前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
205件中 1 - 10件表示
  • ライアン・ショウクロス

    ライアン・ショウクロスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ライアン・ジェイムス・ショウクロス(Ryan James Shawcross, 1987年10月4日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。イングランド・プレミアリーグ、ストーク・シティに所属している。ライアン・ショウクロス フレッシュアイペディアより)

  • ウサマ・アサイディ

    ウサマ・アサイディから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2012年8月17日、リヴァプールFCへ完全移籍した。しかし出場機会があまり訪れず、2013年8月27日、ストーク・シティFCへレンタル移籍した。ウサマ・アサイディ フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2003年から加入したバーミンガム・シティFCでは定期的に出場機会を得ることに成功し、2006年にチームが降格すると、2007年1月に移籍金750万ポンドでウェストハム・ユナイテッドFCと契約。ルーカス・ニールが退団した次の2009年からは主将を務めた。2010-11シーズンにチームが2部へと降格し、また、自身の契約が満了となったため、今度は2011年8月にストーク・シティFCと2年契約を締結した。2012-13シーズンに2部のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCへの期限付き移籍を経て、2013年に同クラブと1年契約の完全移籍を果たした。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・キャメロン

    ジェフ・キャメロンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ジェフリー・スコット"ジェフ"・キャメロン(Geoffrey Scott "Geoff" Cameron, 1985年7月11日 - )は、アメリカ合衆国・マサチューセッツ州アッテルボロ出身のサッカー選手、アメリカ代表。プレミアリーグのストーク・シティFC所属。ポジションはセンターバック及び右サイドバック、セントラルミッドフィルダー。ジェフ・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ピューリス

    トニー・ピューリスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    指導者としての経歴は、ボーンマスでハリー・レドナップの下で選手兼アシスタントコーチとして始まり、レドナップがクラブを去ってからは監督を務めた。ピューリスの監督としてのこれまでの最大の功績は、2007-08シーズンにストーク・シティをフットボールリーグ・チャンピオンシップで2位に導き、プレミアリーグ昇格を果たしたことである。トニー・ピューリス フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ウィーラン

    グレン・ウィーランから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    マンチェスター・シティFCでプロ生活を開始したが、UEFAカップに1度出場したのみにとどまると、ベリーFCへの期限付き移籍を経て、シェフィールド・ウェンズデイFCへ完全移籍を果たし、チームは2005年5月にチャンピオンシップに昇格した。2008年1月には、移籍金50万ポンドでストーク・シティFCと契約し、すぐさまチームはプレミアリーグに昇格した。個人としてはトニー・ピューリス監督の下で地位を確立するのに当初は苦労したが、2009年頃に定位置を掴み、2011年にはFAカップ決勝進出に貢献した。なお、結果は古巣のマンチェスター・シティに0-1で敗れている。ピューリス監督からマーク・ヒューズ監督に交代した2013-14シーズンもレギュラーであり続けた。グレン・ウィーラン フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・フート

    ロベルト・フートから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2001年にドイツの1.FCウニオン・ベルリンの下部組織からクラウディオ・ラニエリ監督率いるイングランド1部のチェルシーFCへ入団したフートは、その後トップチームに昇格を果たすも、ジョン・テリー、ウィリアム・ギャラス、リカルド・カルヴァーリョの存在からスタンフォード・ブリッジでの序列は低く、なかなか定着出来ずにいたため2006年8月に移籍金600万ポンドで同国1部のミドルズブラFCと契約した。リヴァーサイド・スタジアムで3季過ごし、2009年にミドルズブラが2部降格すると、同年8月に移籍金500万ポンドで同国1部のストーク・シティFCと契約。2009-10シーズンにはチームのFAカップ決勝進出に貢献する活躍等を見せ、シーズン終了後にチームの年間最優秀選手に選出された。ロベルト・フート フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウォルターズ

    ジョン・ウォルターズから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ブラックバーン・ローヴァーズFCでキャリアを開始するもトップチームでプレーすることが叶わず、ボルトン・ワンダラーズFCと契約した。しかし、ボルトンでも失敗したためにハル・シティAFC、クルー・アレクサンドラFC、バーンズリーFCへ貸し出され、2004年にハル・シティへ完全移籍した。そこからさらに、スカンソープ・ユナイテッドFC、レクサムFC、イプスウィッチ・タウンと短期間で複数クラブを渡り歩き、最終的にフットボールリーグ・チャンピオンシップのイプスウィッチ・タウンFCで定位置を確保して落ち着くこととなった。イプスウィッチで3季を過ごした後、2010年8月に275万ポンドでストーク・シティFCと契約し、2011年にFAカップ準決勝のボルトン戦 (5-0) で2得点を挙げて決勝進出に導いていた。ジョン・ウォルターズ フレッシュアイペディアより)

  • デンバ・バ

    デンバ・バから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010-11シーズン半ばには、イングランドのストーク・シティFCがバに移籍金590万ポンドの値を付けていると報じられた。2011年1月、ホッフェンハイムの練習合宿参加を拒否し、ウェストハム・ユナイテッドFCへの移籍希望を公言した。ホッフェンハイムはバに処罰を下す可能性を示唆したが、バは「現在の条件でもクラブを離れられることをホッフェンハイムによって保証されている」と主張した。2011年1月、ストーク・シティFCへの移籍話はバがメディカルチェックに落ちたことにより破談となり、ストーク・シティFCのトニー・ピューリス監督はバの獲得失敗を残念がった。ホッフェンハイムでは通算103試合に出場して40得点した。デンバ・バ フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFCから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    後任には暫定監督としてクラブのレジェンド、ケニー・ダルグリッシュが就任。フェルナンド・トーレスをチェルシーに英国史上最高額推定5000万?で放出し、アンディ・キャロルをトーレスの移籍金に次ぐ3500万?、ルイス・スアレスを2280万?で獲得するなどチームを立て直し、最終的に6位で終えた。しかし、他のリーグであれば6位の場合はUEFAヨーロッパリーグの出場権が与えられるが、5位のトッテナムと共に出場権を獲得したのがFAカップ決勝に進み準優勝だったストーク、プレミアリーグがフェアプレーランキングで上位に入った事による恩恵を受けたフルハム。カーリングカップの決勝に進んだアーセナルが4位でフィニッシュしており、アーセナルが優勝すればヨーロッパリーグの出場権を獲得出来たが、そのアーセナルがバーミンガム・シティに敗れ、18位で降格したにも関わらずバーミンガム・シティがヨーロッパリーグの出場権を獲得し、1999-2000シーズン以来12年ぶりにヨーロッパカップ戦の出場を逃した。リヴァプールFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
205件中 1 - 10件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード