282件中 161 - 170件表示
  • 大崎郁三の事件散歩

    大崎郁三の事件散歩から見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    坂上 敏行 - 上島竜兵(ダチョウ倶楽部大崎郁三の事件散歩 フレッシュアイペディアより)

  • さんまのナンでもダービー

    さんまのナンでもダービーから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    文字通り、お笑い芸人が3 - 4人1チームで氷上(雪上)に設置された障害物をよけながら着順を競うリレー。レギュラー前のスペシャル特番では、第1回と第3回に実施され、レギュラー定着後も何回か行われている。いずれのレースも、極楽とんぼ(レギュラー放送時は前説を担当)、ダチョウ倶楽部、たけし軍団、大川興業(江頭2:50を含む)、ココリコ、ネプチューン、さまぁ〜ず(当時はバカルディ名義)、電撃ネットワークなど、現在も活動を続けるお笑い芸人が参加する貴重なレースとなった。第1回では予想屋のさんまが、「お笑い対抗のレースなので、勝ちにこだわるよりも笑いに走ろうとするやつが出てくる」と大御所らしい読みを展開する。さんま本人はそのチームをたけし軍団と読み、「ダチョウ倶楽部は、やる時はまじめにやるという人間性の持ち主」と本命視するが、この2チームは終始笑いに走り、トップ争いに絡むことはなかった。さんまのナンでもダービー フレッシュアイペディアより)

  • Lightning (雑誌)

    Lightning (雑誌)から見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    読者向けのイベントとして、2005年より「稲妻フェスティバル」を開催。誌面に登場するアパレルブランドなどが出店する巨大なフリーマーケットやアーティストのライブなどを行っている。ゲストは2005年がクレイジーケンバンド、2006年がブライアン・セッツァー、2007年がケイソン。司会には誌面で連載を持つダチョウ倶楽部の寺門ジモンやスマイリーキクチらが登場。同じ枻出版社が発行するハーレー専門誌「クラブ・ハーレー」との共同開催のため、ハーレー乗りのためのイベントという側面も持つ。Lightning (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コント

    月刊コントから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    出演者:ザ・プラン9×間寛平×福本愛菜、ダチョウ倶楽部(太田プロダクション)、ミサイルマン、モンスターエンジン、アキナ、アインシュタイン、バイク川崎バイク、シソンヌ、佐藤&レイチェル(佐藤太一郎、レイチェル)、トレンディエンジェル、アキ(吉本新喜劇)、黒沢かずこ(森三中)、岡田直子、井上安世月刊コント フレッシュアイペディアより)

  • FNS27時間テレビ (2014年)

    FNS27時間テレビ (2014年)から見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    出演:三田友梨佳・山?夕貴(いずれもフジテレビアナウンサー)、港浩一、ダチョウ倶楽部(肥後克広・上島竜兵・寺門ジモン)、山崎弘也FNS27時間テレビ (2014年) フレッシュアイペディアより)

  • ほんとにあった怖い話

    ほんとにあった怖い話から見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    霊を招く波長(主演:寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)、共演:伊藤正之、ノンキー山崎、佐藤ルル 脚本:三宅隆太 演出:鶴田法男)※本人の体験ほんとにあった怖い話 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンヤン歌うスタジオ

    ヤンヤン歌うスタジオから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    ダチョウ倶楽部 - 出演当時は南部虎弾を含めた4人組だった。ヤンヤン歌うスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 〆さば

    〆さばから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    「ダッチョ倶楽部」:ダチョウ倶楽部のパロディー〆さば フレッシュアイペディアより)

  • 高田文夫のラジオビバリー昼ズ

    高田文夫のラジオビバリー昼ズから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    8月3日から7日までの間は高田が夏休みを取ったため、3日はダチョウ倶楽部の上島竜兵、6日は南海キャンディーズの山里亮太が助っ人としてパーソナリティを務めた(他のレギュラー陣はそのまま)。高田文夫のラジオビバリー昼ズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパージョッキー

    スーパージョッキーから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    フライデー襲撃事件のため、たけしの他軍団主要メンバーが総じて謹慎することになった1986年12月 - 1987年8月までの8か月間に関しては、襲撃事件に参加しなかったつまみ枝豆と井手らっきょとラッシャー板前の3名を「留守番隊」と称して「ガンバルマン」コーナーの中心に据え、不在だったたけし軍団の代役としてダチョウ倶楽部と当時太田プロ所属であった大川興業らが「ガンバルマン」などのコーナーに参加していた。その後、ダチョウ倶楽部は1987年4月、不起訴が決定して一足先に復帰したたけし軍団と交代で番組から一時離れるが、1991年、ビートきよし・石倉三郎・水野晴郎が降板したことに伴い、今度は正式のレギュラーとして番組に復帰、同時に松村邦洋・蛭子能収も新たにレギュラーとなった。スーパージョッキー フレッシュアイペディアより)

282件中 161 - 170件表示

「ダチョウ倶楽部」のニューストピックワード