレス (生体)

    ストレス (生体)から見たコルチゾール

    コルチゾール(Cortisol)は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン(Hydrocotisone)とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている。ストレス (生体) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示

「ストレス」のニューストピックワード