ソフトウェア ニュース&Wiki etc.

ソフトウェア()は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す。ソフトウェアは、一般的にはワープロソフトなど特定の作業や業務を目的としたアプリケーションソフトウェア(応用ソフトウェア、アプリ)と、ハードウェアの管理や基本的… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ソフトウェア」のつながり調べ

  • Key Sounds Label

    Key Sounds Labelから見たソフトウェア

    インディーズレーベルであるKey Sounds Label(ビジュアルアーツ)発売,販売するCDはソフトウェア扱いとなっているため、一般CD店舗での販売は一部に限られ、アニメショップ・パソコンソフト取扱店での販売が主となる。その対策として、同一のCDをビジュアルアーツとポニーキャニオンの、2つの異なったブランドから販売されたことがあった。ポニーキャニオンで販売される作品は音楽CDとして扱われるため、ソフトウェア扱いのCDを販売しない一般CD店舗でも購入ができる。現在では一部のCDでKSLM型番を音楽流通版として販売している。また最近では、CD生産終了品も含めiTunes Storeにて一部楽曲のダウンロード販売も行っている。(Key Sounds Label フレッシュアイペディアより)

  • コミュニティメモリ

    コミュニティメモリから見たソフトウェア

    コミュニティメモリはサンフランシスコのプロジェクト・ワンにあるリソース・ワン・コンピュータセンター内のコミュニティメモリプロジェクトで活動していたエフレム・リプキン、マーク・シュパコフスキー、によって作られた。このコンピュータに精通した友達・パートナーで結成されたグループはコミュニティ情報のソースとして機能するシンプルなシステムの製作を模索していた。フェルゼンスタインは、リプキンはソフトウェア、シュパコスキーはユーザインターフェースとデータ管理を担当した。コミュニティメモリの第一期(1973年-1975年)は情報交換にコンピュータを活用することに対する人々の反応を見るための実験で、当時、コンピュータに直接触れる人物はほんの僅かだった。コミュニティメモリはバークレーのコミュニティを強化するのに役立つツールとして構想されており、カタログには「通信の強力で自由な非階層チャネルは、それがコンピュータとモデム、ペンとインク、電話、対面を問わず、我々のコミュニティの再生と活性化のための最前線である」と書かれていた。(コミュニティメモリ フレッシュアイペディアより)

「ソフトウェア」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ