231件中 141 - 150件表示
  • シャハー・ピアー

    シャハー・ピアーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2007年の全豪オープンで、シャハー・ピアーは初の準々決勝進出を決め、4大大会女子シングルスの自己最高成績を上げた。イスラエルの女子テニス選手が4大大会のベスト8に入ったのは、同国のテニスの歴史を通じて初めての出来事であった。その準々決勝では、全豪オープンで2003年・2005年の2度優勝経験があるセリーナ・ウィリアムズに 6-3, 2-6, 6-8 で競り負けた。この年は全米オープンでも初のベスト8進出を果たし、準々決勝で第6シードのアンナ・チャクベタゼ(ロシア)に 4-6, 1-6 で敗れた。2007年10月、彼女は国防軍の兵役義務を完了した。シャハー・ピアー フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスカ・スキアボーネ

    フランチェスカ・スキアボーネから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年の全仏オープンで、スキアボーネはケーシー・デラクア(オーストラリア)と組んで女子ダブルス決勝に進出した。2人は決勝戦でスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 6-2, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、初優勝を逃した。スキアボーネは前年のマラ・サンタンジェロに続く、イタリア人選手としての全仏女子ダブルス連覇を逃したことになる。デラクアとは2009年全豪オープンでもペアを組み、準決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 0-6, 2-6 で完敗した。フランチェスカ・スキアボーネ フレッシュアイペディアより)

  • 宮城ナナ

    宮城ナナから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1995年半ばにバスキとのペアを解消。1997年から1998年にかけては、雉子牟田直子とのペアで好成績を出し、このコンビは女子ツアーでダブルス3勝を記録した。宮城のダブルス10勝の中でも、雉子牟田との3勝は際立っている。1997年1月、2人はオーストラリアの「ゴールド・コースト」と「ホバート」の大会でダブルス2週連続優勝を飾り、全豪オープンでもベスト8に進出した。2月下旬のアメリカ・オクラホマシティの大会では、平木理化とのコンビで初優勝を飾っている。宮城と雉子牟田のコンビは、この年に全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンの3大会連続で3回戦(ベスト16)に勝ち残り、1998年には全豪オープンの女子ダブルスで2年連続ベスト8に進出した。この時は準々決勝でリンゼイ・ダベンポートとナターシャ・ズベレワの組に敗れたが、その前の3回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に勝ったことがある。宮城ナナ フレッシュアイペディアより)

  • ヌリア・リャゴステラ・ビベス

    ヌリア・リャゴステラ・ビベスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年からはマリア・ホセ・マルティネス・サンチェスと組みダブルスで活躍する。2008年全仏オープンと2008年ウィンブルドン選手権でベスト8、2009年は全仏オープン以外の3大会でベスト8に進出し、最終戦のWTAツアー選手権にも出場し初戦でビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組を 2-6, 6-4, 1 で破り決勝に進出。決勝ではカーラ・ブラック&リーゼル・フーバー組を 7-6(0), 5-7, 2 で破り優勝し初めてのビックタイトルを獲得した。ヌリア・リャゴステラ・ビベス フレッシュアイペディアより)

  • IMGアカデミー

    IMGアカデミーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ボロテリーテニスプログラムは、長さが1〜5週間の範囲の通年のテニスキャンプを提供している。キャンパスには35の屋外ハードコート、5つの室内ハードコート、16のグリーンクレーコートがある。1987年には32人の生徒・卒業生がウィンブルドンに出場した。卒業生にはアンドレ・アガシ、ジム・クーリエ、セリーナ・ウィリアムズ、マリア・シャラポワ、錦織圭などがいる。IMGアカデミー フレッシュアイペディアより)

  • イネス・ゴロチャテギ

    イネス・ゴロチャテギから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    競技生活の早い時期に痛めた左膝に加えて、ゴロチャテギのテニス経歴は故障との闘いの連続だった。それでも、現役最後の年となった1999年はフェドカップの「アメリカズ・グループA」でパトリシア・タラビーニとのダブルス戦をこなし、ウィンブルドンで4年ぶりの3回戦に進出している。最後のウィンブルドンでは、当時18歳のアンナ・クルニコワとの試合を 5-7, 1-3 で途中棄権した。ゴロチャテギの現役最後の大会は、1999年全米オープンであった。シングルスは1回戦でナターシャ・ズベレワに敗れ、ダブルスでは6年前の準優勝と同じアマンダ・クッツァーとペアを組んだが、2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 7-6, 4-6, 4-6 で競り負けた。ズベレワとウィリアムズ姉妹との戦いを最後に、イネス・ゴロチャテギは26歳で現役を退いた。イネス・ゴロチャテギ フレッシュアイペディアより)

  • ビルヒニア・ルアノ・パスクアル

    ビルヒニア・ルアノ・パスクアルから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    スアレスの引退後、ルアノ・パスクアルは同じスペインの後輩選手アナベル・メディナ・ガリゲスと組んで大半のダブルス戦に出場するようになった。ルアノ・パスクアルとメディナ・ガリゲスは、2008年全仏オープンの女子ダブルスでフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)&ケーシー・デラクア(オーストラリア)組を 2-6, 7-5, 6-4 で破り、このコンビでも4大大会優勝を果たした。ルアノ・パスクアルにとっては、2005年以来3年ぶり5度目の全仏女子ダブルス優勝となる。ルアノ・パスクアルとメディナ・ガリゲスは北京五輪でも女子ダブルス決勝に進出したが、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組(アメリカ、当年度のウィンブルドン優勝ペア)に 2-6, 0-6 で完敗し、ルアノ・パスクアルは2大会連続の銀メダルに終わった。ビルヒニア・ルアノ・パスクアル フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・クルニコワ

    アンナ・クルニコワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ダブルスでのクルニコワは、全豪オープンで1999年と2002年の2度女子ダブルス部門で優勝がある。パートナーはどちらも親友のマルチナ・ヒンギスと組んだ。クルニコワとヒンギスのペアは、1999年全仏オープンの女子ダブルス決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に敗れた準優勝もある。混合ダブルスでは、クルニコワは1999年のウィンブルドンでヨナス・ビョルクマン(スウェーデン)と組み、2000年の全米オープンではマックス・ミルヌイ(ベラルーシ)と組んで活躍したが、どちらも準優勝止まりに終わった。アンナ・クルニコワ フレッシュアイペディアより)

  • ミラグロス・セケラ

    ミラグロス・セケラから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2006年10月、セケラは世界ランキングを98位に上げ、初めての世界ランキングトップ100入りを果たす。そして2007年に入ると、彼女は全豪オープンで初めて1回戦を突破し、ニコル・バイディソバとの2回戦に進んだ。5月、モロッコ・フェズ大会のシングルス決勝戦で、セケラはアレクサンドラ・ウォズニアク(カナダ)を 6-1, 6-3 で破り、ベネズエラの女子テニス選手として史上初のWTAツアー大会シングルス優勝を飾った。この快挙の後、セケラは全仏オープンでも初めての2回戦に進む。そしてウィンブルドンでは、彼女自身の4大大会自己最高成績となる3回戦進出を果たした。全仏オープンとウィンブルドンで、セケラはセリーナ・ウィリアムズに2連敗を喫している。ミラグロス・セケラ フレッシュアイペディアより)

  • ベサニー・マテック=サンズ

    ベサニー・マテック=サンズから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年ウィンブルドン選手権では3回戦で当時10位のマリオン・バルトリを 6-4, 6-1 で破り初めて4大大会で4回戦に進出した。4回戦ではセリーナ・ウィリアムズに 3-6, 3-6 で敗れた。2008年11月に結婚し夫の姓を併用してベサニー・マテック=サンズと名乗るようになる。ベサニー・マテック=サンズ フレッシュアイペディアより)

231件中 141 - 150件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード