116件中 81 - 90件表示
  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たブラウブリッツ秋田

    ブラウブリッツ秋田から菅原太郎、V・ファーレン長崎から宮尾勇輝が移籍。新人3人がソニー仙台に加入した。しかし東日本大震災で多賀城市にあるソニー仙台テクノロジーセンターやその周辺が津波で壊滅的な被害に遭ったことにより、リーグ戦参加の目処がたたなくなったため、前期7節から17節までのリーグ戦参加をとりやめ、後期第1節よりリーグ戦に参加することとなった。チームは2ヶ月間練習できず、全体練習が始まったのが震災から2ヶ月たった5月の中旬だった。そして7月3日の後期第1節のアルテ高崎戦よりリーグ戦に復帰した。しかし2ヶ月のブランクは予想以上に大きく、後期開幕後しばらく勝利をあげられず、初勝利が9月23日の町田ゼルビア戦だった。その後も雷雨や台風の影響で順延になった試合が10月に組み込まれ、10月から11月に週2回の試合が連続したこともあり、選手の疲労が濃くなってしまい、なかなか勝利をあげられず結局後期だけ参加のリーグ戦は最下位の18位(災害復興支援試合を含めると17位)となった。本来なら地域リーグに自動降格になるが、町田ゼルビア、松本山雅FCのJ2加盟とジェフリザーブズのチーム解散があって、辛うじてJFL残留となった。シーズン終了後、監督の田端とフィジカルコーチの片桐幹雄が退任、長年ソニー仙台でプレーした本多進司が現役引退。菅原太郎もHOYO AC ELAN大分へ移籍をはじめ、麻生耕平と花渕修平が退団。 遠藤大志はGKコーチ専任となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たアスルクラロ沼津

    三浦祐希、五十嵐亘、鈴木翔大、平野篤志、藤原元輝、古川裕貴の大卒選手6人が加入した。1stステージは6勝4分4敗の勝ち点23の7位。岩手国体では優勝した静岡県(アスルクラロ沼津)に敗れて準優勝に終わった。2ndステージは第5節から15節まで11連勝を飾り、11勝1分3敗と勝ち点34としたものの2ndステージ優勝のホンダFCに勝ち点2差及ばず2位となり、リーグ連覇は叶わなかった。シーズン終了後に、長年ソニー仙台に在籍した村田純平はじめ大瀧義史、佐藤秀行、細見諒とGKコーチの遠藤大志がチームを離れた。さらに松藤と前澤がJ3に昇格したアスルクラロ沼津に移籍した。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ

    ブラウブリッツ秋田から菅原太郎、V・ファーレン長崎から宮尾勇輝が移籍。新人3人がソニー仙台に加入した。しかし東日本大震災で多賀城市にあるソニー仙台テクノロジーセンターやその周辺が津波で壊滅的な被害に遭ったことにより、リーグ戦参加の目処がたたなくなったため、前期7節から17節までのリーグ戦参加をとりやめ、後期第1節よりリーグ戦に参加することとなった。チームは2ヶ月間練習できず、全体練習が始まったのが震災から2ヶ月たった5月の中旬だった。そして7月3日の後期第1節のアルテ高崎戦よりリーグ戦に復帰した。しかし2ヶ月のブランクは予想以上に大きく、後期開幕後しばらく勝利をあげられず、初勝利が9月23日の町田ゼルビア戦だった。その後も雷雨や台風の影響で順延になった試合が10月に組み込まれ、10月から11月に週2回の試合が連続したこともあり、選手の疲労が濃くなってしまい、なかなか勝利をあげられず結局後期だけ参加のリーグ戦は最下位の18位(災害復興支援試合を含めると17位)となった。本来なら地域リーグに自動降格になるが、町田ゼルビア、松本山雅FCのJ2加盟とジェフリザーブズのチーム解散があって、辛うじてJFL残留となった。シーズン終了後、監督の田端とフィジカルコーチの片桐幹雄が退任、長年ソニー仙台でプレーした本多進司が現役引退。菅原太郎もHOYO AC ELAN大分へ移籍をはじめ、麻生耕平と花渕修平が退団。 遠藤大志はGKコーチ専任となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た仙塩

    チーム所在地は、仙台市都心部から見て北東郊外の多賀城市。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)であり、宮城県サッカー場(利府町)、七ヶ浜サッカースタジアム(七ヶ浜町)でもホームゲームが開催される。すなわち、旧宮城郡地域(仙塩地区)を主な活動地域とするチームである。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たヴァンラーレ八戸

    前年同様松藤正伸、前澤甲気、秋元佑太、金子貴裕、有間潤ら大勢の大卒選手が加入。しかし開幕したばかりの4月に不老祐介が都合によりソニー仙台からの退団が発表された。1stステージ開幕より無敗で進み一時は首位に立つも終盤の第13節Honda FC戦で初黒星を喫すると次の第14節FC大阪戦で引き分けとなり、同じ東北のヴァンラーレ八戸に得失点差で首位を譲ってしまい、1stステージ最終節の奈良クラブ戦で勝利したものの、前日に勝利した八戸に得失点差及ばず2位で終わった。さらに8月23日の天皇杯宮城県代表決定戦で仙台大学に1-3で敗れて、10年ぶりに天皇杯出場を逃した。2ndステージは当初から好調で11勝4分けの無敗で初のステージ優勝を飾った。そしてJFLチャンピオンシップはヴァンラーレ八戸相手に2戦合計で1-1となり、延長戦でも決着が付かず、PK戦の末5-4で勝利し、JFL参加17年目(旧JFL時代も含めると全国リーグ参加18年目)にして初のリーグ優勝を果たした。シーズン終了後に松岡祐介、澤口泉、前田和之、田中豪紀、川口大起の5人がチームを離れた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たジャパンフットボールリーグ

    1968年にソニー株式会社仙台テクノロジーセンターのサッカー同好会として発足。同年、宮城県実業団リーグに加盟し、長年宮城県リーグを主として活動。1997年度の全国地域リーグ決勝大会で優勝し、ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)昇格を果たした。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た仙台ダービー

    2010年の天皇杯の2回戦にてベガルタ仙台との12年ぶり3回目の「仙台ダービー」が実現、延長の末ダービー戦初勝利を上げ、3回戦へ進出した。この年の天皇杯は1回戦の2日後に2回戦が行われるという過密日程であった。その上、1回戦に勝ったチームの相手は全て大会シードのJリーグチームであるという、アマチュアチームにとって大きなコンディション差を強いられたトーナメント設定であった。更に1回戦の福島ユナイテッドFC戦では延長を含む120分間の試合を行っており、不利な状況であったにも関わらず、選手は相手に引けを取らない動きを見せ、延長後半、途中出場の桐田英樹が大瀧義史からの浮いたパスを頭で合わせて、決勝点を挙げた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    川口大紀、吉田吏玖、細見諒、田中豪紀、内野裕太の大卒選手5人が加入した。1stステージは4位、2ndステージは5位で年間順位も5位で終わったものの天皇杯2回戦では鹿島アントラーズに2-2でPK戦の末勝利し、前年の雪辱を果たした。そして内野が新人ながら12得点で得点ランキング3位に食い込み新人王を獲得。シーズン終了後、2003年から12年間在籍した桐田英樹を初めとして、元木数馬、宮尾勇輝、李澤忍治、布施有太の5人がチームを離れた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た宮城県サッカー場

    チーム所在地は、仙台市都心部から見て北東郊外の多賀城市。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)であり、宮城県サッカー場(利府町)、七ヶ浜サッカースタジアム(七ヶ浜町)でもホームゲームが開催される。すなわち、旧宮城郡地域(仙塩地区)を主な活動地域とするチームである。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た泉区 (仙台市)

    チーム所在地は、仙台市都心部から見て北東郊外の多賀城市。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)であり、宮城県サッカー場(利府町)、七ヶ浜サッカースタジアム(七ヶ浜町)でもホームゲームが開催される。すなわち、旧宮城郡地域(仙塩地区)を主な活動地域とするチームである。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「ソニー仙台FC」のニューストピックワード