72件中 11 - 20件表示
  • 古俣健次

    古俣健次から見たドゥンガドゥンガ

    新潟工業高校から大阪商業大学を経て、1987年に日本サッカーリーグ(JSL)のヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)に入団。1987/88年シーズンに新人王を受賞。ジャパンフットボールリーグを経て、ジュビロがJリーグ昇格後の1994年まで主力の一角としてプレーしたが、1995年は首の負傷や、同じポジションのドゥンガ加入などが原因でわずか1試合の出場に留まり、オフに戦力外通告を受けて退団した。古俣健次 フレッシュアイペディアより)

  • 山西尊裕

    山西尊裕から見たドゥンガドゥンガ

    小学校から高校までずっとキャプテン、清水エスパルスでもキャプテンを務めた。清水のキャプテンになった際には「ドゥンガからは怒られ役だった俺がキャプテンとは」と冗談めかしていたが、そのドゥンガは山西の向上心の高さを褒めるコメントを何度も残している。山西尊裕 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のスポーツ

    1963年のスポーツから見たドゥンガドゥンガ

    10月31日 - ドゥンガ(ブラジル、サッカー)1963年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エウトン・ダ・シウヴァ・アルーダ

    エウトン・ダ・シウヴァ・アルーダから見たドゥンガドゥンガ

    2006年にドゥンガ監督率いるブラジル代表に招集される。代表ではジュリオ・セザールが正ゴールキーパーを務めることが多いため、控えゴールキーパーになることが多い。エウトン・ダ・シウヴァ・アルーダ フレッシュアイペディアより)

  • フェルジナンド・ペレイラ・レダ

    フェルジナンド・ペレイラ・レダから見たドゥンガドゥンガ

    2014年より、Jリーグ・ジュビロ磐田へ完全移籍。「私がサッカー選手として模範にしているドゥンガ選手と同じクラブでプレーできることも大変嬉しいです。」とコメントしている。フェルジナンド・ペレイラ・レダ フレッシュアイペディアより)

  • アデマール・ペレイラ・マリーニョ

    アデマール・ペレイラ・マリーニョから見たドゥンガドゥンガ

    一般的なブラジル人同様、ブラジルらしい情熱的でスペクタクルな攻撃サッカーを愛していることで有名。このためブラジル代表監督であったドゥンガが、規律を徹底させて無闇に攻め上がることを禁じ、イレギュラーな(スペクタクルな)要素を排したシステマチックな守備的戦術を取ったことには批判的で、ゲストとして出演した番組でブラジル代表に話が及ぶと「(最終メンバーは)全部ドゥンガって名前でいいです」と答えている。アデマール・ペレイラ・マリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のJリーグ ディビジョン1

    1999年のJリーグ ディビジョン1から見たドゥンガドゥンガ

    前年の年間勝点一位の磐田が、チームの柱であったドゥンガの退団がありながらも好調を維持し、リーグ戦の合間に行われたアジアクラブ選手権制覇の勢いのまま1stステージを制する。しかし2ndステージに入るとMF名波浩の移籍、FW中山雅史の欠場もあって磐田は調子を落とし、替わってスティーブ・ペリマン監督がオズワルド・アルディレス前監督の戦術を引き継ぎながらチームの熟成を進めた清水が2ndステージを制した。1999年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル

    ドリブルから見たドゥンガドゥンガ

    ボールを浮かせてディフェンダーの上を通して自分はボールを持たずにディフェンダーの横を通り過ぎる技。シャポーとは帽子のこと。発音上、「シャペウ」といわれることもある。1958 FIFAワールドカップの決勝戦にて、当時17歳だったペレがこの技で相手ディフェンスをかわしてゴールを奪ったことでペレは世界的に有名になっていった。また、若き日のロナウジーニョが、引退間際のドゥンガをこの技で抜いた事が、ロナウジーニョの出世のきっかけとなった。またロマーリオはシャポーを2回連続して行う離れ業を見せた。ドリブル フレッシュアイペディアより)

  • 軍曹

    軍曹から見たドゥンガドゥンガ

    ドゥンガ - 「鬼軍曹」のあだ名で知られるサッカー選手。軍曹 フレッシュアイペディアより)

  • ACピサ1909

    ACピサ1909から見たドゥンガドゥンガ

    1968-69シーズンに初めてセリエAに昇格したが、1シーズンで降格した。1970年代の多くをセリエCで過ごす。1980年以降にセリエAに4回昇格(1982-83、1985-86、1987-88、1990-91シーズン)するも、いずれも1、2シーズンのみで降格した。ドゥンガやディエゴ・シメオネが初めて欧州で所属したクラブはピサであり、育成型のクラブとして注目を集めた。1990-91シーズン終了後にセリエBに降格すると、その2年後にはセリエCに降格し、経営破綻して倒産した。ACピサ1909 フレッシュアイペディアより)

72件中 11 - 20件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード