231件中 161 - 170件表示
  • アリサ・クレイバノワ

    アリサ・クレイバノワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2009年全豪オープンで、クレイバノワは初めて「第29シード」に選ばれ、3回戦で第5シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)を 7-5, 6-7, 6-2 で倒す勝利を挙げた。初進出の4回戦では、地元オーストラリアのエレナ・ドキッチに 5-7, 7-5, 6-8 で敗れた。4月下旬のモロッコ・フェズ大会で、クレイバノワは同じロシアのエカテリーナ・マカロワとダブルスを組み、決勝でマリア・キリレンコ&ソラナ・チルステア(ルーマニア)組を破ってツアー初優勝を果たす。6月のウィンブルドン女子ダブルスでマカロワと組んでベスト8に入った後、ハンガリーの「ブダペスト・オープン」でモニカ・ニクレスク(ルーマニア)と組んでダブルス2勝目を挙げる。クレイバノワとマカロワは、全米オープン女子ダブルスでベスト4に入り、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 6-7(4-7), 6-3, 2-6 で敗れた。アリサ・クレイバノワ フレッシュアイペディアより)

  • ザビーネ・リシキ

    ザビーネ・リシキから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2013年ウィンブルドンでは、第1シードのセリーナ・ウィリアムズやアグニエシュカ・ラドワンスカなど格上を次々と下す快進撃を見せるものの、決勝では思うようなプレーができず、マリオン・バルトリに1-6, 4-6で敗れた。ザビーネ・リシキ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    9月26日 - セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ、テニス)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • クベタ・ペシュケ

    クベタ・ペシュケから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2010年から、ペシュケはカタリナ・スレボトニク(スロベニア)と組んで大半のトーナメントに出場するようになり、全仏オープンで初めて4大大会女子ダブルスの決勝に進出した。決勝ではビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 2-6, 3-6 で敗れた。全米オープンではアイサム=ウル=ハク・クレシ(パキスタン)と組んだ混合ダブルスで2度目の準優勝となった。クベタ・ペシュケ フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・デラクア

    ケーシー・デラクアから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    全仏オープン終了後、デラクアはナタリー・ドシーとペアを組み、ウィンブルドンでも女子ダブルス準決勝に進出した。ウィンブルドンでは、デラクアとドシーはビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 3-6, 3-6 のストレートで完敗した。同大会のシングルスでもニコル・バイディソバとの3回戦まで進出する。この後北京五輪のオーストラリア代表選手に選ばれ、オリンピックにも初出場を果たす。オリンピックでは、シングルスは2回戦でベラルーシ代表のビクトリア・アザレンカに敗れ、アリシア・モリクと組んだダブルスでは1回戦でイタリア代表のスキアボーネ&フラビア・ペンネッタ組に当たってしまった。五輪後の全米オープンでは振るわず、シングルス・ダブルスとも1回戦敗退に終わる。それから東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントで2年連続の来日をし、全仏オープン以来となったスキアボーネとのダブルスでは準決勝まで進んだが、シングルスの予選2回戦で、当年度から12年ぶりに現役復帰したクルム伊達公子に 6-3, 3-6, 3-6 で敗れてしまう。シーズン後半は両肩の故障に悩み、東レを最後に彼女の当年度のツアー出場が終わった。ケーシー・デラクア フレッシュアイペディアより)

  • カルラ・スアレス・ナバロ

    カルラ・スアレス・ナバロから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2013年全米オープンでは全米では初めてとなるベスト8に進出した。準々決勝で優勝したセリーナ・ウィリアムズに 0-6, 0-6 で1ゲームも取ることが出来ず完敗した。カルラ・スアレス・ナバロ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックのアメリカ合衆国選手団

    2008年北京オリンピックのアメリカ合衆国選手団から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズ(テニス女子ダブルス)2008年北京オリンピックのアメリカ合衆国選手団 フレッシュアイペディアより)

  • ミハエラ・クライチェク

    ミハエラ・クライチェクから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    近年のクライチェクは左手首と膝に故障を抱え、女子ツアーでの成績が低迷している。4大大会のシングルスでは予選敗退が続いていたが、2011年全米オープンで予選を勝ち上がり、3年ぶりに4大大会の本戦に出場した。1回戦でエレニ・ダニリドゥに 3-6, 7-6(4), 6-1 で勝利したが、2回戦でセリーナ・ウィリアムズに 0-6, 1-6 で完敗した。ミハエラ・クライチェク フレッシュアイペディアより)

  • エミー・フレージャー

    エミー・フレージャーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    フレージャーが第1回大会から参加してきた「ニチレイ・レディース」では、1994年にもアランチャ・サンチェス・ビカリオに決勝で敗れた準優勝がある。この大会は1997年に「トヨタ・プリンセス・カップ」という名称に変更され、2002年を最後に終了した。最後の大会の時もフレージャーはプレーしており、セリーナ・ウィリアムズとの準決勝まで勝ち進んでいる。エミー・フレージャー フレッシュアイペディアより)

  • カロリナ・プリスコバ

    カロリナ・プリスコバから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2016年のウィンブルドンまでは3回戦敗退がグランドスラムの最高成績であったが、全米オープンでは勝ち進み、準決勝でセリーナ・ウィリアムズにストレート勝ちしグランドスラムで初の決勝進出。決勝ではアンゲリク・ケルバーに 3?6, 6?4, 4?6 で敗れ準優勝となった。カロリナ・プリスコバ フレッシュアイペディアより)

231件中 161 - 170件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード