88件中 61 - 70件表示
  • 黒崎久志

    黒崎久志から見たセルジオ越後セルジオ越後

    宇都宮学園高等学校(現:文星芸大付高)時代から将来を嘱望され、辛口評論家として知られるセルジオ越後からも「将来日本代表入りする選手」と太鼓判を押されていた。全国高等学校サッカー選手権大会にも2度出場し、2年生だった1986年1月の第64回大会では1学年先輩の小泉淳嗣とともに準々決勝で3連覇を目指していた帝京高校を下してベスト4に進出し(準決勝で江尻篤彦や真田雅則のいた清水商に敗退)、黒崎は5得点で大会得点王となった。3年生だった翌1987年1月の第65回大会では1学年下にDF根岸誠一がいて、室蘭大谷高校との準々決勝ではPK戦の途中でテレビ中継が終わっても、なかなか結果がテロップで流れなかったPK戦史上に残る激闘の末、14-15で敗れた。高校時代のクラスメートの話によると、授業中ほとんど昼寝をしていたにもかかわらず成績は良かったとのこと。黒崎久志 フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー高峰

    ケーシー高峰から見たセルジオ越後セルジオ越後

    キリンビバレッジ FIRE neo(2012年) - 岡田准一、バナナマン、ナイツ、SHELLY、デーブ・スペクター、セルジオ越後らと共演。ケーシー高峰 フレッシュアイペディアより)

  • U字工事

    U字工事から見たセルジオ越後セルジオ越後

    「ハーイ!U字工事」やべっちFCのパロディコーナー。これまでにセルジオ越後、水沼貴史らが登場。U字工事 フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・スペクター

    デーブ・スペクターから見たセルジオ越後セルジオ越後

    キリンビバレッジ「FIRE neo」(2012年) - 岡田准一、バナナマン、ナイツ、SHELLY、ケーシー高峰、セルジオ越後らと共演デーブ・スペクター フレッシュアイペディアより)

  • テレビ静岡

    テレビ静岡から見たセルジオ越後セルジオ越後

    2006年からは風間八宏をナビゲーターに『日本サッカー再生計画』という番組を制作、2008年の放送では風間宏希、高木俊幸がセビージャFCのユースに短期留学する様子を放送した。それ以前はセルジオ越後をナビゲーターに欧州や南米などのサッカー事情を紹介する番組を制作していた。テレビ静岡 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見たセルジオ越後セルジオ越後

    現役引退後はジュビロ磐田のアドバイザーを務め、2009年4月5日より、テレビ朝日のサッカー情報番組『やべっちF.C.』のレギュラーになった。また、BS朝日やスカパー!などのサッカー中継での解説も務めている。テレビ朝日での中継時にはピッチ上から解説を行う。2011年のAFCアジアカップの決勝に代表されるように放送席で解説を務める松木安太郎・セルジオ越後は興奮すると我を忘れてしまうことが非常に多くなるため(居酒屋中継と言われる)、ピッチから冷静かつ的確に解説を行う名波の存在が欠かせないものとなっていた。2012年3月11日、東京ヴェルディ1969時代のチームメイトで栃木SCドリームアンバサダーを務める佐藤悠介が主催した「3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム」に選手兼監督として出場した。名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たセルジオ越後セルジオ越後

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けたことを公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • サンパウロ

    サンパウロから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後:元サッカー選手サンパウロ フレッシュアイペディアより)

  • 豊田陽平

    豊田陽平から見たセルジオ越後セルジオ越後

    日本人離れしたフィジカルとディフェンダーにもあたり負けしない身体能力を生かしたパワフルなプレースタイルが特徴。ジャーナリストの小宮良之は「とにかく横からのボールに強い。強靱でしなやかなふくらはぎと背筋を使った空中戦はアジア屈指」と評し、サッカー解説者のセルジオ越後は自身のコラムで「185cmの高さばかり注目されるけど、彼は速さと強さも高いレベルで兼ね備えている。ハーフナーよりも万能なタイプ」と評している。平岡康裕は「トヨさんはJリーグでもトップのFW。高さも、強さもあって、それに動きの速さもあるんですから。(セットプレーはマーク役を務めたが)ヘディングで競りに行くだけでも一苦労ですよ」と語っている。豊田陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 長沼健

    長沼健から見たセルジオ越後セルジオ越後

    1978年から始めて当初赤字を出したジャパンカップのスポンサー探しに、キリンビール社員で審判員だった久保田秀一に案件を依頼。久保田の尽力で長沼は岡野と共に代理店なしで当時の同社・小西秀次社長に直談判し冠スポンサーを実現させ、同大会は1980年第3回大会からキリンカップサッカーと名称変更となった。インターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)日本開催実現にも協力する。1977年、セルジオ越後らの提言を受け日本ミニサッカー連盟(現在の日本フットサル連盟)発足。長沼健 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「セルジオ越後」のニューストピックワード