前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 恋する惑星

    恋する惑星から見た梁朝偉梁朝偉

    第14回香港電影金像奨で最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞(トニー・レオン)を、第31回金馬奨で最優秀主演男優賞(トニー・レオン)をそれぞれ受賞している。恋する惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 2046 (映画)

    2046 (映画)から見た梁朝偉梁朝偉

    劇中の現実世界の主人公をトニー・レオン、劇中劇の主人公を木村拓哉が演じている。この物語の主軸となる2人の男性と1人の女性フェイ・ウォンの周囲をとりまくのが、トニーとの恋に溺れる娼婦チャン・ツィイー、トニーと愛を交わしながらも別れを選ぶ賭博師コン・リー、死んだ婚約者との思い出に生きる踊り子カリーナ・ラウなどである。役名や設定はかなりの割合で『欲望の翼』『花様年華』からそのまま流用されている。2046 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 鹿鼎記 (1984年のテレビドラマ)

    鹿鼎記 (1984年のテレビドラマ)から見た梁朝偉梁朝偉

    20代のトニー・レオンとアンディ・ラウが主演し、今ではトニー・レオンの妻であるカリーナ・ラウも出演している。長くドラマ版『鹿鼎記』の代名詞的存在だった人気作品。鹿鼎記 (1984年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 優雅 (台湾の歌手)

    優雅 (台湾の歌手)から見た梁朝偉梁朝偉

    2002年(平成14年)には、中華電視公司(CTS)のテレビドラマ『絶世双驕』に出演した。2007年(平成19年)には、アン・リー監督、トニー・レオン主演の香港・アメリカ合衆国合作映画『ラスト、コーション』にも出演した。優雅 (台湾の歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 楽園の瑕

    楽園の瑕から見た梁朝偉梁朝偉

    撮影が長引いて公開日に公開する見通しが立たなかったために、プロデューサーのジェフ・ラウが急きょ同じスタッフ・キャストを使ってわずか8日間でパロディ映画『大英雄』を撮りあげ、こちらは大ヒットしたが、本作はレスリー・チャン、レオン・カーフェイ、ブリジット・リン、トニー・レオン、マギー・チャン、ジャッキー・チュン、カリーナ・ラウなど豪華キャストでかためながら、完成までに時間がかかったことやストーリーが難解ということもあり、興業的には失敗に終わった。香港では一般的な武侠映画を期待した観客が、上映中に次々に席を立つという現象が話題となり、その現象をパロディとして取り入れたコメディ映画まで"もう一人の王監督"王晶(バリー・ウォン)の手で作られた。しかし、映像の美しさは目を見張るものがあり、黄褐色の砂漠に吹き抜ける風、紺碧の大空が鮮やかに描かれており、評論家筋には絶賛された。また1994年ヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞(撮影賞)、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬奨撮影賞・編集賞を受賞した。なお、ブリジット・リンにとってはデビュー以来100作目の出演作品となり、今作以降は結婚を機に、しばらく女優業をストップすることになった。楽園の瑕 フレッシュアイペディアより)

  • 欲望の翼

    欲望の翼から見た梁朝偉梁朝偉

    1960年代の香港を舞台に、若者たちの恋愛模様を描いた群像劇。“時”を象徴する時計や、“内面”を映し出す鏡、モノローグを多用するウォン・カーウァイ監督のスタイルはこの作品から生まれた。もともと前後篇二部構成の予定で、ラストに九龍城砦の一室で唐突にトニー・レオンが登場し、当時は続編の可能性が取りざたされたが、アイドル時代のトップスターたち多数が集結して共演しており、再集結は予算的に不可能とされていた。結局、物語を踏襲する続編は製作されず、2000年の『花様年華』と2004年の『2046』に役名や設定が一部受け継がれており、この2作が実質的な続編ともいわれる。レスリー・チャン演じる主人公が口にする、「脚のない鳥は飛び続け、疲れたら風の中で眠り、生涯で1度だけ地上に降りる。それが最後の時」は、テネシー・ウィリアムズ作『地獄のオルフェウス』の一節。欲望の翼 フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・ウォン

    フェリックス・ウォンから見た梁朝偉梁朝偉

    トニー・レオンなどは、彼に影響を受けて芸能界入りしたひとり。フェリックス・ウォン フレッシュアイペディアより)

  • ラスト、コーション

    ラスト、コーションから見た梁朝偉梁朝偉

    アイリーン・チャン原作の小説『惘然記』に収められた短編小説「色・戒」を映画化。第64回ヴェネツィア国際映画祭にて、金獅子賞と金オゼッラ賞(撮影賞)を受賞。第44回金馬奨にて最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞(トニー・レオン)を受賞。ラスト、コーション フレッシュアイペディアより)

  • Youki Yamamoto

    Youki Yamamotoから見た梁朝偉梁朝偉

    2005年公開の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』によりアレンジャー、プログラマーとしての地位を英国内にて確立。その後も『ブーリン家の姉妹』(2008年)、『ブッシュ』(2008年)、『わたしを離さないで』(2010年)などのアレンジを手がけ、ハリウッド映画『The Adventurer: The Curse of the Midas Box』(2014年)の音楽プロデュースやケリー・チャン、トニー・レオン主演の中国映画『盜馬記』(2014年)の作曲を手がけるなど、国際的に活動する。Youki Yamamoto フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス (映画)

    ブエノスアイレス (映画)から見た梁朝偉梁朝偉

    同性愛がテーマである。本作の企画を監督から持ちかけられたトニー・レオンは「同性愛者役はできない」と一旦出演を辞退したが、「亡き父の恋人をアルゼンチンに探しに行く息子の物語」に書き改めた新企画を提示され了承。ところが現地に着いてみるとストーリーは大きく変更されていた。撮影当時、レスリー・チャンはコンサートツアーの予定があり、遅延に遅延を重ねた撮影の途中でやむを得ず香港へ帰国した(このため、しばらくウォン・カーウァイとの関係が悪化したとも伝えられている)。収拾のつかなくなったストーリーを完結させるために、兵役直前で休業に入る予定だったチャン・チェンとシャーリー・クワンが招集され撮影は続行されたが、クワンの出演シーンは完成バージョンには1カットも使用されていない。チャン・チェンはクランクアップ後に入隊。ブエノスアイレス (映画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「トニー・レオン」のニューストピックワード