292件中 101 - 110件表示
  • 6月22日

    6月22日から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年 - FIFAワールドカップメキシコ大会準々決勝で、ディエゴ・マラドーナの「神の手ゴール」と5人抜きの「世紀のゴール」により2対1でアルゼンチンがイングランドに勝利。(:en:Argentina v England (1986 FIFA World Cup quarter-final))6月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 阪田由美子

    阪田由美子から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アリシア・オルティズ『マラドーナ 新たなる神話への挑戦 最後のスーパースター』徳間書店 1994阪田由美子 フレッシュアイペディアより)

  • ロス:タイム:ライフ

    ロス:タイム:ライフから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    人生はサッカーであり、サッカーこそ、人生 - 元アルゼンチン代表 D・マラディーノロス:タイム:ライフ フレッシュアイペディアより)

  • トミスラヴ・イヴコヴィッチ

    トミスラヴ・イヴコヴィッチから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1985年オーストリアのFCチロル・インスブルックへ移籍。1988年に退団した後、ヴィーナーSC、KRCヘンクを経て、1989年にポルトガルのスポルティングCPへ移籍した。移籍初年度のUEFAカップ・SSCナポリ戦では、当時ナポリに所属していたディエゴ・マラドーナに対し「PKが決まったら100ドルやる、止めたら100ドルよこせ」と話しかけ、動揺したマラドーナはPKを外したというエピソードが残っている。トミスラヴ・イヴコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・カンペストリーニ

    クリスティアン・カンペストリーニから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集された。5月21日のパナマ戦で途中出場し、代表初出場を記録した。クリスティアン・カンペストリーニ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー文化

    サッカー文化から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1994年、1994 FIFAワールドカップの大会期間中にアルゼンチン代表だったディエゴ・マラドーナの体内から禁止薬物のエフェドリンが検出され、無期限の出場停止を命じられて同大会から追放された。その後、ドーピングについては、FIFAが2002年のFIFAワールドカップから自身開催の国際大会で血液検査を、各国サッカー協会が独自に尿検査を行っている。サッカー文化 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・マテウ

    カルロス・マテウから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2010年1月、コスタリカとの親善試合でディエゴ・マラドーナ監督率いるアルゼンチン代表に初招集される。カルロス・マテウ フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・デフェデリコ

    マティアス・デフェデリコから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集され、2009年5月21日のパナマ戦で初出場と初得点を記録した。マティアス・デフェデリコ フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    独立当時は「偉大な田舎」と呼ばれる人口5万人程の小さな町だったが、サルミエント (Sarmiento) 政権による欧州化、文明化政策の実施以降数多くの移民がイタリア・スペインなどから渡来し、中南米の中でも最も欧州的な街になった。かの有名なアルゼンチン・タンゴはこの街のボカ地区で育った。また、サッカーが盛んなことでも有名で、ディエゴ・マラドーナが在籍したボカ・ジュニアーズやCAリーベル・プレートなど名門チームを数多く擁する。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルフォンシン政権は軍政の負の遺産とでもいうべき莫大な対外債務やハイパー・インフレ、さらには軍政時代に人権侵害を行った軍人の処遇やチリとの領土問題、マルビーナス戦争による国際的孤立など複雑な問題への対処を迫られた。1984年11月にはそれまで何度も一触即発の危機に陥っていたチリのアウグスト・ピノチェト政権と、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の仲介により平和条約を結び、ビーグル水道のピクトン島・レノックス島・ヌエバ島のチリ領有を認める大幅な譲歩を行うことで、平和路線を国外に印象付けた。さらにこのような平和路線を続け、ブラジルが1985年3月に民政移管すると、11月にジョゼ・サルネイ大統領と首脳会談を行い、翌1986年7月にはアルゼンチン・ブラジル統合議定書に調印して両国の長年に渡る敵対関係に終止符が打たれた。1985年5月にはアウストラル計画を実行し、インフレ抑制に務めようとし、一定の成果を挙げた。同年12月にはビデラ将軍を初めとする軍人5名に有罪判決が下り、ラテンアメリカ史上初の文民による軍人への裁きが実現したが、このことは軍内の反発を呼び、未遂に終わったものの1987年4月と、1988年の1月と11月の3度に渡り軍部の反乱が起きることになった。しかし、全体としてアルフォンシンは軍部を文民の統制下に置き、大規模な軍縮を実現した。1986年にメキシコで開催されたワールドカップではディエゴ・マラドーナの特筆されるべき活躍により、アルゼンチンは2度目の優勝を果たし、軍事政権の負の遺産に苦しむ国民に大きな希望を与えた。順調かと思われたアウストラル計画は徐々に無理が露呈し、1989年になると、再びインフレが加速した。こうした事態に対処できなかったアルフォンシンは任期を5ヶ月残しての異例の退陣を行った。アルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

292件中 101 - 110件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード