88件中 71 - 80件表示
  • 東温市

    東温市から見たセルジオ越後セルジオ越後

    1992年から川内町で開かれていた「セルジオ越後杯争奪サッカー大会」を新市発足後も継続。小学生がフットサルで対戦する。同時にセルジオ越後を迎えてサッカー教室が開かれる。東温市 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のテレビ (日本)

    2016年のテレビ (日本)から見たセルジオ越後セルジオ越後

    『ネオスポ!』の後継となるスポーツ情報番組として『追跡LIVE!Sports ウォッチャー』が放送開始。週末版はピース(又吉直樹/綾部祐二)がMCを務め、キャスターを土曜を狩野恵里、日曜を秋元玲奈(いずれもテレビ東京アナウンサー)が担当。コメンテーターとして中畑清、セルジオ越後、緒方耕一(日曜のみ)、秋田豊の各氏が出演。平日版は同局アナウンサーによる日替わりキャスターが担当。2016年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のテレビ (日本)

    2014年のテレビ (日本)から見たセルジオ越後セルジオ越後

    テレビ朝日系 - 日本代表応援団長:香取慎吾、ナビゲーター:川平慈英、進行:進藤潤耶、速報!・ハイライト:竹内由恵、福田正博、他、解説:セルジオ越後、中山雅史、名波浩、松木安太郎、現地リポート:加藤泰平2014年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • H.C.栃木日光アイスバックス

    H.C.栃木日光アイスバックスから見たセルジオ越後セルジオ越後

    2006-07シーズンからサッカー評論家(元藤和不動産サッカー部)のセルジオ越後がシニアディレクターに就任。慢性的に財政難であるが、特にこのシーズンは遠征費用にも事欠く状況だったため、2006年12月に「IceBucks募金」として1口1万円の寄付を募り、翌年3月までに817万円を集めた。H.C.栃木日光アイスバックス フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たセルジオ越後セルジオ越後

    この頃より日系ブラジル人の元選手であるセルジオ越後らと共に全国で少年サッカー教室を開き、ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田武史

    岡田武史から見たセルジオ越後セルジオ越後

    岡田は今大会における目標を「ベスト4入り」と表明していたが、親善試合で結果が出せなかったことから、その目標は「非現実的」だとして国内外のマスコミに酷評され続けたほか、グループリーグの対戦相手発表を受けて、セルジオ越後や釜本邦茂、杉山茂樹などのサッカー評論家が1勝もせぬままのグループステージ敗退を予想するなど、サポーターやマスコミに渦巻く不信感と低評価の中ワールドカップ本戦に臨んだ。岡田武史 フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見たセルジオ越後セルジオ越後

    1981年から1988年にかけての『キャプテン翼』連載時には少年少女を問わず反響があり、1983年に開始されたテレビアニメの影響もあって、サッカーブームが到来した。子供たちは作品内に登場する「オーバーヘッドキック 」「ドライブシュート」「翼と岬のコンビネーションプレー」「タイガーショット」「スカイラブハリケーン」などのプレーを実際に模倣し、スポーツ用品店からはサッカーボールが品切れとなり、サッカー少年団への入部希望者が急増 するなどの社会現象が発生した。この作品に影響され、サッカーを始めた少年たちは数多く存在しており、連載開始時の1981年に行われた調査では日本サッカー協会に登録された小学生の選手数は約11万人だったのに対し、連載終了時の1988年に行われた調査では約2倍となる24万人に増加した。当時のサッカーブームについてセルジオ越後は次のように評している。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • 金田喜稔

    金田喜稔から見たセルジオ越後セルジオ越後

    これらの活動と平行し、この後1995年まで日本サッカー協会の強化委員会(現・技術委員会)委員に就任。ドーハの悲劇後の会議でハンス・オフト日本代表監督の経験不足を指摘しセルジオ越後とオフト解任を強く唱えた。また、1995年10月の加茂監督契約更新問題のときも、加藤久や田嶋幸三、今西和男らと恩師でもある加茂解任に動いた。強化委員会には代表監督を"選定する"という役割が与えられ、これが明文化もされていたにも関わらず、この結論を幹部会が退け加茂留任を幹部だけで決めた。こうした対応により、金田ら強化委員会のメンバーは全員が辞任し解散した。金田喜稔 フレッシュアイペディアより)

  • バナナマン

    バナナマンから見たセルジオ越後セルジオ越後

    キリンビバレッジ「FIRE neo」(2012年) - 岡田准一、ナイツの二人、SHELLYの6人で架空のオフィスで働く『Team neo』の一員として登場。またケーシー高峰、セルジオ越後、デーブ・スペクターとも共演している。バナナマン フレッシュアイペディアより)

  • 藤和不動産サッカー部

    藤和不動産サッカー部から見たセルジオ越後セルジオ越後

    本場ブラジルのプロ選手であったセルジオ越後を獲得する等、ブラジル出身の技巧派選手を揃え攻撃的なブラジルサッカーで席巻した事でも知られる。セルジオが去った後にアデマール・ペレイラ・マリーニョ、ジョアン・ディクソン・カルバリオ、セイハン比嘉らの活躍で、1977-1978年シーズンを史上最多得点(64得点)でJSLを初制覇すると1979-80年、1981-82シーズンと3度JSLを制覇した。また1977年、1979年と天皇杯全日本サッカー選手権大会も2度優勝した。藤和不動産サッカー部 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示

「セルジオ越後」のニューストピックワード