トニー・バーネット ニュース&Wiki etc.

アンソニー・リー・バーネット(Anthony Lee "Tony" Barnette, 1983年11月9日 - )は、アメリカ合衆国アラスカ州アンカレッジ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「トニー・バーネット」のつながり調べ

  • 李大浩

    李大浩から見たトニー・バーネット

    開幕戦で4番を務め、チーム初打点となる適時打を放つも、開幕15試合目にして初の長打、17試合目にして初本塁打を記録する等、3・4月は月間打率.233と開幕当初は日本の野球への順応に苦労した。しかし、5月に入ると緩やかに調子を上げていき、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦では9回表2死の土壇場でトニー・バーネットから逆転2ランを放ち、その裏に同点に追いつかれるも延長戦の末に勝利したチームの連敗を6で止める契機となる一撃となった。すると、この試合から3試合連続本塁打、5月25日の対広島東洋カープ戦では延長10回裏に岸本秀樹からNPBでは初のサヨナラ打を放つ等、5月は月間打率.322、8本塁打19打点の活躍で月間MVPを受賞した。その後も6月2日の対読売ジャイアンツ戦では1試合4安打、7月も打率.338、7本塁打18打点の活躍で、2度目の月間MVPを受賞した。8月以降は疲労からかやや調子を落としていったが、9月8日の対北海道日本ハムファイターズ戦でも延長10回裏に石井裕也から2度目のサヨナラ打を放つ等、随所で勝負強い打撃を発揮し続けた。最終的には全試合で4番打者として出場し、打率.286、24本塁打91打点の成績で打点王のタイトルを獲得し、最下位に喘いだチームにあって主軸として奮闘する働きを見せた。(李大浩 フレッシュアイペディアより)

  • カーブ (球種)

    カーブ (球種)から見たトニー・バーネット

    スローカーブとは逆にカーブとしては速い球速で、鋭く大きく曲がる物をメジャーリーグ(以下MLB)ではパワーカーブ (power curve) やスパイクカーブ (spike curve) と呼ぶ。日本では高速カーブ、ハードカーブとも呼ばれる。タイミングを外す目的で投げる事が多い通常のカーブとは異なり、打者が頭で予測する以上の変化をすることで空振りを狙う。日本人選手では沢村栄治、外木場義郎、ダルビッシュ有などが有名で、杉浦忠はサイドスローからほぼ真横に大きく曲がるカーブを投げた。MLBではペドロ・マルティネス、A.J.バーネット、デビッド・プライス、トニー・バーネットなどが有名である。(カーブ (球種) フレッシュアイペディアより)

「トニー・バーネット」のニューストピックワード