前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
347件中 1 - 10件表示
  • ケニー・ミラー

    ケニー・ミラーから見たセルティックFCセルティックFC

    第二次世界大戦後において、セルティックFCとレンジャーズFCの両方に所属した5人の選手の1人。センターフォワードのみならず、セカンドトップやウイング的なプレーでアシストを量産する選手として知られる。ミラーは、ハイバーニアンFCでプロ生活を開始した後、レンジャーズFCを経てフットボールリーグ・チャンピオンシップ (イングランド1部) のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCと契約し、エースとして2003年のプレーオフ優勝に貢献する。ウルヴァーハンプトンでの5シーズン後、スコットランドに戻ると、オールドファームの残り1つセルティックFCと契約し、1シーズンの在籍でスコティッシュ・プレミアシップとスコティッシュカップのタイトルを獲得。ダービー・カウンティFCでの1シーズン後、再びスコットランドに戻るとレンジャーズに復帰し、2シーズン半の在籍でリーグ戦、カップ戦、スコティッシュリーグカップのタイトルに加え、個人としてはリーグ得点王に輝いた。レンジャーズで大きな成功を収めた後、2011年1月にスュペル・リグ (トルコ1部) のブルサスポルと契約し、初めてイギリス国外へと渡ることになったが、短期間に終わり、カーディフ・シティFCと契約。カーディフでの1シーズン後、メジャーリーグサッカー (アメリカ1部) のバンクーバー・ホワイトキャップスに所属することになり、2014年6月にレンジャーズに復帰するまでプレーした。ケニー・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ロバーツ

    パトリック・ロバーツから見たセルティックFCセルティックFC

    パトリック・ジョン・ジョセフ・ロバーツ(Patrick John Joseph Roberts, 1997年2月5日 - )は、イングランド・キングストン・アポン・テムズ区出身のサッカー選手。セルティックFC所属。ポジションはミッドフィールダー。パトリック・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マロニー

    ショーン・マロニーから見たセルティックFCセルティックFC

    プロ生活を開始し、2度在籍したセルティックFCでは、公式戦200試合以上に出場しており、スコティッシュ・プレミアリーグ5回、スコティッシュカップ5回、スコティッシュリーグカップ3回と数多くの優勝を経験。個人としては、2006年にスコットランドPFA年間最優秀選手賞とに輝き、同時受賞した史上初の選手となった。なお、2度の在籍の間にプレミアリーグのアストン・ヴィラFCでプレーしている。その後、2011年にイングランドへ再び渡りウィガン・アスレティックFCに在籍し、2013年にFAカップのタイトルを獲得。2015年1月にはアメリカ合衆国のシカゴへ渡った。スコットランド代表としては、2005年の初出場以来、40試合以上に出場している。ショーン・マロニー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見たセルティックFCセルティックFC

    6月12日 - FIFAワールドカップ ドイツ大会、日本代表のグループリーグ初戦、オーストラリア戦が行われ、前半に中村俊輔(セルティックFC)のゴールで先制するものの、終了間際に逆転され1-3で敗れる。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイングランドとスコットランドのライバル関係

    サッカーにおけるイングランドとスコットランドのライバル関係から見たセルティックFCセルティックFC

    1967年の対戦はUEFA欧州選手権1968予選の一部として行われたが、この試合はスコットランドにとって、イングランド戦でのもっとも有名な勝利となった。イングランドは前年に1966 FIFAワールドカップで優勝しており、このスコットランド戦まで19戦無敗を続けていた。試合序盤にはイングランドのジャック・チャールトンが負傷したが、アルフ・ラムジー監督は規則に阻まれてJ・チャールトンを交代させられず、不慣れなセンターフォワードでプレーさせざるを得なかった。27分にスコットランドのデニス・ローが先制点を挙げ、78分にはボビー・レノックスが追加点を決めた。84分にはJ・チャールトンが1点を返したが、すぐにスコットランドのジム・マカリオグが再び2点差とする得点を挙げた。ジェフ・ハーストの得点でイングランドが再び1点差に詰め寄ったが、スコットランドが3-2で勝利した。試合終盤にはスコットランドのジム・バクスターがキーピー・ヤッピー(ボールを地面に落とさずに保持し続けること)を見せた。イングランドは他会場の結果によりUEFA欧州選手権1968本大会出場権を獲得したが、試合後、スコットランドのファンは自らが非公式サッカー世界王者であると冗談めかして主張した。ロー、バクスター、ビリー・ブレムナーなどが所属するセルティックFCは1ヶ月後にUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たした。サッカーにおけるイングランドとスコットランドのライバル関係 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・グラヴェセン

    トーマス・グラヴェセンから見たセルティックFCセルティックFC

    ドイツのハンブルガーSV、イングランドのエヴァートンFCなどを経て、2005年にはスペインのレアル・マドリードに移籍した。スコットランドのセルティックFCに所属していた2008年に現役引退した。トーマス・グラヴェセン フレッシュアイペディアより)

  • キーラン・ティアニー

    キーラン・ティアニーから見たセルティックFCセルティックFC

    キーラン・ティアニー(Kieran Tierney, 1997年6月5日 - )は、マン島、ダグラス出身のスコットランド人サッカー選手。スコットランド代表。セルティックFC所属。ポジションはディフェンダー。キーラン・ティアニー フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・ストークス

    アンソニー・ストークスから見たセルティックFCセルティックFC

    アーセナルFCでプロ生活を開始したが、2006年に期限付き移籍で在籍したフォルカークFCでリーグ戦16試合14得点を挙げて地位を確立する。その後、移籍金200万ポンドでサンダーランドAFCと契約するも、出場機会を得るのに苦労した結果、2009年8月5日に移籍金50万ポンドでハイバーニアンFCと契約してスコットランドサッカー界に復帰し、1シーズンの間に20得点以上を挙げてスコティッシュ・プレミアリーグで成功を収めた。翌シーズン開幕から程なくして、移籍金120万ポンドで少年時代の憧れのクラブであるセルティックFCと契約した。アンソニー・ストークス フレッシュアイペディアより)

  • リアム・ミラー

    リアム・ミラーから見たセルティックFCセルティックFC

    セルティックFCでキャリアを開始する。2001年のオーフスGFへの期限付き移籍を経て、2003-04シーズンから出場機会を得ており、2004年にセルティックから新契約を提示されていたものの、それを拒否して、自由契約選手としてマンチェスター・ユナイテッドFCと契約をする。マンチェスター・ユナイテッドで公式戦22試合に出場後、2005-06シーズンには期限付き移籍でリーズ・ユナイテッドAFCに加入した。リアム・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • SLベンフィカ

    SLベンフィカから見たセルティックFCセルティックFC

    2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは再びマンチェスター・Uと同組となり、またもやグループ突破をかけてマンチェスター・Uと対戦したが、今度は1-3で敗れてグループリーグ敗退となった。2007-08シーズン開幕戦後にはフェルナンド・サントス監督が解任され、カマーチョ監督がクラブと2年契約を結んでベンフィカに復帰した。2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦では、前年度のグループリーグでも対戦していたFCコペンハーゲン(デンマーク)と顔を合わせ、ホーム&アウェーの2試合ともに勝利して本選グループリーグ出場を決めた。グループリーグではミラン、FCシャフタール・ドネツク(ウクライナ)、セルティックFC(スコットランド)と対戦したが、3位でグループリーグ敗退となり、UEFAカップに回った。UEFAカップではラウンド16でヘタフェCF(スペイン)に敗れ、カマーチョ監督はその数日後に辞任した。リーグ戦ではSCブラガの後塵を拝し、トップ3でのフィニッシュを逃した。SLベンフィカ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
347件中 1 - 10件表示

「セルティック」のニューストピックワード