前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1130件中 1 - 10件表示
  • 西蔵

    西蔵から見たチベットチベット

    西蔵(せいぞう/シーツァンXīzàng)は歴史的チベットのうち、アムドやカムを除く、西南部2分の1程度を占める部分に対する中国語による呼称として成立した、地域概念の用語。元代より康熙中期ごろまで用いられた烏斯蔵に代わり、康熙末年ごろより使用され始めた地域概念である。その後、中国以外の漢字圏でこの表記がとりいれられ、あるいは中国国外在住の中国語話者たちが発信するチベット関連の情報において、中国における概念・用法にあわせてチベットの一部として、もしくは中国における概念・用法とは別個に全チベットの総称として、使用されるようになった。本来の、および派生した概念・用法の主要なものは、以下のとおり。西蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 支那

    支那から見たチベットチベット

    辛亥革命以前の共和主義運動の中では、漢人民族主義や、清朝の領土のうち漢人の土地の部分(中国本部、チャイナ・プロパー)のみを領土とする国家を追求する主張もみられたが、1911年(明治44年)以降、実際に共和政権が樹立されるにあたっては、モンゴル、チベット、東トルキスタン、満洲などを含む、清朝の遺領をそのまま枠組みとする領域が領土として主張され、また「中国」という多民族国家がこの領域を単位として古来から一貫して存在してきたという歴史認識が採用されることになった。清朝を打倒して成立した中華民国は、「シナ」だけでなく、その周辺のモンゴル、チベット、東トルキスタン等もその領土として主張したため、厳密に言えば、支那(シナ)と中国は、領域も住人も、その範囲には著しい相違がある。中国では、シナとその周辺の諸地域、諸民族が古くから一体の「中国」を形成してきた、という歴史認識を採用したため、シナの部分だけを指す、王朝や政権の変遷を超えた、通時的な国号を別途に設けることはしなかった。支那 フレッシュアイペディアより)

  • パスパ文字

    パスパ文字から見たチベットチベット

    パスパ文字は発明から100年間ほどしか使われなかったが、チベットでは1642年に発足したガンデンポタン政権のもとで、ダライ・ラマがチベット・ハルハ・オイラトなどの諸国のモンゴル人王公たちに称号を授与する際、印章に称号を刻むための文字として採用された。パスパ文字 フレッシュアイペディアより)

  • 日本山岳会

    日本山岳会から見たチベットチベット

    1980年(昭和55年)5月 チベット・ヒマラヤ/エベレスト(チョモランマ、8,848m)北壁《初登攀》、チベット側からの外国人初登頂 日本山岳会チョモランマ登山隊(隊長渡辺兵力)、加藤保男、重廣恒夫ら日本山岳会 フレッシュアイペディアより)

  • 支那

    支那から見たチベットチベット

    辛亥革命以前の共和主義運動の中では、漢人民族主義や、清朝の領土のうち漢人の土地の部分(中国本部、チャイナ・プロパー)のみを領土とする国家を追求する主張もみられたが、1911年(明治44年)以降、実際に共和政権が樹立されるにあたっては、モンゴル、チベット、東トルキスタン、満洲などを含む、清朝の遺領をそのまま枠組みとする領域が領土として主張され、また「中国」という多民族国家がこの領域を単位として古来から一貫して存在してきたという歴史認識が採用されることになった。支那 フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループD (Y染色体)

    ハプログループD (Y染色体)から見たチベットチベット

    ハプログループDは、今より約6万年前にアフリカ-イラン-中央アジアのいずれかにおいてハプログループDEから分岐し、内陸ルートを通って東アジアへ向かったと考えられている。現在、このハプログループDは、日本列島・南西諸島やアンダマン諸島、チベット高原で高頻度に観察されるほかはアジアの極めて限られた地域でしか見つかっていない。地球上でハプログループDが人口比に対して高頻度で見つかるのは日本・チベット・ヤオ族・アンダマン諸島などである。日本ではD1b、チベットではD1a、アンダマン諸島ではD1*(D-Y34637)が高頻度である。これらのハプログループは、同じハプログループD1に属していても、サブグループが異なるため、分岐してから3.5?4万年の年月が経ていることを示している 。(「*」は同じ変異を持つ人が見つかっていないという意味であり、まとまりを意味するものではない)ハプログループD (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • チベットの歴史

    チベットの歴史から見たチベットチベット

    チベットの歴史(チベットのれきし)では、7世紀に吐蕃王朝によるチベット高原の統合に成立したチベットの、現代にいたるまでの歴史通史を概説する。チベットの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • チャムド市

    チャムド市から見たチベットチベット

    四川省のカンゼ・チベット族自治州、雲南省デチェン・チベット族自治州とともに、チベットの伝統的な地方区分カム地方を構成し、その住人を「カムパ(khams pa, 康巴)」と称する。チャムド市 フレッシュアイペディアより)

  • 大チベット

    大チベットから見たチベットチベット

    大チベット(プー・チェンボ、??????????、bod chen po)は、9世紀にチベットと中国が講和した長慶の会盟の際に、チベットの国号として使用された呼称で、大蕃と漢語表記された。大チベット フレッシュアイペディアより)

  • 中央アジア

    中央アジアから見たチベットチベット

    広義には、「アジアの中央部」を意味し、東西トルキスタンのほか、カザフステップ、ジュンガル盆地、チベット、モンゴル高原、アフガニスタン北部、イラン東部、南ロシア草原を含む。UNESCOはトルキスタン以外にも、モンゴル地域、チベット地域、アフガニスタン、イラン北東部、パキスタン北部、インド北部、ロシアのシベリア南部などを中央アジア概念の中に含めている。中央アジア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1130件中 1 - 10件表示

「チベット自治区」のニューストピックワード