138件中 121 - 130件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た特撮

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た2インチVTR

    ビデオは、1956年にアメリカ合衆国で2インチVTRが開発され、2年後の1958年には、日本に初輸入され、国産のビデオも開発された。同年6月、大阪テレビ放送(OTV、現・ABC)の『ちんどん屋の天使』において、日本で初めてテレビドラマにビデオテープが使用された。そして同年10月、ラジオ東京テレビ(KRT、現・TBS)の『私は貝になりたい』(主演:フランキー堺)では、本格的にビデオ録画が実用化され、技術的な先駈けとなった。また、その年の芸術祭賞を受賞し、それまで「電気紙芝居」と酷評されたテレビドラマが初めて人を感動させたとして、テレビドラマ史上に残る重要作品と位置付けられている。当初はビデオ機材もビデオテープも高価だったが、やがて普及していき、ドラマも生放送から収録する形態へと変わっていった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た児童

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た肝っ玉かあさん

    テレパック - TBSや渡辺プロダクションなどの出資によって設立。1970年代は『肝っ玉かあさん』や『ありがとう』などホームドラマの制作を得意分野としていたが、『男女7人夏物語』や『男女7人秋物語』など恋愛ものの作品も手掛けた。近年は2時間ドラマの制作を主軸とする。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た夕餉前

    1940年4月、テレビの実験放送で放送された『夕餉前』(脚本:伊馬鵜平)が、日本初のテレビドラマとされている。当時のスタジオは非常に狭く、またアイコノスコープ方式のカメラを使用していたため、俳優は、時に木材や紙などを発火させるほど強い照明に耐えなければならないなど、技術的制約が多い状況だった。同年10月には実験放送第2作『謡と代用品』が放送されたが、太平洋戦争(1941年12月8日勃発)のために11年中断後、1952年に再開。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)

    C.A.L - 時代劇を主とする。代表作は『水戸黄門』と『大岡越前』、『木枯し紋次郎』。また、『走れ!ケー100』など現代劇の製作も手掛けた。東映京都撮影所に孫受けさせる例が多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たファッション

    日本では、一日を通してテレビドラマが放映されている。中でも、午後8時から10時台に放送されるテレビドラマは視聴率が高く、予算も高額で、他の時間帯に比べ質も高いとされる。時の人気俳優や人気タレントも多く出演し、時の流行やファッション等、多方面に渡って社会に大きな影響を及ぼす作品も少なくない。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た映画

    大きな人気や高い評価を受けた作品の場合、新たに劇場公開用の映画作品として製作されることがある。テレビ放送初期は『三匹の侍』、『若者たち』のようなテレビ局のディレクターが映画版でも監督を務めるなどの一部スタッフの関わりを除けばテレビ局が関与しないことがほとんどであったが(テレビドラマ作品を「原作」として扱った)、1969年に映画『御用金』でフジテレビがテレビ局として初めて映画製作を手がけたことを皮切りに、テレビ局は映画事業に本格的に進出。現在ではテレビ局が主体となってテレビドラマ作品(特に連続ドラマ)の世界観を継承した新たなエピソードを、映画作品として製作するケースが多くみられる。その一方で近年では、テレビドラマ作品そのものが、再編集を経るか、またはそのままの形で劇場公開されるケースもある(単発ドラマにみられる)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た金曜日の妻たちへ

    ドリマックス・テレビジョン - 松竹の映画監督木下恵介とTBSなどが、1964年に「木下恵介プロダクション」として創立。設立当初からTBSと密接的な関係を持ち、『木下恵介アワー』や『木下恵介・人間の歌シリーズ』といった放送枠を設けていた。その後「木下プロダクション」に社名を変更してからも『金曜日の妻たちへシリーズ』や『サラリーマン金太郎』などのヒット作を生み出した。2002年にTBSの連結子会社となったのを機に、現在の「ドリマックス・テレビジョン」という社名に変更した。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た男女7人秋物語

    テレパック - TBSや渡辺プロダクションなどの出資によって設立。1970年代は『肝っ玉かあさん』や『ありがとう』などホームドラマの制作を得意分野としていたが、『男女7人夏物語』や『男女7人秋物語』など恋愛ものの作品も手掛けた。近年は2時間ドラマの制作を主軸とする。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

138件中 121 - 130件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード