セルゲイ・ラブロフ ニュース&Wiki etc.

セルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ラブロフ(ラヴロフ、、ラテン文字転写の例:、1950年3月21日 - )は、ロシアの外交官、政治家。2004年からロシア外務大臣。他国の間では、強硬な外交姿勢を取る人物として知られている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セルゲイ・ラブロフ」のつながり調べ

  • 東京急行 (ロシア空軍)

    東京急行 (ロシア空軍)から見たセルゲイ・ラブロフ

    2008年(平成20年)には、日本標準時2月9日午前7時30分36秒から同時32分24秒までの間、ロシア空軍のTu-95が伊豆諸島南部において領空侵犯したと発表している。同年4月14日、ロシアのラブロフ外相は高村外務大臣との会談において事実を認めた。また、2010年(平成22年)11月12日にも、ロシア空軍のTu-95 2機が同様のルートを飛行し、航空自衛隊機が追尾した。(東京急行 (ロシア空軍) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年リビア内戦

    2011年リビア内戦から見たセルゲイ・ラブロフ

    - セルゲイ・ラブロフ外相は、10月21日のカダフィ大佐の死亡について、捕虜の人道的取り扱いを規定したジュネーヴ条約違反の疑いが強いとして国際的な調査を要求。更に、「当初は大佐殺害が軍事介入の目的ではないと言っていたのに今は『ついに目的を果たした』と違うことを言っている」と北大西洋条約機構を批判した。(2011年リビア内戦 フレッシュアイペディアより)

「セルゲイ・ラブロフ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「セルゲイ・ラブロフ」のニューストピックワード