347件中 71 - 80件表示
  • フィル・オドネル

    フィル・オドネルから見たセルティックFCセルティックFC

    ビッグクラブから注目され、1994年9月にマザーウェルからセルティックFCへ移籍。移籍金はマザーウェルとして史上最高額だった。その後、イングランドのシェフィールド・ウェンズデイFCを経て、2004年にマザーウェルに復帰し主将を務めた。フィル・オドネル フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ファーム (デンマーク)

    ニュー・ファーム (デンマーク)から見たセルティックFCセルティックFC

    ニュー・ファーム(英 : The New Firm)は、デンマークのふたつのサッカークラブ、FCコペンハーゲンとブレンビーIFの間で行なわれるローカル・ダービーのことである。ダービーの名称はスコットランドのオールド・ファーム(レンジャーズFCとセルティックFCの対戦)に由来しており、スコットランドのアバディーンFCとダンディー・ユナイテッドFCの対戦もまたニュー・ファームと呼ばれる。FCコペンハーゲンは首都コペンハーゲンに本拠地を置き、ブレンビーIFはデンマーク首都地域の都市ブレンビー(コペンハーゲンの西約10km)に本拠地を置く。ダービーでの最大得点差試合は、2005年5月16日にブレンビー・スタディオンで行なわれた試合で記録され、ブレンビーIFが5-0で勝利した。ダービーでの歴代最多観客数は41,201人である。ニュー・ファーム (デンマーク) フレッシュアイペディアより)

  • ヨルグ・アルベルツ

    ヨルグ・アルベルツから見たセルティックFCセルティックFC

    ウォルター・スミス監督率いるレンジャーズに1996年に移籍。1996年のレンジャーズは昨シーズンまでに8連覇を達成し、1966-1977年にセルティックが成し遂げた前人未到の9連覇に肩を並べるかいなかの一世一代のシーズンであったことから、アルベルツへの期待の高さが伺える。加入後直ぐにレギュラーを獲得。ブライアン・ラウドルップ・バリー・ファーガソン・ポール・ガスコインらと共に見事9連覇に貢献。また、1997年1月のオールドファームと呼称される宿敵セルティックとの大一番で記憶に残るFKを直接ゴールに叩き込むなどファンからの人気を不動のものにした。スミス氏の後任ディック・アドフォカート監督時代はしばしばベンチを暖める試合もあったが、2001年5月には月間MVPに選出される活躍をしている。ヨルグ・アルベルツ フレッシュアイペディアより)

  • バーティー・ピーコック

    バーティー・ピーコックから見たセルティックFCセルティックFC

    1947年5月16日、生まれ故郷のクラブであるコールレーンの選手として、Connor Cup決勝の第2戦でプロデビューを果たした。チームは4-1でバリーメナ・ユナイテッドに勝利した。その後、グレントランへ移籍し、1949年にはセルティックへ移籍した。1957年、ハムデン・パークで行われたスコティッシュリーグカップ決勝でレンジャーズに7-1の記録的大差で勝利した試合で主将を務めた。セルティックでは450試合以上に出場し、スコティッシュリーグ・ディビジョンAとスコティッシュカップでも優勝を果たした。北アイルランド代表としても、中心選手として1958 FIFAワールドカップで準々決勝に進出したチームを支え、「小さな蟻」(The Little Ant)と呼ばれた。北アイルランド代表では31試合に出場し、2得点を記録した。バーティー・ピーコック フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・マクレアー

    ブライアン・マクレアーから見たセルティックFCセルティックFC

    マクレアーは1980年に高校を卒業と同時にアストン・ヴィラFCで選手経歴を開始したが、出場機会を得ることは出来ず、1年で退団し、スコットランドのマザーウェルFCへ移籍した。マザーウェルではレギュラーに定着し、2シーズンの間に15得点を記録すると、1983年に?100,000の移籍金で、強豪のセルティックFCへ移籍した。セルティックでは4シーズン在籍し、リーグ戦145試合に出場し99得点を記録、1986-87シーズンには44試合で35得点を挙げる活躍を見せ、スコットランドPFA年間最優秀選手賞とスコットランドFWA年間最優秀選手賞を同時受賞した。ブライアン・マクレアー フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校サッカー選手権大会

    第75回全国高等学校サッカー選手権大会から見たセルティックFCセルティックFC

    中村俊輔(桐光学園→横浜M/横浜FM→レッジーナ→セルティック→エスパニョール→横浜FM)第75回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・カニンガム

    アンディ・カニンガムから見たセルティックFCセルティックFC

    1918-19シーズンで定位置を確保するまでは監督のウィリアム・ウィルトンによって不定期に使われる選手であった。最終的にレンジャーズでは389試合182得点、リーグタイトルを7回獲得し、1928年のスコティッシュカップの決勝戦ではセルティックFCを4-0で倒す快挙を成し遂げ、彼はその時のフィールドプレーヤーであった。アンディ・カニンガム フレッシュアイペディアより)

  • 佐熊裕和

    佐熊裕和から見たセルティックFCセルティックFC

    中村俊輔(横浜F・マリノス、レッジーナ・カルチョ、セルティックFC、RCDエスパニョール) - 元日本代表佐熊裕和 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウォンテッド

    ザ・ウォンテッドから見たセルティックFCセルティックFC

    イングランド、ノッティンガムシャー出身。身長186cm。瞳の色はブルー。13歳の頃からダンススクールに通っていた。 セルティックFCのファン。ペットでオオトカゲを飼っている。tomという双子の兄弟がいる。(二卵性)ザ・ウォンテッド フレッシュアイペディアより)

  • コロネーションカップ (サッカー)

    コロネーションカップ (サッカー)から見たセルティックFCセルティックFC

    1回戦は基本としてスコットランド対イングランドのクラブ同士の対戦で、セルティックが優勝をあげた。コロネーションカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

347件中 71 - 80件表示

「セルティック」のニューストピックワード