1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • サッカースペイン代表

    サッカースペイン代表から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2006 FIFAワールドカップでの敗退後、アラゴネス監督は、後にティキ・タカと呼ばれることになるショートパス主体で選手の連動性を重視したパスサッカースタイルの確立を推し進めた。ガーディアン紙のラファエル・ホーニヒシュタンは「トータル・フットボールの重要な改良であり、選手のポジション変更を当てにした戦術である」と表現した。当初は非常に苦しんだUEFA EURO 2008予選でも、2007年ころからは次第に調子を上げていき、最終的には獲得可能な勝点36のうち28を獲得して本大会出場を決めた。スイスとオーストリアで共催されたUEFA EURO 2008本大会では第12位のシード順だったが、ロシアに4-1で、スウェーデンと前回王者のギリシャに2-1で勝利してグループDを首位通過した。準々決勝のイタリア戦はスコアレスドローの結果行われたPK戦に4-2で勝利し、準決勝では再びロシアと対戦して3-0で勝利した。ウィーンのエルンスト・ハッペル・シュタディオンで行なわれたドイツとの決勝では、フェルナンド・トーレスが33分に試合唯一の得点を挙げて1-0で勝利。1964年以来となる主要大会制覇を果たした。スペインは各国中最多の12得点を挙げ、4得点のダビド・ビジャが得点王となった。シャビが大会最優秀選手賞を受賞し、スペインから9人もの選手がチーム・オブ・ザ・トーナメントに選出された。サッカースペイン代表 フレッシュアイペディアより)

  • FCバルセロナ

    FCバルセロナから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2009年夏の移籍市場ではエトオとのトレードでズラタン・イブラヒモビッチを獲得したほか、マクスウェル、ドミトロ・チグリンスキーを獲得。2009-10シーズンはUEFAスーパーカップ優勝、スーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝、FIFAクラブワールドカップ2009優勝を果たして史上初の年間6冠を達成したほか、リーガ・エスパニョーラ2連覇を達成した。2010年夏の移籍市場ではダビド・ビジャを獲得するも、同年6月30日をもってラポルタは任期満了に伴い会長職を退任した。FCバルセロナ フレッシュアイペディアより)

  • 本田圭佑

    本田圭佑から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会敗退直後、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督より「天才」「ここまでのベストプレーヤー」「間違いなくトップレベル」「日本のさらなる成長のためには本田のように能力が揃っているクローン選手を育成するべき、それが無理なら本田をさらに活かすためにビジャのような相棒を探すべき」との絶賛を受けた。FIFAの技術研究グループが作成したW杯南アフリカ大会の報告書では、松井大輔とともにドリブル技術が高いと評価された。10月には世界的なサッカー情報サイト「goal.com」が「アジア人最高のサッカー選手」と称える記事を掲載した。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕也 (サッカー選手)

    久保裕也 (サッカー選手)から見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    憧れの選手には、スペイン代表FWのダビド・ビジャや柳沢敦の名前を挙げている。久保裕也 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • セルジ・ロベルト

    セルジ・ロベルトから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2009-2010シーズンよりバルサBでプレーし始める。順調にバルサBでの出場機会を得ると、2010年11月10日のスペイン国王杯のセウタ戦にてトップチームデビューを果たす。また、同シーズンの4月27日にチャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリード戦にてビジャと交代でチャンピオンズリーグデビューすると共にクラシコデビューした。セルジ・ロベルト フレッシュアイペディアより)

  • フアン・イサーク・クエンカ・ロペス

    フアン・イサーク・クエンカ・ロペスから見たダビド・ビジャダビド・ビジャ

    2011-12シーズン、バルセロナに復帰すると、リザーブチームであるFCバルセロナBに所属し、更にプレシーズンの遠征ではトップチームに帯同した。2011年10月19日、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節FCヴィクトリア・プルゼニ戦において、トップチームの公式戦に初出場を果たすと、10月25日のリーガ・エスパニョーラ・グラナダCF戦では先発出場しそのままフル出場を果たし、10月29日のマジョルカ戦では公式戦初得点を記録している。その後もトップチームのダビド・ビジャやアレクシス・サンチェスに故障が相次いだこともあり、下部組織の所属ながらトップチームにずっと帯同した。2012年1月28日、2015年までの契約延長に合意し、トップチーム契約を結んだことが発表され、2月1日、違約金2000万ユーロ、2015年までの契約と正式に契約延長が発表された。フアン・イサーク・クエンカ・ロペス フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「ダビド・ビジャ」のニューストピックワード