231件中 131 - 140件表示
  • リオデジャネイロオリンピックにおけるテニス競技・女子ダブルス

    リオデジャネイロオリンピックにおけるテニス競技・女子ダブルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年ロンドン五輪金メダリストのセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組は1回戦でルーシー・サファロバルーシー・サファロバ&バルボラ・ストリコババルボラ・ストリコバに敗れた。リオデジャネイロオリンピックにおけるテニス競技・女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • 2016年全米オープン (テニス)

    2016年全米オープン (テニス)から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ケルバーが全豪に続きグランドスラム2勝目を挙げ、大会終了後に初の世界ランキング1位になった。セリーナ・ウィリアムズは準決勝でプリスコバに敗れ2年連続で決勝進出を逃し、186週連続で在位した世界ランキング1位の座を明け渡した。2016年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    2016年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    前回優勝のセリーナ・ウィリアムズと2016全豪優勝のアンゲリク・ケルバーの決勝。7?5, 6?3.でウィリアムズが勝利し全英2連覇・7度目の優勝。グランドスラムシングルス優勝22回はシュテフィ・グラフと並ぶオープン化以降最多記録。2016年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2017年全豪オープン女子シングルス

    2017年全豪オープン女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ (優勝)2017年全豪オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2017年全豪オープン

    2017年全豪オープンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ d. ビーナス・ウィリアムズ, 6?4, 6?42017年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルヴァラ・レプチェンコ

    ヴァルヴァラ・レプチェンコから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2013年、ヴァルヴァラはブリスベン国際大会でプレーを始め、大会で優勝することになるセリーナ・ウィリアムズに初戦で敗れた。ヴァルヴァラ・レプチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • モード・ワトソン

    モード・ワトソンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    第1回ウィンブルドン選手権で行われたリリアンとモードの「ワトソン姉妹対決の決勝」から117年後、2001年の全米オープン女子シングルス決勝で、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が「姉妹対決の決勝」を実現させた。この決勝対決はウィンブルドン選手権でも2002年・2003年・2008年・2009年の4度実現する。2017年全豪オープンまで総計9回行われた黒人姉妹の決勝対決は、妹のセリーナが「7勝2敗」で大きく勝ち越している。モード・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・ワトソン

    リリアン・ワトソンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    第1回ウィンブルドン選手権で行われたリリアンとモードの「ワトソン姉妹対決の決勝」から117年後、2001年の全米オープン女子シングルス決勝で、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が「姉妹対決の決勝」を実現させた。この決勝対決は、ウィンブルドン選手権でも2002年・2003年・2008年・2009年の4度実現する。2017年全豪オープンまで総計9回行われた黒人姉妹の決勝対決は、妹のセリーナが「7勝2敗」で大きく勝ち越している。リリアン・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2009年、ハンチュコバは杉山愛とのコンビを復活させた。この年は全豪オープンの女子ダブルス決勝進出があったが、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 3-6, 3-6 で敗れた。杉山は2009年度を最後に、34歳で現役を引退する。彼女の現役最後のトーナメントは、9月末の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントであった。ここでもハンチュコバがダブルス・パートナーとなり、決勝まで勝ち進んだが、アリサ・クレイバノワ(ロシア)&フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)組に 4-6, 2-6 で敗れた。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ミルヌイ

    マックス・ミルヌイから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ミルヌイは父親の手ほどきで6歳からテニスを始め、1992年からアメリカ・フロリダ州ブレイデントンにあるニック・ボロテリー・テニスアカデミーに留学した。1996年に19歳でプロ入り。1998年ウィンブルドン選手権と全米オープンの2大会連続で、混合ダブルスでセリーナ・ウィリアムズとペアを組んで優勝した。1999年にダブルスで年間4勝を挙げ、2000年全米オープン男子ダブルスで、レイトン・ヒューイットとペアを組んで初優勝を飾った。ところが、この大会の混合ダブルスでアンナ・クルニコワとペアを組んで準優勝したことがきっかけで、ミルヌイには「野獣」(The Beast)というニックネームがついた。『美女と野獣』は元来フランスの民話であるが、1991年に製作されたディズニーのアニメ映画『美女と野獣』でさらに有名になった物語である。“美女”として人気絶頂にあったクルニコワと対比されて、ミルヌイは“野獣”と呼ばれるようになってしまった。マックス・ミルヌイ フレッシュアイペディアより)

231件中 131 - 140件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード