1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • リック・ガトームソン

    リック・ガトームソンから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    5月25日、対楽天戦(明治神宮野球場)にて、プロ野球史上72人目(83回目、交流戦では初)となるノーヒットノーランを達成。許したランナーは遊撃の失策(1回)と四球(5回)による2人。マイナー時代を含めて自身初の完封がノーヒットノーランとなった。しかしこの快挙の翌日には、外国人枠の関係で採用していた変則ローテーションのためディッキー・ゴンザレスと入れ替わりに登録を抹消されている。リック・ガトームソン フレッシュアイペディアより)

  • 岡田幸文

    岡田幸文から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    初打席:同上、2回裏にディッキー・ゴンザレスから一塁ゴロ岡田幸文 フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    2009年、ヤクルトスワローズからディッキー・ゴンザレスが巨人に移籍。翌10年に巨人は、パドレスをFAになっていた、エドガー・ゴンザレスを獲得したため、後者の登録名をエドガーとした。エドガーはシーズン終了後に自由契約で退団したものの、2年後の5月14日に再び巨人に入団した。この時も、まだディッキーが在籍していたため、登録名が再びエドガーとされた。同じ選手同士が2度、同じチームに所属するという珍しいケースである。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • 大家友和

    大家友和から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    初安打:2010年6月25日、対読売ジャイアンツ8回戦(東京ドーム)、3回表にディッキー・ゴンザレスから中前安打大家友和 フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    2007年、東京ヤクルトでは当初、外国人枠の関係上、ディッキー・ゴンザレスとの併用が予定されていたが、ゴンザレスが開幕直前で手術のため突然帰国し、シーズン絶望となったために、先発ローテに組み込まれることとなった。2007年は開幕から29イニング連続で無四死球を記録した(途切れた試合も1つしか四球を与えていない)。5月31日には自ら勝ち越し適時打を放った。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    12月21日 - ディッキー・ゴンザレス、プロ野球選手1978年 フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見たディッキー・ゴンザレスディッキー・ゴンザレス

    2009年シーズンが開幕すると、育成枠出身の松本哲也や坂本・亀井、原自ら「風神・雷神」と名づけた左右の中継ぎコンビ・山口と越智などの若手が次々に台頭した。また、上原浩治のMLB移籍によって先発投手の戦力低下が危惧されたが、ヤクルトから獲得したディッキー・ゴンザレスやテスト生出身のウィルフィン・オビスポがその穴を埋めたため前年とは対照的に春先から首位を快走した。リードした試合の終盤には主力選手をベンチに下げたり、谷佳知を相手先発投手に応じてスタメン・代打と使い分けたり、捕手の阿部慎之助や外野手の亀井を一塁手としても起用するなど選手層の厚さを活かした柔軟な用兵を見せ好成績を維持した。9月23日にV9( - )以来のリーグ3連覇を果たした。第2次監督時代の長嶋らと対照的にベテランやホームランバッターに依存せず、若手を積極的に起用する原の手腕は多くの解説者に高く評価された。クライマックスシリーズ第2ステージでは3年連続となった中日相手に4勝1敗(レギュラーシーズン1位のアドバンテージ1勝を含む)で勝利。2年連続日本シリーズ出場となった。日本シリーズでは北海道日本ハムファイターズに4勝2敗で勝利。監督として2度目の日本一を達成する。11月12日にはWBC及び日本シリーズの優勝が評価され、2度目の正力松太郎賞を受賞。11月14日にはアジアシリーズの代替大会として行われた日韓クラブチャンピオンシップにも勝利。監督としてWBC、セ・リーグ、日本シリーズ、日韓統一王者の4冠を達成した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示